AMD LiquidVR™テクノロジーが実現するバーチャル・リアリティー

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​現実を 再構築

バーチャル・リアリティーとは、誰もが知っているように世界を作り変えることです。まるで現実のようなバーチャルの世界を歩いているところを想像してみてください。お気に入りのゲーム、再現された歴史上の一場面、あるいは遠く離れた観光地など、実際にそこにいるような気分になるのです。   

AMDが手がけるバーチャル・リアリティー(VR)テクノロジー、LiquidVR™は、素晴らしいコンテンツ、高い快適性、新世代のVR体験とのスムーズな互換性を実現する高度な新機能により、新たな境地を開きます。シミュレーション、ゲーム、エンターテインメント、教育、ソーシャルメディア、旅行、医療、不動産、eコマースをはじめとするさまざまな分野で、まったく新しい「プレゼンス」を実現します。   

デベロッパー向け:詳細はこちら

AMD LiquidVR™

AMD VRテクノロジー・パートナー

AMD対応VRテクノロジー、ヘッドセット、エクスペリエンス:​​​

 バージョン情報

直観的、臨場感、インタラクティブ性

AMDの革新的なLiquidVR™テクノロジーは、VRコンテンツ作成を合理化・最適化し、互換性のあるRadeonグラフィックス・カードにより、ヘッドセットとシームレスに対応するよう作られた独自のAMD機能を有効化することで、美しく豊かな映像美を実現し、迫力あるVR体験を提供します。​LiquidVR™は、「プレゼンス」の感覚を作り出すことによって、真に臨場感のあるVR体験を実現します。プレゼンスとは、バーチャルの世界があまりにリアルで、実際に自分がそこに存在しているかのように感じられる、臨場感の高い状態を指します。   

規則1:プレゼンスを損なわないこと

AMD独自のツールにより、VRエコシステムのパートナーは、快適なVR体験に不可欠な低レーテンシーのレンダリングを有効にすることができます。VRを使用する際、頭の動きと視界のシーンが一致しないと、モーション酔いになり、吐き気を催すことがあります。「動作から表示までのレイテンシー」として知られる不快感の原因を最小限に抑えることがプレゼンスへの第一歩であり、AMDはハードウェアの使用中にこの問題が発生しないように取り組んでいます。   

卓越した体験を実現

AMDは、VRコンテンツ制作者に強力な機能を提供し、AMD GPUとCPUで最高のVR体験のための驚くほど忠実に表現されるビジュアルを備えた素晴らしいコンテンツを実現します。LiquidVR™を使用することにより、AMDテクノロジーのユーザーは、リアルタイムでステレオ、高解像度、高リフレッシュレートのフォトリアリスティックな画像を表現する、VR対応のシングルまたはマルチGPUおよびCPUシステムを、すでに市販されているコンポーネントを使用して構築することができます。   

簡単に手に入る臨場感

デバイスに関しては、当然、1つのサイズですべてに適応できるとは考えていません。今後さまざまな種類のVR機器が市場に導入されると予測できますが、LiquidVR™でAMDが目指すのは、可能な限りシンプルで直観的、つまり簡単なエンドツーエンドのインストール体験を実現することです。   

LiquidVRに関する詳細な技術情報は、 http://gpuopen.com/gaming-product/liquidvr/​​をご参照ください。

 VR体験

​​
​​

Immersed 2016 InnerSpaceの部門(スペースチャンネル、MTV カナダ)

Immersed 2016 アドバンスト・マイクロ・デバイセズによるオープニング演説​

 Serious Sam VR

AbbotのBookゲームPOVサンプル(Viveより)​

 

​​

アルツハイマー病:脳を科学する​​

​​​

医療の現場で活用されるバーチャル・リアリティー​

 

AMDおよびVR:ゲームの楽しみ方を一新​

  

​AMD の Roy TaylorVRLA Winter ExpoでVRの可能性について講演する様子はこちらでご覧ください。

 
​バーチャル・リアリティー映画「Baahubali」の制作に AMDがパートナーとして参加しました。その様子をご覧ください。

AMDのRon TaylorがVR開発における重要な戦略について説明します。 

GEがVRによって頭の中で繰り広げられる感動の旅へと誘う 

詳細はこちら 

Crytekの優れたVR技術が素晴らしいインタラクティブな世界に命を吹き込む 

詳細はこちら​ 

  

