(ご参考資料) AMD、AMD Fusion™ APUテクノロジーの未来に投資

- 今後ビジュアルとコンピューティングの両方のPC体験を促進する企業に対し、戦略的に投資-
2010/06/02
(台湾、台北発6月2日英文プレスリリース抄訳)

AMD(米国本社:米カリフォルニア州サニーベール、社長兼CEO:ダーク・マイヤー)は本日「AMD Fusion Fund」プログラムを発表しました。 このAMD Fusion Fundは、CPUとGPUの両方を使用する「コラボレーティブ・コンピューティング」を促進するエコシステム企業の更なる発展を支援することで、一般のコンシューマユーザに先進的なデジタル体験を推進していく事をサポートするプログラムです

このプログラムは、今後発表するAPU(Accelerated Processing Unit)製品「AMD Fusion™ ファミリー」により高められたコンピューティング能力を活用したソリューションに取り組む企業に対して、戦略的な投資を行うために設立されました。本プログラムは直ちに開始され、関心のあるエコシステム企業は革新的な企画書を提案頂き、その後AMDが検証・評価し、投資を行うか審査を行います。 

AMD Fusion Experience Program担当コーポレート副社長でFusion Fundのマネージング・パートナーのManju Hegdeは次のように述べています。 「現在コンピューティング業界は、テキストベースのコンピューティングから、多くの人が待ち望んだ、人とシステムの自然なインターフェイスと、想像を絶する様な鮮明でリアルなビジュアル体験を提供するデジタルの世界へと移行する渦中にあります。 AMD Fusion APU製品は、ソフトウェア開発者の可能性を広げ、アプリケーション・パフォーマンスを促進し、クールでスタイリッシュなPCデバイスに必要なレベルの電力効率の高いソリューションを提供します。 このFusion Fundプログラムは、メインストリーム市場における次世代コンピューティングの実現に焦点を当てたFusionエコシステムを拡大させます。」

本プログラムで対象となるプロジェクトは、AMD Fusion APU製品によって可能となる次世代、且つ高速コンピューティング環境を実現するプロジェクトであり、例えば、アプリケーション・ソフトウェアやツールの開発、ユニークなデバイスのデザイン、PCコンポーネントおよびCPUとGPUのコラボレーティブ・コンピューティングの範囲を更に広げる革新的なアイデアなどが対象となります。

Enderle Groupの社長で主席アナリストのRob Enderle氏は次のように述べています。 「エコシステムの成長を促すAMD社の努力は、同社とそのAPU製品のみにメリットがあるわけではありません。 賢い革新的な企業を強力に支援することは、コンピューティング業界そのものにメリットをもたらすでしょう。また、APUは複数の業界標準と広く普及しているx86アーキテクチャを基盤にしているので、AMDエコシステムのパートナー企業にとって潜在的に非常に大きな市場機会をもたらすでしょう。」

AMD Fusion Fundのような開発プログラムに加え、AMDはハードウェア/ソフトウェア・パートナーを積極的にサポートするAMD Fusion Partner Programも展開しています。 このFusion Partner Programは、たとえばオープンスタンダードなOpenCL™をサポートするATI Stream Technology SDK(ソフトウェア開発キット)など、様々な技術支援、開発ツール、サポートをソフトウェア企業および開発者へ提供します。 また他にも販売パートナーに対して、AMDテクノロジーを基盤にした魅力ある革新的ソリューションを市場展開するためのマーケティング・サポートが提供されます。 これにより販売パートナー各社はさらにビジネスを強化するとともに、AMDの幅広いエコシステムを通じてセールス・ネットワークを拡大していく事が可能になります。

その他の情報

AMDについて
AMD(NYSE:AMD)は、お客様やパートナー企業と緊密に協力することに注力し、職場で、家庭で、そして遊びの場において、次世代コンピューティングおよびグラフィックス・ソリューションを牽引する革新的技術を提供する企業です。日本AMD株式会社は、AMDの日本法人です。詳細については、http://www.amd.com (英語)またはhttp://www.amd.co.jp/ (日本語)をご覧ください。

脚注