AMD、新デスクトップ・プラットフォーム・テクノロジー「Dragon」を発表、<br> 卓越した性能を900ドル以下で提供開始

— HP、Dell、AlienwareなどのOEM各社が
「Dragonプラットフォーム」テクノロジー搭載デスクトップPCを出荷予定
倍以上の価格帯の超ハイエンドPCプラットフォームに匹敵するHDゲーム、ビデオ処理性能を実現※1 —
2009/01/08
このプレスリリースは、ラスベガス1月8日発英文リリースの抄訳です。

日本AMD株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長: 吉沢 俊介、米国本社:米カリフォルニア州サニーベール、会長兼CEO:ダーク・マイヤー、以下AMD)は本日、900ドル以下で※2 最高のPC性能をユーザーに提供できる、新しい「AMD Phenom™ II X4プロセッサ」を搭載するデスクトップPC向け「Dragon」プラットフォームを発表しました。PCパワーユーザーやハイエンド・ゲーム・ユーザーをはじめとする最も要求水準の高いPCユーザーは現在、HDエンターテインメントや、ディスプレイが対応可能な最大限の高度なグラフィックを多用したゲームをプレイでき、また、手軽にモバイル機器と接続しビデオ・エンターテインメントコンテンツをやり取りできるようなこれらのPCが手の届く価格で提供されることを求めています。「Dragonプラットフォーム」テクノロジーは、AMD最速のCPUである「AMD Phenom II X4プロセッサ」に数々の賞を受賞した「ATI Radeon™ HD 4800 シリーズ・グラフィック」と「AMD 7シリーズ・チップセット」とを組み合わせ、あらゆるユーザーニーズに対応可能な処理能力を発揮します。またこの「Dragon」プラットフォーム搭載システムは、同等の性能を持つ競合他社システムを最大で1,200ドルも下回るという、驚くべき価格性能比を実現しています。※1

世界有数のPCメーカーであるHP、Dell、およびAlienwareは2009年第1四半期中に「Dragonプラットフォーム」テクノロジー搭載のデスクトップPCシステムの提供を予定しており、またDellはDell XPSデスクトップPCのラインアップでこのテクノロジーの提供をすでに開始しています。Dell社のArthur Lewis氏(Gaming Group、General Manager)は、次のように述べています。「AMDの『Dragonプラットフォーム・テクノロジー』を搭載したXPS 625デスクトップPCは、強化されたゲームの速度を大きく高め、また遅延や停止、タイムラグのないマルチタスキングやHDビデオ機能のための柔軟性を実現できる新しい『AMD Phenom IIプロセッサ』を採用しています。XPS 625は誰もが購入可能な価格において、信じられないようなユーザー・エクスペリエンスをゲームファンに提供します」

「Dragon」の抜群の価格性能比とシステムとしてのゆとりが絶賛される
「Dragonプラットフォーム」テクノロジーと「AMD Phenom II X4プロセッサ」に対して、PCハードウェア・レビュー・コミュニティからは次のように非常に好意的かつ熱烈な評価が寄せられています。
‐ 「エネルギー効率に関する大きな進歩と手の届く価格性能比により、『AMD Phenom II X4』は稀にしか与えられない「Recommended Buy」に選ばれた」 ‐ Tom's Hardware※3
‐ 「『Phenom II』により、AMDは価格と性能を高い水準で両立させなければならないパワーユーザーPC市場を席巻する製品を伴い復帰した」 ‐ The Tech Report、Scott Wasson※4
‐ 「新しい『Phenom II X4 920』と『同940』はAMDがこれまでに発表した製品の中で最も強力なプロセッサだ。これら2つの『Phenom II X4プロセッサ』は氷山の一角に過ぎないのではないかと考えている」 ‐ HotHardware.com、Marco Chiappetta※5

