AMD、Colette LaForceをシニア・バイス・プレジデント兼マーケティング最高責任者に任命

2012/05/07

AMD(米国本社:米カリフォルニア州サニーベール、社長兼CEO:ロリー・リード)は、コレット・ラフォルス(Colette LaForce、39歳)をシニア・バイス・プレジデント兼チーフ・マーケティング・オフィサー(マーケティング最高責任者)に任命したことを発表しました。レポートラインは社長兼CEO、ロリー・リードの直属となります。コレット・ラフォルスは、マーケティング戦略、ブランディング、社内外のコミュニケーション、コーポレート・イベント、スポンサーシップ、エンターテインメント・マーケティングなどを含む、グローバルな統合マーケティングを率います。

AMDの社長兼CEO、ロリー・リードは次のように述べています。「コレット・ラフォルスはIT分野において、マーケティングとブランド構築の豊富な実績を持ち、新たな観点、および結果重視のアプローチを通じて、AMDのグローバルなマーケティング組織を強化してくれるでしょう。コレットが持つ深い専門知識は、AMDのブランドを活性化し、市場での存在感を高め、また同時に長期的な成長にも貢献します。」

コレット・ラフォルスは、今月デルからAMDに移籍します。デルでは現在、約80億ドルの事業規模を持つDell Services事業部門のグローバル・バイス・プレジデント兼チーフ・マーケティング・オフィサーを務めています。Dell Servicesのチーフ・マーケティング・オフィサーとして、統合マーケティング、デマンドジェネレーション、イベント、社内外のコミュニケーション、セールス・イネーブルメント、および提携パートナーシップの各分野を率いています。また、コーポレート・マーケティング、グローバル・コミュニケーション、プロダクト・マーケティング、および事業部門マーケティング・グループの上級管理職も務めてきました。さらにデルのコーポレート思想リーダーシップおよびエグゼクティブ・コミュニケーション・プログラムのリーダーも務めました。 

デル以前は、Rackable Systems(現SGI)とAccentureを含むさまざまなITおよびベンチャー企業において、10年近くマーケティングとコミュニケーション部門を率いてきました。 

ラフォルスはノートルダム大学から優等学士号を取得しています。AMDには2012年5月14日に入社し、テキサス州オースチンを拠点とします。

AMDについて

 AMD(NYSE:AMD)は、お客様やパートナー企業と緊密に協力することに注力し、職場で、家庭で、そして遊びの場において、次世代コンピューティングおよびグラフィックス・ソリューションを牽引する革新的技術を提供する企業です。日本AMD株式会社は、AMDの日本法人です。詳細については、http://www.amd.com (英語)またはhttp://www.amd.co.jp/ (日本語)をご覧ください。

脚注