AMD、グローバルファウンドリーズとのウェハー供給契約を改定

2012/03/06

AMD(米国本社:米カリフォルニア州サニーベール、社長兼CEO:ロリー・リード)は本日、GLOBALFOUNDRIES (以下、グローバルファウンドリーズ)とのウェハー供給契約を改定したことを発表しました。この改定により、AMDとグローバルファウンドリーズは、2012年の交渉ベースによるウェハー価格機構に合意しました。また、AMDは所有していたグローバルファウンドリーズの株式をグローバルファウンドリーズへ移行することに同意し、これによりグローバルファウンドリーズの株式を保有しないことになります。

AMDのCEO、ロリー・リードは以下のように述べています。「ウェハー供給契約の改定は、AMDとグローバルファウンドリーズが長期の戦略的ビジネスパートナーとして引き続きコミットしていくことを示しています。昨年、我々は大きな進展を遂げて、両社間の関係を強固なものにしました。グローバルファウンドリーズが、我々の製品ラインにおける希望納期に間に合わせてくれた最近の功績を嬉しく思っています。」

改定された合意事項は以下の通りです。

  • AMDとグローバルファウンドリーズは、2012年、テイク・オア・ペイ協定にもとづく、交渉によって決定した価格でウェハー価格機構を定めました。そして、2013年におけるウェハー価格の枠組みを定め、2011年の修正で定められたAMDの2012年四半期ごとの追加支払い義務を免除することに合意しました。
  • AMDは、所有していたグローバルファウンドリーズの株式をグローバルファウンドリーズへ移行することに同意し、これによりグローバルファウンドリーズの株式を所有しないことになります。
  • グローバルファウンドリーズは、一定期間グローバルファウンドリーズで特定の28nm APU製品を製造するAMDとの独占契約を放棄しました。これにより、AMDはグローバルファウンドリーズに対して、現金払いで4億2千5百万ドル支払うことを承諾しました。そのうち1億5千万ドルは2012年3月5日までに支払われます。また、残りの支払い額のうち、5千万ドルが2012年7月2日までに、さらに5千万ドルが10月2日までに、そして残りの1億7千5百万ドルが2013年第1四半期に支払われる予定です。また、AMDはグローバルファウンドリーズに対して、2012年10月2日までの支払い分と2013年の第1四半期までの支払い分の約束手形を発行しました。

AMDは、上記に述べた現金払いの4億2千5百万ドルと非現金残余から成る計7億3百万ドルを、2012年第1四半期に特別損失として計上する見込みです。

AMDの2012年第1四半期における、非GAAPベースの売上総利益ガイダンス最大45%と、2012年の非GAAPベースの売上総利益ガイダンス44%-48%は変わりません。

AMDについて

AMD(NYSE:AMD)は、お客様やパートナー企業と緊密に協力することに注力し、職場で、家庭で、そして遊びの場において、次世代コンピューティングおよびグラフィックス・ソリューションを牽引する革新的技術を提供する企業です。日本AMD株式会社は、AMDの日本法人です。詳細については、http://www.amd.com(英語)またはhttp://www.amd.co.jp(日本語)をご覧ください。

Cautionary Statement

This release contains forward-looking statements concerning AMD, its estimated payment to GLOBALFOUNDRIES in 2012 for wafer purchases under the Wafer Supply Agreement, a charge in the first quarter of 2012 and its Non-GAAP gross margin guidance for the first quarter of 2012 and fiscal 2012, which are made pursuant to the safe harbor provisions of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking statements are commonly identified by words such as "would," "may," "expects," "believes," "plans," "intends," "projects," and other terms with similar meaning. Investors are cautioned that the forward-looking statements in this release are based on current beliefs, assumptions and expectations, speak only as of the date of this release and involve risks and uncertainties that could cause actual results to differ materially from current expectations. Material factors and assumptions that were applied in making these forward looking statements include, without limitation, AMD’s current expectations regarding GLOBALFOUNDRIES manufacturing yields and wafer volumes and demand for its products.  Risks include the possibility that Intel Corporation's pricing, marketing and rebating programs, product bundling, standard setting, new product introductions or other activities targeting the company's business may negatively impact the company's plans; the company will be unable to develop, launch and ramp new products and technologies in the volumes required by the market and at mature yields on a timely basis; that the company’s third party wafer foundry suppliers will be unable to transition the company’s products to advanced manufacturing process technologies in a timely and effective way or to manufacture the company’s products on a timely basis in sufficient quantities and using competitive technologies; the company will be unable to obtain sufficient manufacturing capacity or components to meet demand for its products or will not fully utilize the company’s  projected manufacturing capacity needs at GLOBALFOUNDRIES' microprocessor manufacturing facilities in 2012 and beyond; that customers stop buying the company’s products or materially reduce their operations or demand for the company’s products; that the company may be unable to maintain the level of investment in research and development that is required to remain competitive; that there may be unexpected variations in market growth and demand for the company’s products and technologies in light of the product mix that it may have available at any particular time or a decline in demand; that the company will require additional funding and may be unable to raise sufficient capital on favorable terms, or at all; that global business and economic conditions will not improve or will worsen; demand for computers will be lower than currently expected; and the effect of political or economic instability, domestically or internationally, on the company’s sales or supply chain. Investors are urged to review in detail the risks and uncertainties in the company's Securities and Exchange Commission filings, including but not limited to the Annual Report on Form 10-K for the year ended December 31, 2011.

脚注