大きなゆとり
「Dragonプラットフォーム」テクノロジーの中枢には、大きな負荷がかかるアプリケーションにおいてマルチタスキングを実行するにあたり、最も必要性の高い個所に処理能力を自動的に調整提供するための知的なマルチコア・テクノロジーを採用した「AMD Phenom II X4プロセッサ」があります。オーバークロックの際にも大きなゆとりをもつ※6最大3.0 GHzに達するクロック周波数の「AMD Phenom II プロセッサ」は、速度を落とすことなくユーザーが使いなれた生産性アプリケーション、HDゲームやマルチメディア・アプリケーションを自由に実行できる処理能力を提供します。

AMDのLeslie Sobon(レスリー・ソボン、プロダクトマーケティング担当副社長)は、次のように述べています。「ゲームやビデオ編集、およびその他のメディアを多用する作業に求められる性能と最大限のゆとりを手の届く価格で提供する『Dragonプラットフォーム・テクノロジー』によって、AMDはデスクトップPCの世界を変えようとしています。『Fusionプラットフォーム』に沿った方法に基づき、AMDは今後進化し続ける業界からのニーズに応え、CPU、GPU、およびチップセットを総合的に提供することによってより強力な性能を発揮する各製品を提供することができます」

HD以上を見据えた製品
「ATI Radeon HD 4800シリーズ・グラフィックス」と「AMD 7シリーズ・チップセット」により「Dragonプラットフォーム」テクノロジー は優れたビジュアル・エクスペリエンスを実現し、ユーザーがスムーズなビデオ再生、鮮やかな画像や、惹き込まれるようなゲーム体験を楽しめるようになっています。このプラットフォームは統合型グラフィックス・プロセッサとしての性能を高めるため高速なDirectX® 10グラフィックス機能を実装し、また「ATI Radeon HD 4800シリーズ・グラフィックス」ではユーザーが使用するディスプレイの解像度がHDに対応してさえいれば、HDを超えたディスプレイ解像度による最大限の設定でも究極のゲーム・エクスペリエンスを体験できます。

Microsoft社のWalt McGraw氏(Windows Gaming、Director)は、次のように述べています。「AMDはユーザーが新たなエクスペリエンスを楽しみ、DirectXが提供するゲーム機能を最大限に活用することを可能にする形ですばらしいハードウェアにおける技術革新を市場にもたらすことで知られています。新しい『Dragonプラットフォーム・テクノロジー』は、今日のPCユーザーが求める堅牢性と拡張性を備えた、AMDが提供するプラットフォーム・テクノロジーの優れた事例です」

エネルギー効率
「Dragonプラットフォーム」テクノロジーでは、必要性のある個所に処理能力を提供するよう調整し、不要な個所では電力を節約するようなPC設計や開発が可能になります。「AMD Phenom II プロセッサ」には性能への影響を最小限に抑えながら電力管理に劇的な改善をもたらす「AMD Cool'n'Quiet™ 3.0」が採用されています。※7この機能による効率的なマルチコア設計によって、HD画質での処理時においてもプロセッサ温度の低さとファン音の静かさを実現しています。

無料ソフトウェアを大公開
AMDはプロセッサ性能を一つ上の水準まで高められるとのできるソフトウェアを無償公開しています。ダウンロードは。http://game.amd.com/us-en/drivers_catalyst.aspx から可能です。

