Radeon ProRenderテクノロジー

高いフォトリアリズム

オープン標準、クロスプラットフォーム、高い拡張性。

デベロッパー向けの詳細はこちら

 

​Radeon ProRender(旧AMD FireRender)は、高性能な物理ベース・レンダリング・エンジンであり、クリエイティブ・プロフェッショナルが驚くほどフォトリアリスティックな画像を作ることを可能にします。高効率かつ高性能なRadeon Raysテクノロジーに基づいたRadeon ProRenderは、完全かつ拡張性のあるレイトレース・エンジンで、業界のオープン標準を活用してGPUおよびCPU性能を引き出し、迅速かつ目覚ましい成果を実現します。

Radeon ProRenderエンジンは、幅広い独自の物理ベースの素材とカメラシステムを特徴とし、コースティクスなどのグローバル・イルミネーションで、真の設計判断を可能にます。他のレンダラ―とは異なり、Radeon ProRenderは、同一システムの複数のGPUとCPUの演算機能を同時に使用し、調整することができ、最先端のGPU高速化により、性能の劣るハードウェアでも、高速かつ正確な成果を得られます。

Radeon ProRenderは、複数OSとハードウェアとの互換性、レンダリング機能、ハードウェア効率性を兼ね備え、真に迫った画像の出力に要する時間を激減するのに役立ちます。

まもなくオープンソースとして公開される、現在無料で利用かつ配布可能なRadeon ProRenderプラグインは、近日発売のAutodesk® Maya®を通して、Autodesk® 3ds Max®やDassault Systèmes SOLIDWORKS、Rhino® などの多くの人気3Dコンテンツ制作アプリケーションで利用可能です。Radeon ProRenderは、業界標準のOpenCL™に基づいているため、Windows®、OS XおよびLinux®に対応し、AMDのGPUとCPU以外にも他のベンダーのGPUとCPUもサポートします。

 ソリューション

 ギャラリー

​Radeon ProRender Communityが制作した驚きのレンダリングを紹介

 
 
 
 
 
 
 

  

  

  

  

  

  

脚注