サラウンド・コンピューティング

​スマートで臨場感あふれるマルチプラットフォームのインタラクティブな操作をあらゆる場所で実現

オーディオ、ビデオ、マルチプラットフォーム、没入感あふれるインタラクティブな操作、クラウドからのデータ管理。あらゆる場面で、AMDの革新的なスーパーコンピューティング・テクノロジーは、スマートで直観的なサラウンド・コンピューティングを実現します。

banner image
Img 2

​AMDのイノベーションが道を拓く

インターネットユーザーが30億人を超える現代。2016年にはデータセンターの数が1億に達し、2020年にはネット対応センサーやデバイスの数が300億台になると予測されています。コンピューティングは、私たちの生活に組み込まれ、不可欠な存在になりつつあります。だからこそ、もう一度、AMDが道を切り拓きます。オーディオ、ビデオ、マルチプラットフォーム、没入感あふれるインタラクティブな操作、クラウドからのデータ管理。あらゆる場面で、スーパーコンピューティングにおけるAMDのイノベーションがすべてを可能にします。

Img 3

​ナチュラルなインタラクティブ動作を可能にするスマートなクライアント

クライアントデバイスの仕事は、ユーザーとのインタラクティブなやりとりを可能にすることです。リアルな体験、ジェスチャーや音声操作、顔や瞳による認証、バイオメトリックなレスポンス。キーボードの向う側には、無限の可能性が広がっています。こうした「自然な」UIを実行するには、演算負荷の高いリアルタイムな処理が必要です。AMDのイノベーションは、既成概念の枠を超え、さまざまなソリューションを可能にします。

Img 4

ビッグデータ革命を起こすスマートなクラウド、スマートなサーバー

爆発的な勢いで増え続ける未加工データに対応するには、最適化されたサーバーとデータセンター・アーキテクチャーが重要です。増加の一途をたどるクラウドからの要求、グラフィックス負荷の高い処理、並列処理によるワークロード。処理要求は留まるところを知りません。数百万のインターネットデバイスのサポート、NUI、グラフィックス、解析などアプリのバックエンドを高速化する必要性、セキュリティやプライバシーなど、リアルタイムで処理する要件ばかりです。AMDはこうした課題に対応するだけでなく、エネルギー効率や容量のニーズに関する現実的な問題にも対応します。HSA(ヘテロジーニアス・システム・アーキテクチャー)がすべてを可能にします。

Img 4

​サラウンド・コンピューティングのビルディングブロック

強力なグラフィックス処理能力と革新的なソフトウェアと並んで、AMDのAPU、CPU、グラフィックスコア、固定関数コア、DSPは、サラウンド・コンピューティング時代に欠かせない重要なツールです。 AMDが目指すのは、x86とARMに両対応するソリューションを提供することです。確立されたものだけでなく、今後発展する兆しのあるワークロードのいずれにも、高いパフォーマンスと電力効率を実現することが目的です。AMDは、リーズナブルなコストと低電力消費でスーパーコンピューティング・ソリューションを提供。サラウンド・コンピューティングの革命を起こします。

アクセラレーテッド・プロセッシング・ユニット(APU)

マルチコア・プロセッサーのパフォーマンスとAMD Radeon™グラフィックス・テクノロジーのパワーを1枚のチップに統合。まったく新しい没入感あふれる体験とインタラクティブな操作を可能にする

ヘテロジニアス・システム・アーキテクチャー(HSA)

HSAにより、これまで眠っていたGPUの可能性を引き出し、高いレベルのパフォーマンスとワットあたりのパフォーマンスを提供

SurRound House 2: Monsters in the Orchestra

1枚のAMDチップに搭載された360°全方位のジェスチャーコントロールにより、臨場感あふれる3Dの音楽体験を提供

脚注