Radeon Pro Software

​​高い性能。高い信頼性。認定済み。

一瞬をつかめ。Radeon Pro Software Crimson ReLive Editionをダウンロードし、Radeon Pro プロフェッショナル・グラフィックスで創造力を解き放て。

Radeon Pro Software Crimson ReLive Edition logo

高い性能と信頼性を兼ね備えたプロ仕様のグラフィックス・ソフトウェア

Radeon Pro Software Crimson ReLive Editionは、設計者やコンテンツ制作者、そしてゲームデベロッパーに高性能な生産性と卓越した安定性を提供するAMDの専門家向けグラフィックス・ソフトウェアです。性能と電力節約を一気に加速させます。卓越した一瞬とひらめきを作り、捉えて共有しましょう。徹底して検査された安定性、包括的な認定、そして世界有数のユーザー満足度を実現するために設計されたRadeon Pro Software Crimson ReLive Editioは、グラフィックスの生産性において最高の選択肢となります。

  • ​Radeon™ Pro WX シリーズの性能と効率を向上
  • LiquidVR™サポートでVRワークフローを可能に
  • オープンソース LinuxによるRadeon™ Pro グラフィックス向けのサポート
  • 認定も絶えず拡大

Radeon ProRender​

Radeon ProRender 

クリエイティブ・プロフェッショナルが驚くほどフォトリアリスティックな画像を作ることを可能にする高性能な物理ベース・レンダリング・エンジンです。

詳細はこちら

Radeon Loom

Radeon Loom

Radeon Loom は、360度映像のリアルタイムでのライブ・スティッチングと高速オフライン・スティッチングの両方を可能にして360度映像スティッチング処理に革新をもたらします。

詳細はこちら

 

Radeon Pro ReLive

​​Radeon Pro ReLive banner

ワークフローと開発セッションをとらえて記録

Radeon Pro Settingsにシームレスに使用することができるRadeon Pro ReLiveは開発セッションやコンテンツ制作処理、共同作業、プレゼンテーション、研修、また顧客サポートのワークフローなどの専門家向けアプリケーションの高解像度の画面キャプチャーを記録することができます。

詳細はこちら

​​

 プロフェッショナル VR

ワークフローの再構築。​

 

バーチャルリアリティーは、ご存じの通り世界に変革をもたらしており、デザイナー、アーティスト、クリエイターのプロフェッショナルなワークフローを大きく変化させています。これによって、創造性、コラボレーション、生産性の向上が実現されています。Radeon Proソフトウェアでは、業務用アプリケーションと連携し、VR、バーチャルプロトタイピング、VRコンテンツ作成において、CADおよび3Dモデル視覚化をサポートしています。

AMD LiquidVR™テクノロジーおよびRadeon Pro VR Ready Creator1グラフィックスカードに対応しているため、VRコンテンツを作成して、VRユーザーエクスペリエンスを評価する作業をすべて同一のワークステーションで実行できます。

詳細はこちら

 ゲームエンジン

プロフェッショナル・ワークフローに新たなテクノロジーを採用

DirectX®12やVulkan™などの低レベルAPIが、以下のようなリアルタイムのプロフェッショナル・コンテンツ制作のためにゲームエンジンを活用しています。

リアルタイム CAD 視覚化

ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)

 Linux サポート

​Linux向け Radeon Pro Software ドライバーがそれぞれの利点を結合

Radeon Pro Software Crimson ReLive EditionはLinux®向けAMD GPU-PROハイブリッド・ドライバーをサポートします。

  • オープンソース・コア Linux®ドライバーとLinux®向け専用Radeon Pro ドライバーを結合
  • CentOS、Red Hat LinuxおよびUbuntuをサポート

ダウンロードはこちら

 

 

 エンタープライズ向けサポート

​エンタープライズ向けアップデートへの取り組み

 

AMDのRadeon Pro Softwareドライバーに関して、エンタープライズ向けドライバーを四半期ごとの定期供給(生産用ドライバーはより頻繁に供給)と優先サポート2などに取り組んでいます。

  • Radeon Pro Softwareエンタープライズ向けドライバーは四半期ごとに機能、性能、そして安定性を改善

ダウンロードはこちら

 

 ディスプレイ

専門家向けAMD Eyefinity テクノロジー

AMD FirePro™ プロフェッショナル・グラフィックスはAMD Eyefinityを搭載しています。この他にはないマルチディスプレイ・テクノロジーによって、1枚のグラフィックス・カードで単体のワークステーションからPCから3台、4台、そして最高6台のディスプレイに高画質で出力することが可能です。3

詳細はこちら

 

AMD FirePro™ と Radeon™ Pro 10bitデスクトップ・カラー

AMD FirePro™ および Radeon™ Pro ワークステーション・グラフィックス・カードは、カラーチャンネルあたり10bit(またはピクセルあたり30ビット)映像出力をサポートしています。これらのカードは、かつてない色彩をサポートして10bitデータを変換し、対応するディスプレイへ送信することができ、信じられないほどの明晰さと鮮明さを備えた画像とデータの表現を可能にします。

詳細はこちら

 

AMD ディスプレイ出力ポストプロセッシング(DOPP)

アプリケーションは時折、いくつかの変換をリアルタイムかつ最小限のレイテンシーで適用するためにOSデスクトップ全体を直接GPUメモリーからキャプチャーする必要があります。AMDは、OpenGLの拡張機能であるディスプレイ出力ポスト・プロセッシング(DOPP)を開発し、GPUメモリーにあるデスクトップ・イメージに直接アクセスすることを可能にしました。これによって、簡単かつ効率的にイメージを変換し、交換することが可能になります。

詳細はこちら

 

 テクノロジー

​Radeon Rays

Radeon Rays(旧称AMD FireRays)は高効率かつ高性能のGPUで高速化されるレイトレーシング・ソフトウェアです。

詳細はこちら

 

AMD FirePro™ とRadeon™ Pro DirectGMA

ダイレクト・グラフィックス・メモリー・アクセス(DirectGMA)はGPUのメモリーの一部を開放し、バス上の他のデバイスがアクセスすることを可能にします。

詳細はこちら

 

AMD SKY テクノロジー

AMD SKY テクノロジーは、AMD FirePro™ Sシリーズ・サーバーカードとAMD Radeon™ Skyシリーズ・グラフィックス・カードを有効化するエコシステムを機能させ、業務用および一般消費用ワークフローの両方でVisual Cloudアプリケーションを実行することができます。

詳細はこちら

 仮想化

 

​1つのドライバーですべてに対応:AMD Multiuser GPU(MxGPU)仮想化グラフィックスにより、データセンターから、ほぼすべてのデバイスに至る、ほとんどあらゆる環境において、ローカルデスクトップ並みの性能でワークステーションクラスのグラフィックスを利用できます。物理GPUの性能を仮想環境で実現するため、AMD MxGPU仮想化グラフィックスでは、統合されたRadeon Proソフトウェアエンタープライズドライバーを使用します。これにより、ユーザーは業務用アプリケーションを物理マシンと仮想マシンの両方で容易に実行できます。

VMware vSphere® 6.0以上がサポートされているため、システム管理者は非常に容易にAMD MxGPU仮想化グラフィックスをセットアップできます。新しいVMware向けRadeon Pro SettingsはVMware vCenter®にシームレスに統合されており、これによって、シンプルかつ直観的なインターフェイスを使用して、ホストおよびデータセンターレベルでの物理GPUの管理を容易に実行できるようになります。

詳細を読む

 

脚注