  • AMD Fusion for Gaming※8 -- システム性能をゲーム自体に集中させるため、リソースを消費するバックグラウンド作業をワンクリックで自動的に停止することのできる使いやすいプログラムです。
  • AMD OverDrive™※9 -- パワーユーザーがシステム性能をさらに高めるために必要な優れた機能を備えた高度なカスタマイズ性を有するユーティリティで、ワンクリックでオンオフを切り換えることのできる先進的なオーバークロックにおけるコントロールを実現します。
  • ATI Streamテクノロジー対応のATI Catalyst™-- バージョン8.12以降ではCPUとGPUの処理能力を自動的に融合し、ArcSoft TotalMedia™ TheaterやCyberLink PowerDirector 7などの、現在ユーザーの利用が増加している、CPUのみで処理する場合よりも劇的に高速な動作を可能にするアプリケーションに対応しています。
  • ATI Video Converter -- 最新のCatalyst Driver 8.12と共に、新しいATI Video Converterはグラフィックス・プロセッサとATI Streamテクノロジーを活用し、CPUのみの場合よりもはるかに高速に、かつ簡単に携帯エンターテインメント機器向けにビデオ変換します。
  • AMD Fusion Media Explorer Beta(旧名称:AMD LIVE! Explorer 2.0) -- ユーザーがPC上で音楽、写真、映画、TV、およびソーシャルメディアを操作するためのシンプルかつ強力な手段として、エンターテインメントを楽しむための作業を簡素化します。このユーティリティからはボタンひとつで写真をFacebook™アカウントにアップロードすることができ、またシステムがオンラインの時には関連するメディアを自動的に検索できるなどさまざまな機能を活用できます。

最上級の性能をより求めやすい価格で
AMDの「Dragonプラットフォーム」テクノロジー搭載PCシステムでは、ユーザーは同等性能の他社製品を約1,200ドル下回る価格※10でハイエンドの性能を体験することができます。新しい「AMD Phenom II X4プロセッサ」、「ATI Radeon™ HD 4870グラフィックス(1GB)」、「AMD 790GXマザーボード」、そして4GBのDDR2-1066メモリで構成される「Dragonプラットフォーム」テクノロジーは約900ドルで提供されます。これに対しIntel Core i7 3.2 GHz、x58マザーボード、3 GBのDDR3-1333メモリ、および同じGPUから構成されたプラットフォームは2,100ドルを若干超える価格※11で提供されています。どちらのプラットフォームもCrysis™のような最も負荷の大きなゲームを最上級性能で実行することができ、またCrysisベンチマークでは1秒あたり平均38フレームの同水準の結果となります。※12

Availability 出荷時期と価格について
「Dragon プラットフォーム」搭載システムは、2009年第1四半期に主要システムビルダーおよび、OEM各社より提供される予定です。「Dragon プラットフォーム」搭載PC製品に加え、自作PCユーザーの皆様向けに、newegg.comtigerdirect.comなど大手オンラインショップ・サイトで「Dragon」と検索すれば、特別なキャンペーンでこの最新のデスクトップPCプラットフォームが入手可能です。

「Dragon プラットフォーム」搭載PC製品に加え、「AMD Phenom II X4プロセッサ」自体も、大手オンラインショップ・サイトにて入手可能です。 1,000個ロット時単価は、AMD Phenom II X4 プロセッサ940 Black Edition(3.0GHz) が275米ドル(約29,800円、メーカー希望小売価格:MSRP)、AMD Phenom II X4プロセッサ 920が235米ドル(約24,800円、メーカー希望小売価格:MSRP)となっています。

その他のプロセッサの価格については、www.amd.com/pricingをご覧ください。 「Dragon プラットフォーム」テクノロジー、AMD Phenom II X4 プロセッサに関する製品スペック、製品画像、パートナー各社からの賛同コメントなど、報道向け資料については、http://www.amd.com/Dragon/presskit をご覧ください。

※1. Intelのシステム:Intel x58マザーボードBOXDX58SO、Intel i7 Extreme Edition 965、1GBのCorsair DDR3メモリ3枚、1GB Sapphire ATI Radeon HD 4870、300GB Western Digital VelociRaptor。総額2,130米ドル。
AMDのシステム:GIGABYTE GA-MA790GP-DS4Hマザーボード、AMD Phenom II X4 940 Black Editionプロセッサ、1GBのCorsair Dominator DDR2 1066メモリ4枚、1GB Sapphire ATI Radeon HD 4870、300GB Western Digital VelociRaptor。総額895米ドル。newegg.comによる2008年12月30日付けのAMD Phenom II X4プロセッサの予想価格に基づく。

