Vermintide

​​​​​​​

 概要

Vermintideは、あの「Warhammer Fantasy」の世界での「The End Times」を舞台に繰り広げる一人称視点のCo-opシューター/近接格闘アクションゲームです。

Vermintideは、スケイブンがはびこる都市Ubersreikを舞台に物語が展開します。プレーヤーは、プレイスタイル、能力、装備、性格の異なる5人のヒーローから1人選びます。各自協力しながら、それぞれの特性を活かし、絶え間ないスケイブンと呼ばれるネズミ型種族の軍団の絶望的な侵攻から生き残りをかけて戦います。マグナスタワーの頂上から地下帝国の深部まで、さまざまな場所で戦闘が繰り広げられます。

主な特長:

  • 最大4人のプレーヤーによる生き残りをかけた協力プレイ:仲間と結束しなければ、孤立して死を迎えることになります。Vermintideでは、常にチームワークやプレーヤーと仲間のスキルが試されます。ドロップイン/ドロップアウト型のマルチプレイヤーやAI Botが加わることで、参加可能なプレーヤーの人数に関わらず、常にフルメンバーで戦えるようになっています。
  • 5人の個性豊かなヒーロー:それぞれ性格、目的、背景の異なる5人のキャラクターから好きな1人を選びます。グループが生き残るには、力を合わせて戦うことの意味を知ることが重要です。
  • ヒーローの幅広い装備:ヒーローはそれぞれ独自の武器があり、プレーヤーは好みのゲームプレイに合わせて戦闘スタイルを変えることができます。剣、短剣、斧、ハンマー、弓、銃、魔法の杖など、ありとあらゆる種類の武器が揃っています。
  • 壮大な冒険の旅の始まり:地上、建物、壁、地下など13の広い階層に分かれ、巨大なマグナスタワーから危険な地下帝国までさまざまな場所を舞台にした、忘れられない壮大なVermintideの旅が始まります。
  • スケイブンの大軍を撃破:プレーヤーを待ち受けるのは、悪意むき出しの狡猾なネズミ型種族の大軍です。行く手を阻むすべての障害を叩き壊し、爪で引っ掻き、切り裂く恐ろしい敵です。凶悪なネズミ型種族と恐怖の殺人集団に立ち向かいましょう。
  • 光るダイスの目で戦利品を勝ち取る:チームワークを何よりも讃え、ミッションが完了したプレーヤーはダイスを振ることができ、出た目の数によって武器、帽子、装飾品を報酬として勝ち取ることができます。サイドミッションが完了すると、より良いダイスを振ることができます。
  • 予測不能な敵との戦い:Vermintideは、ダイナミックなスポーンシステムを採用し、あらゆる場所に敵がひそみ、休む間を与えないのが特長です。
  • 臨場感あふれる物語:Games Workshopの熟練のクリエーターが結束し、「The End Times」の激動の出来事の新たな一面を描く素晴らしい物語を、Warhammerの世界に新しく書き加えています。
  • 安全な場所への道を探す:素早いスケイブンは、高い壁をよじのぼり、長い距離を跳ぶことができ、ヒーローたちを絶望の淵に突き落とします。どこに逃げようと、プレーヤーに襲い掛かろうと待ち構えています。

人類が築いた時代は終わりを告げようとしており、混沌の時代が目前に迫っている。暗黒の神々は世界をかつてない狂気に包み込むために遂に手を組んだ。シグマーの帝国では、カール・フランツが北方の略奪者たちの侵攻に睨みを利かせているが、驚異はそれだけではない。混沌の月「Morrslieb 」が満ちるにつれ、帝国の地下深くに広がるトンネルには甲高い鳴き声が響き渡り、スケイブンの大軍が地上に進軍する。まずUbersreikの街に現れたスケイブンは、甲高い鳴き声を上げながら、目の前のありとあらゆるものを破壊しつくす。すぐにUbersreikは墓場と化し、「角ありし鼠」の邪悪な影に覆われてしまう。

しかし、暗黒の時代においても、未来を明るく照らす英雄が必ず現れる。Ubersreikの街が恐怖に震える中、気まぐれな運命に導かれた5人のヒーローがネズミ型種族に戦いを挑む。彼らは生き残ることができるのか、そして侵略者たちを阻止するため、力を合わせて戦い抜くことができるかはまだ明らかではない。しかし、紛れもない真実が一つある。5人のヒーローが倒れるとき、それはUbersreikが終わるときだということだ。​

  • Fatshark logo
​​​​​

 画像

 

 ビデオが

 ソーシャル



  

AMD Radeon™ R9 285 Graphics 

ゲームを終わらせるな!

Radeon™ R9 380Xグラフィックスの力で先手必勝だ。

詳細を読む
​​
amd fx  

アンロック不可? 本格的なFXパワーを発揮!

最大8コアのパワーを解放し、驚異的なオーバークロックスピードを実現

詳細はこちら
脚注