Wright Brothers   

スミソニアン航空宇宙博物館で体験できる飛行機の歴史を再現する精細なVRでライト兄弟と一緒に空を飛ぶ 

詳細はこちら 

GDC 2015において、AMDのチーフ・ゲーミング・サイエンティストのRichard HuddyがOculusのAaron Daviesと対談し、最新のCrescent Bay VRヘッドセットについて語ります。 

 製品

LiquidVR™体験を最大限に拡張するAMD製品:   

グラフィックス製品

下記のRadeon™グラフィックス・カードは、さまざまなメーカーのヘッドマウント・ディスプレイ(HMD)*で「プラグ・アンド・プレイ」するように作られています。

Oculus Rift


HTC Vive

​ ​

* VRヘッドセットは、現在様々なVR HMDメーカーから発売されています。ユーザーはAMDのGPUテクノロジーおよび LiquidVR™テクノロジーと互換性のある VRヘッドセットを購入する必要があります。 価格および販売状況についてはVR HMDメーカーに直接お問い合わせください。

AMDのVR対応プロセッサー

最高のクロックと最大8コアを備えるAMD FXプロセッサーは、高性能グラフィックス・カードと組み合わせることで、臨場感の高い魅力的なバーチャル・リアリティー・コンテンツに必要なマルチスレッド性能を提供できます。

 リソース

 ニュースおよびレビュー

VR分野におけるAMDの革新技術:

 ソーシャル

​Keep up with the latest and greatest on Twitter here:

Facebookでニュースをフォロー​​   

 FAQ(よくある質問)

​バーチャル・リアリティーとは?

バーチャル・リアリティー、または「VR」は、すべてが現実のように思える没入感の高いインタラクティブかつ直観的なユーザー体験を提供するためのコンピューター生成された環境を指します。 VRは、優れたコンピューターハードウェア、ソフトウェア、ビジュアルテクノロジーを駆使しながら、ソフトウェアで作られた世界の中でユーザーの物理的プレゼンスを刺激することにより、リアルな感覚を作り出します。   

現在、VRは強力な演算・グラフィックス機能、高度なVRソフトウェア、ユーザーの動きを追跡するカメラ/デバイス、特殊なゴーグルタイプのヘッドセットまたはヘッドマウント・ディスプレイ・ユニット(HMD)が必要です。VRヘッドセットは、特別な3Dグラスで3D動画を視聴すると奥行き感が生まれるのと同じように、3D効果を作り、奥行きの錯覚を拡張するものですが、テクノロジーは大きく異なります。   

AMD LiquidVR™テクノロジーの概要

LiquidVR™は、バーチャル・リアリティー(VR)において、いわゆる「プレゼンス」を構築・維持することで、より快適でリアルなVRの実現に向けたAMDのイニシアチブの一つです。プレゼンスとは、バーチャルな世界においてシチュエーション、オブジェクト、キャラクターがあたかも実際に存在しているかのように感じられる、臨場感の高い状態を指します。主要なテクノロジーとエコシステム・パートナーとの密接な提携関係によって実現したAMDの革新的なLiquidVR™テクノロジーは、VRコンテンツの制作を簡略化・最適化し、ヘッドセットとシームレスに相互作用するための数多くのAMD独自のハードウェア機能を実行することにより、美しく多彩で臨場感のあるVR体験を実現します。   

AMDでは、VRの未来には無限の可能性があると考え、AMD製品を使用するユーザーやAMD製品で実行するVRコンテンツを制作するデベロッパーが最高のVR体験を楽しむと同時に実現できるように取り組みを続けています。AMDの現在のVRテクノロジー・イニシアチブは、快適なVR体験を実現するため、 「コンテンツ、快適性、互換性」という3つの要素を重視しています。   

AMD LiquidVR™テクノロジーの基本機能とメリット

今後さまざまな種類のVR機器が市場に登場することは予測できます。こうした機器の多くは全く新しいカテゴリーとなり、発売当初は、コンテンツやオペレーティング・システムのエコシステムのネイティブ・サポートを受けられないことが想定されます。LiquidVRTMは、特にディスプレイやGPUサブシステムの分野において、可能な限り直観的なエンドツーエンドのインストール体験を実現します。   

VRのコンテンツ制作者によって、さまざまな種類のビジュアル体験が開発されており、2Dアプリケーションでは主流だった「汎用性」のモデルとは異なるハードウェアとソフトウェア戦略が必要になります。LiquidVR™を導入したAMDテクノロジーのユーザーなら、すでに市販されているソリューションでマルチコアGPUかつマルチCPUのシステムを構築することができます。   

AMD LiquidVR™テクノロジーを使用する要件は何ですか?