※2. AMDのシステム:GIGABYTE GA-MA790GP-DS4Hマザーボード、AMD Phenom II X4 940 Black Editionプロセッサ、1GBのCorsair Dominator DDR2 1066メモリ4枚、1GB Sapphire ATI Radeon HD 4870、300GB Western Digital VelociRaptor。総額895米ドル。newegg.comによる2008年12月30日付けのAMD Phenom II X4プロセッサの予想価格に基づく。

※3. 製品レビューの全文はhttp://www.tomshardware.com/reviews/phenom-ii-940,2114.htmlをご覧ください。

※4. 製品レビューの全文はhttp://techreport.com/articles.x/16147">http://techreport.com/articles.x/16147">http://techreport.com/articles.x/16147をご覧ください。

※5. 製品レビューの全文はhttp://hothardware.com/Articles/Enter-The-Dragon-AMD-Phenom-II-X4-940/をご覧ください。

※6. AMDの保証は、AMD OverDrive™ソフトウェアを使用した場合も含め、オーバークロック化による損害については適用されません。

※7. AMD Cool‘n’Quiet™ 3.0を搭載した45nm AMD Phenom™ II X4 940 125Wプロセッサのアイドル時の消費電力は、AMD Cool‘n’Quiet™ 2.0を搭載した65nm AMD Phenom™ X4 9950 125Wの消費電力を最大50%下回ります。テストはAMDの社内リファレンス・プラットフォーム(コンフィグレーションは下記のとおり)を使用して行われました。

システム・コンフィグレーション

  • システム:AMD社内・リファレンス・マザーボード(Shiner)
  • チップセット:RS780 / SB700チップセット
  • BIOS: MS9A04-4
  • CPU: 45nm AMD Phenom™ IIプロセッサ、rev. C2G 3.0; (DDR2, Power Features)
  • メモリ:DDR2-800 1024MB、2枚
  • ビデオドライバ:ATI Catalyst™ 8.9
  • O/S:Windows Vista SP-1
  • その他:C1E対応、L3PwrSavEn対応

 

※8. このユーティリティはセキュリティ/アンチウィルス・ソフトウェアの機能を停止する、あるいはシステムに悪影響を及ぼすことがあります。インストールに先立ち添付の資料に慎重に目を通してください。

※9. AMDの保証は、AMD OverDrive™ソフトウェアを使用した場合も含め、オーバークロック化による損害については適用されません。

※10. Intelのシステム:Intel x58マザーボードBOXDX58SO、Intel i7 Extreme Edition 965、1GBのCorsair DDR3メモリ3枚、1GB Sapphire ATI Radeon HD 4870、300GB Western Digital VelociRaptor。総額2,130米ドル。
AMDのシステム:GIGABYTE GA-MA790GP-DS4Hマザーボード、AMD Phenom II X4 940 Black Editionプロセッサ、1GBのCorsair Dominator DDR2 1066メモリ4枚、1GB Sapphire ATI Radeon HD 4870、300GB Western Digital VelociRaptor。総額895米ドル。newegg.comによる2008年12月30日付けのAMD Phenom II X4プロセッサの予想価格に基づく。

※11. 記載されている価格は2008年12月30日付けのwww.newegg.comによります。

※12. Crysisベンチマークはすべての設定を「high」として解像度1680x1050にて実行しています。

AMDについて
AMD(NYSE:AMD)は、お客様やパートナー企業と緊密に協力することに注力し、職場で、家庭で、そして遊びの場において、次世代コンピューティングおよびグラフィックス・ソリューションを牽引する革新的技術を提供する企業です。日本AMD株式会社は、AMDの日本法人です。詳細については、http://www.amd.com (英語)または http://www.amd.co.jp (日本語)をご覧ください。



AMD、AMD Arrowロゴ、ATI、ATIロゴ、AMD Cool'n'Quiet、AMD OverDrive、AMD Phenom、Catalyst、Radeon、およびその組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。その他すべての名称は、情報提供の目的においてのみ記載されているもので、名称を所有する企業・団体などの商標である場合があります。

脚注