AMD、現行組織を改組し、日本と韓国を統合した組織を新設:日本と韓国を重点テクノロジー市場として戦略的に注力

—Nick Lazaridis(ニック・ラザリディス)が日本AMDの社長に就任し、併せて新メガリージョンを統括—
2010/11/11

AMD (NYSE: AMD) は日本および韓国を統合する新メガリージョンを開設し、両国を重点市場として注力するとともに独立した戦略拠点として強化することを本日付けで発表します。今回の改組に伴い、 米国本社Advanced Micro Devices, Inc.上席副社長 兼 ジェネラルマネージャーであるNick Lazaridis(ニック・ラザリディス)が、この新しい日本・韓国リージョン組織を統括すると共に、日本AMD株式会社(以下、日本AMD)の代表取締役社長に本日付けで就任しました。これに伴い、前任の宮本啓志は日本AMDを退職します。また、ニック・ラザリディスは米AMD本社のチーフセールスオフィサー(上級副社長 兼 営業統括責任者)のEmilio Ghilardi(エミリオ・ジラルディ)の直属となり、直接報告することになります。

米AMD本社のチーフセールスオフィサー(上級副社長 兼 営業統括責任者)のエミリオ・ジラルディは、今回の改組について次のように述べています。
「ニック・ラザリディスはアジア地域の市場において要職を歴任しており、豊富な実務実績を持っています。顧客との関係の強化および売上の増加のために組織をどのように推進するかを熟知しており、一貫性をもってビジネスを実践してきています。この新しい組織とラザリディスのリーダーシップによって、AMDは世界の重点テクノロジー市場の2つである日本と韓国において、新たな機会創出と成長を促進することができると確信しています。」

積極的な成長戦略のもとに、 AMDはアジア地域の3つのメガリージョンを開設し、各リージョンでの強力なリーダーシップとリソースの集中を図っていきます。新組織の日本・韓国リージョンのほかに、「Greater China」リージョンと「Asia Pacific」リージョンが組織されています。「Greater China」リージョンには、中国、香港、台湾が所属し、中国AMDの上席副社長兼社長のKaren Guo (カレン・グォ)が統括します。「Asia Pacific」リージョンは、アジア諸国、オーストラリアとニュージーランド(ANZ)およびインドが所属し、上席副社長のBen Williams(ベン・ウィリアムズ)が統括します。

ラザリディスは2009年10月に AMDに入社。約20年に渡り営業・マーケティング、及び戦略・アライアンスに至る要職を経験しています。その多くの経験は、アジア太平洋地区でのAcer、 Dell および Lenovoなどのグローバルな多国籍コンピューターメーカーでの実務を通して得られたものです。

AMDについて
AMD(NYSE:AMD)は、お客様やパートナー企業と緊密に協力することに注力し、職場で、家庭で、そして遊びの場において、次世代コンピューティングおよびグラフィックス・ソリューションを牽引する革新的技術を提供する企業です。日本AMD株式会社は、AMDの日本法人です。詳細については、http://www.amd.com (英語)または http://www.amd.co.jp (日本語)をご覧ください。

脚注