Radeon​​ VR Ready Creator

 

​​

 

VRコンテンツ・クリエーターのための設計

VR Ready Creator

Radeon VR Ready Creator製品は、常識を覆す性能と業界有数の革新技術を実現し、VRコンテンツ製作者や体験設計者の力強い支えとなります。

Radeon VR Ready Creator グラフィックス・カードは、Oculus Rift または HTC Vive の推奨するグラフィックス・カードの仕様要件を満たし、またそれを上回る一部のRadeon Pro および AMD FirePro™ GPU製品を備え、VR専門家向けの世界で最も刺激的なコンテンツ制作プラットフォームです。​

Radeon VR Ready Creator を体験するためには、以下のハードウェアおよびソフトウェアが必要です。

VR Creator

**CPU:Intel i5-4590同等以上;Viveのみ対応AMD FX 8350同等

システムメモリー:8GB以上のRAM
映像出力:HDMI 1.3(Rift)、HDMI 1.4 または DisplayPort 1.2(Vive)
USBポート:USB 3.0 x3 およびUSB 2.0 x1(Rift)、USB 2.0 x1(Vive)
オペレーション・システム: Windows 7 SP1 64bit以降

VRテクノロジー、HMD、その他VRハードウェアおよびソフトウェアの進化および/または新製品の発売のたびに、これらの基準は予告なしに変わることがあります。

​​

Radeon VR Ready Creator製品​

RADEON VR READY CREATOR製品の購入はこちら​​

 

Radeon VR Ready Creator Graphics搭載システム

AMDと連携して今日のVRコンテンツの制作者や設計者のためのツールを提供

VR Ready Creator 

参考のため記載しています。VRサポートには、デュアルAMD FirePro™ W9100グラフィクス・カードは必要ではありません。

専門家向けDELL VRソリューションについてはこちら​​​

 

脚注