AMDコンピューティング・コア

​​コンピューティングの新時代

AMDは、CPUコアとGPUコアを1枚のAPUチップで連動させます。

Compute Cores Diagram
 

コンピューティング・コアとは?

従来、コアはプロセッサーのデータを処理します。連動させるコア数が増えれば、コンピューターがタスクを処理するスピードも向上します。CPUコアは生産性アプリケーションなどの連続タスクを処理することを目的としており、GPUはビデオ編集、ゲーム、Webブラウジングなど、並列・グラフィック負荷の高いタスクに対応するため作られています。

AMDの画期的処理アーキテクチャー、HSA(ヘテロジニアス・システム・アーキテクチャー)は、CPUコアとGPUコアのギャップを埋め、 コンピューティング・コアと呼ばれる新しいイノベーションを提供します。

この画期的なテクノロジーにより、CPUコアとGPUコアが同じ言語を理解し、ワークロードや同じメモリーを共有できるようになります。CPUコアとGPUコアは1つのAPU(アクセラレーテッド・プロセッシング・ユニット)で連動し、スピーディで効率的、かつシームレスな方法でアプリケーションを 高速化しながら、優れたパフォーマンスと豊かなエンターテインメントを提供します。

HSAとコンピューティング・コアのメリットに関する詳細はこちら

 

HSA、hUMA、hQ: メモリーとコンピューティングに変革をもたらす

革命的な新しいアーキテクチャーHSAによって、1つのAPU上で、CPUとGPUによるデータの共有化、同じメモリーへのアクセスが可能になります。このテクノロジーは、ヘテロジニアス・ユニフォーム・メモリー・アクセス、または「hUMA」と呼ばれます。

このアーキテクチャーには、ヘテロジニアス・キュー、または「hQ」と呼ばれる画期的なテクノロジーも搭載されています。hQは、コンピューティング・タスクを処理するAPU搭載プロセッサーの相互インタラクティブ動作を劇的に変えるものです。以前のシステムでは、CPUがマスターであり、GPUはスレーブでしたが、HSAが開発された現在は、両方がタスクを割り当て、実行できるようになりました。平等なパートナーとして、各タスクに応じた最適なコアでワークロードを管理することができます。

 

新しいコアの新しいチーム

従来、プロセッサー(CPU)の能力はプロセッサーのコア数で表されると考えられており、GPUの可能性(潜在能力)が理解される(数値化される)ことはほとんどありませんでした。こうしたCPU中心のアプローチでは、お客様にとってPCの処理能力を比較する基準が明確でした。

しかし、AMD APUのアプローチは少し違います。hUMAとhQテクノロジーを搭載した画期的なHSAを活用することにより、AMD APUはCPUとGPU 両方のコアを効率的に使って作業を処理するだけでなく、最先端のワークロードを高速化することもできます。この新しいアーキテクチャーと処理方法でわかりにくいのは、APUに搭載されているコア数(CPU + GPU)を表わす方法です

この点を明らかにするため、AMDでは「コンピューティング・コア」という用語を定義しました。「コンピューティング・コア」という用語の定義は、一貫した透明性のあるアプローチで次世代のアクセラレーテッド・プロセッサーで作業を処理する、またはアプリケーションを実行する場合の合計コア数を表しています。

コンピューティング・コア: あるコンテクストの仮想メモリー空間で、他のコアから独立して最低1つのプロセスを実行できるコアのことを指します。

上記の定義を基にすると、コンピューティング・コア1個はCPUコアまたはGPUコアの いずれかを指します。

chart

​つまり、​AMD A10-7850K APUなどのAPUで考えると、CPUコア4個とGPUコア8個で、コンピューティング・コアが12個あることになります。

 

コンピューティング・コアの命名体系

2014年始め、APUアーキテクチャーを搭載した AMD 7000シリーズ・ヘテロジニアス・アクセラレーテッド・プロセッサーの第1世代機種の導入に伴い、AMDでは、以下のような方法でコンピューティング・コア数の割り当てを行います。

AMD Radeon™ R7グラフィックス搭載 AMD A10-7850K APU

  • コンピューティング・コア 12個(CPU 4個 + GPU 8個)

​コンピューティング・コアの特性については、 コンピューティング・コア・ホワイトペーパーを参照してください。​

HSAの詳細はこちら
 
 
脚注