AMD LiquidVR™テクノロジーのメリットを活用するには、 LiquidVR™対応のAMD Radeon™グラフィックス製品搭載のPC、AMD GPUテクノロジーおよびAMD LiquidVR™テクノロジーと互換性のあるHMD、互換性のあるAMD Catalyst™グラフィックス・ドライバーが必要です。   

AMD LiquidVR™テクノロジーと互換性があるのは、どのAMD Radeon™ GPUですか?

グラフィックス・コア・ネクスト(GCN)アーキテクチャーを搭載したRadeon™ GPUはすべて、現在のAMD LiquidVR™機能をサポートします。ただし、最高のVR体験に必要な最小性能要件は、HMD/コンテンツプラットフォームによって異なります。   

Oculus Riftと組み合わせて使用する場合、以下のAMD Radeon™グラフィックス製品をお勧めします。   

  • AMD Radeon™ R9 Furyシリーズ
  • AMD Radeon™ R9 Nano GPU
  • AMD Radeon™ R9 390シリーズ
  • AMD Radeon™ R9 295X2 GPU
  • AMD Radeon™ R9 290シリーズ

詳細はこちら

HTC Viveコンシューマー版を使用する場合、以下のAMD Radeon™ R9グラフィックスを併せて使用することをお勧めします。   

  • AMD Radeon™ R9 Fury Series
  • AMD Radeon™ R9 Nano GPU​
  • AMD Radeon™ R9 390 Series
  • AMD Radeon™ R9 295X2 GPU
  • AMD Radeon™ R9 290 Series

詳細はこちら

新しいVRヘッドセットについては、発売時に製品要件を評価します。   

AMD LiquidVR™テクノロジーを使用するシステムを購入する理由は何ですか?

現在、VRには強力な演算・グラフィックス機能、高度なVRソフトウェア、ユーザーの動きを追跡するカメラ/デバイス、特殊なゴーグルタイプのヘッドセットまたはヘッドマウント・ディスプレイ・ユニットが必要です。AMDのLiquidVR™テクノロジーを使用するシステムは、ヘッドセットとシームレスに動作するためのAMD独自のハードウェア機能を相互作用することで、なめらかで臨場感あるVR体験を実現します。   

AMD LiquidVR™テクノロジーをサポートするのはどのようなシステムですか?

互換性のあるRadeon™ GPUを搭載したPCなら、どれでもAMD LiquidVR™テクノロジーに対応しますが、一部のVRアプリケーションは最小性能要件が設定されている場合があります。AMDは、最適なVR体験を実現するために特別に構成されたシステムの完成を目指して、システムビルダーやVRヘッドセットベンダーと密接な連携を続けています。最新の情報については、amd.com/VRをご参照ください。   

AMD LiquidVR™テクノロジーをサポートするのはどのヘッドマウント・ディスプレイ(HMD)ですか?

AMDは、主要なHMDベンダーと連携しており、発売時にはできる限り幅広くのVR製品をサポートする予定です。Oculus RiftとHTC Viveは、どちらもLiquidVRテクノロジーをサポートします。   

AMD LiquidVR™テクノロジーと互換性のあるヘッドマウント・ディスプレイ(HMD)はいつ購入できますか?

VRヘッドセットは、今年初めに発売されると予想されています。​VR ヘッドセットが市販された際には、AMDのGPUテクノロジーおよび AMD LiquidVR™テクノロジーと互換性のある VR ヘッドセットを購入する必要があります。価格や販売状況については、VR HMDメーカーに直接お問い合わせください。   

どのバージョンの AMD Radeon™ ソフトウェアが AMD LiquidVR™テクノロジーをサポートしていますか?

最新の AMD Radeon™ ソフトウェアは、 Microsoft Windows® ベースのシステム搭載の互換性のある AMD Radeon™ グラフックス製品向けに、AMD LiquidVRのサポートを提供しています。ダウンロードは こちら。   

AMD LiquidVR™テクノロジーをサポートするVRコンテンツはどれですか?

AMDでは、LiquidVR™機能を最大限に活かすため、大手VRゲームおよびゲームエンジン・デベロッパーと幅広く連携しています。ただ、テクノロジーのメリットはゲームに限定したものではなく、映画、教育、シミュレーション、テレプレゼンスなど、幅広いVRアプリケーションにも適用されます。   

  

脚注