AMD、Darrell Fordをシニア・バイス・プレジデント兼最高人事責任者に任命

2012/04/04

AMD(米国本社:米カリフォルニア州サニーベール、社長兼CEO:ロリー・リード)は4月2日、ダレル・フォード(Darrell Ford)をシニア・バイス・プレジデント兼チーフ・ヒューマンリソース・オフィサー(最高人事責任者)に任命したことを発表しました。レポートラインは社長兼CEO、ロリー・リードの直属となります。ダレル・フォードは、AMD入社以前はシェル石油のリテール部門で、バイスプレジデント兼ヒューマンリソース担当を務めていました。AMDでは、すべてのエリアでの人事機能をリードする職に携わります。

AMDの社長兼CEO、ロリー・リードは次のように述べています。「ダレルは、人事に関する深い専門知識、確実なビジネス感覚、そしてグローバルな視野を有し、AMDのリーダーシップ・チームを強固なものとします。また、AMDのグローバルでの人事機能の管理に加えて、我々のお客様やステークホルダーに高い付加価値を提供することにコミットした社員をグローバル規模で養成していくことに尽力することになります。」

ダレル・フォードはシェル石油に4年間勤務し、組織の効率化、人材管理、学習と開発、人事査定と人事異動においてグローバルチームを統括していました。シェル石油以前は、6年間ハネウェル・インターナショナル (Honeywell International)で組織の効率化、学習、リーダーシップ開発、人材管理、ダイバーシティと人事査定管理においてグローバルの研究拠点を率いていました。

ダレル・フォードはラトガース大学で法学博士号とMBAを取得しました。ダレルは「Society for Human Resource Managers」のメンバーであり、アメリカ法曹協会の労働・雇用セクション、そして人材計画学会の会員です。2012年4月16日付けでAMDに入社し、テキサス州のオースティンに勤務する予定です。

資料

  • 英文バイオと写真ははこちらをご覧ください。

AMDについて

AMD(NYSE:AMD)は、お客様やパートナー企業と緊密に協力することに注力し、職場で、家庭で、そして遊びの場において、次世代コンピューティングおよびグラフィックス・ソリューションを牽引する革新的技術を提供する企業です。日本AMD株式会社は、AMDの日本法人です。詳細については、http://www.amd.com (英語)またはhttp://www.amd.co.jp/ (日本語)をご覧ください。

脚注