FRTC(フレームレート・ターゲット・コントロール)

AMD Radeon™ Fury X graphics card

フレームレートを制限することで電力を節約できるだけでなく、熱やノイズも抑えられ、GPUをクールで静かに保てます。

 

消費電力や効率に続いて、当社が AMD Radeon™ Fury X グラフィックカードに導入した新しい機能がフレームレート・ターゲット・コントロール (FRTC) です。この機能では、アプリケーションを全画面モードでプレイする際に、ユーザーが最大フレームレートを制限することができます。FRTC が GPU n電力消費を低減できるメリット (ディスプレイのリフレッシュレートより高いフレームレートで動作するゲームのプレイで大きな効果があります) があり、結果として、グラフィックカードでの熱の発生やファンの速度/ノイズも抑えることができます。

フレームレート・ターゲット・コントロールは、ゲームのシーンでの 3D レンダリングのパフォーマンスだけでなく、起動画面、ロード中画面やメニューでも効果があり、フレームレートが不要に数百 fps になることを防ぎます。

ユーザーは、メニューなどで見られる浪費的な fps を制限するために非常に高いキャップを設定したり、60 を越える fps によって与えられる応答性というメリットも得られます。

比較的「簡単」なコンテンツをパワフルなハードウェア (たとえばより高いエンドグラフィックボードに接続したモニター) でレンダリングする場合や、以前のタイトルや比較的軽いグラフィックス負荷のゲームをプレイするときなど、FRTC は特に役に立ちます。

 

注意:フレームレート・ターゲットの変更は、必ずゲームの「外側」で行う必要があります。たとえば、ゲームを完全に完了させて、変更を行ってから、再度ゲームを起動します。

フレームレート・ターゲット・コントロールの現在の実装は、DirectX® 9、DirectX® 10 および DirectX® 11 のタイトルで動作し、30~200​ fps のレンジをターゲットとします。

以下の製品で利用可能: AMD Radeon™ R9 Fury X GPU、AMD Radeon™ R9 300 シリーズ、AMD Radeon™ R7 300 シリーズ、AMD Radeon™ R7 260 およびそれ以上の GPU

主なベンチマークシステム: AMD グラフィックドライバー 15.20-150621a-185621E-ATI、Windows® 10 64 ビット v10130、Intel Core i7 5960X (3.0GHz), GIGABYTE X99-UD4、Corsair Vengeance LPX (4x4GB) DDR4-2666、2TB Seagate Barracuda 7200 RPM、 Samsung U28D590D 3840x2160 ディスプレイ

脚注