AMD、2009年第2四半期の決算を発表

2009/07/21
-- このプレスリリースは、米国サニーベール7月21日発英文リリースの抄訳です。

AMD (本社:米カリフォルニア州サニーベール、社長兼CEO:ダーク・マイヤー、NYSE:AMD)は本日、2009年第2四半期の決算を発表しました。

AMD1の2009年第2四半期の売上高は11億8,400万ドルでした。第2四半期の売上高は直前期比では横ばい、前年同期比では13%減となりました。

AMDのDirk Meyer(ダーク・マイヤー、社長兼CEO)は次のように述べています。「AMD Product Companyは、予定を数か月前倒しして発表した新製品『6コアAMD Opteron™プロセッサ』を含め、今年度上半期の製品・テクノロジーのロードマップを順調に遂行しました。第2四半期は、現金を増やし、売上計画を超過達成し、また営業経費を削減した一方、粗利益は不本意な結果となりました。2009年度下半期には、新しいプラットフォーム、マイクロプロセッサー、グラフィックスの発表を計画しており、これらによって利益率を改善すると共に、通年の業績目標を達成する見込みです」

2009年第2四半期のAMDの普通株主に帰属する純損失は3億3,000万ドル(1株当たり0.49ドル)でした。これには下表2に示す、2008年第4四半期に簿価切り下げを行った在庫の売却益を主とする8,600万ドル(1株当たり0.13ドル)の純利益が含まれています。AMDの営業損失は2億4,900万ドルでした。

2009年第1四半期の売上高は11億7,700万ドル、AMDの普通株主に帰属する純損失は4億1,600万ドル、営業損失は2億9,800万ドルでした。2008年第2四半期の継続事業からの売上高は13億6,200万ドル、AMDの普通株主に帰属する純損失は11億9,500万ドル、営業損失は5億6,900万ドルでした。

2009年第2四半期のAMD Product Companyの非GAAP純損失は2億4,400万ドル、非GAAP営業損失は2億500万ドルでした。2009年第1四半期のAMD Product Companyの非GAAP純損失は1億8,900万ドル、非GAAP営業損失は1億2,300万ドルでした3

2009年第2四半期のAMDの粗利益率は、2008年第4四半期に簿価切り下げを行った在庫の売却益9,800万ドルによる8%ポイントの押し上げ効果を含めて37%でした。2009年第1四半期のAMDの粗利益率は、2008年第4四半期に簿価切り下げを行った在庫の売却益6,400万ドルによる5%ポイントの押し上げ効果を含めて43%でした。2009年第2四半期のAMD Product Companyの非GAAP粗利益率は27%で、これに対し第1四半期は35%でした。

現時点での今後の見通し:

AMDの決算見通しは、継続業務に関する現時点での予測に基づくものです。以下の記述は将来を予測したもので、市場情勢と下記「注意事項」に記載された要因により、実績は大きく異なる場合があります。

現在のマクロ経済的状況、不透明な見通し、従来からの季節的変動を踏まえ、AMDは2009年第3四半期のAMD Product Companyの売上高がわずかに増加すると予想しています。

2009年第2四半期のハイライト:

  • Dell、HP、IBM、およびSun Microsystemsの各社を含む大手エンタープライズ・コンピューティング企業から、「6コアAMD Opteronプロセッサ」を搭載した新しいサーバーが発表されました。「6コアAMD Opteronプロセッサ」は、「クアッドコアAMD Opteronプロセッサ」をそのまま置き換えることができ、同一プラットフォームでワット性能を最大34%改善します。
  • AMDは初の40nmデスクトップ向けグラフィックス・プロセッサーと初の1 GHzグラフィックス・プロセッサーを発表し、またWindows 7に搭載予定のMicrosoft社DirectX® 11をサポートする、実際に機能するシリコンとドライバーを初めて公開しました。
  • プロフェッショナル市場でのAMDのグラフィックス製品の採用が引き続き拡大し、Dell、HP、Lenovoの各社から「ATI FirePro™」プロフェッショナル・グラフィックス・アクセラレーターを搭載したワークステーションが提供されています。
  • 人気が高まる超薄型ノートPC、オールインワンデスクトップPC市場では、HP、Acer、BenQ、Medionの各社から、業界で初めて、適正な価格でフル機能のHDエクスペリエンスを実現する、「AMD Athlon Neo™プロセッサ」と「ATI Radeon™HDグラフィックス」ファミリーの低消費電力テクノロジーを搭載したソリューションが発表されました。
  • AMDはデスクトップPC向けの「Dragonプラットフォーム」テクノロジ―を刷新し、AMD最速のクアッドコア・プロセッサーである「AMD Phenom™ II X4プロセッサ 955 Black Edition」を発表しました。「Dragon」テクノロジー上で「AMD Phenom II」プロセッサーの持つ安定性はオーバークロックに理想的なプラットフォームを提供し、これによって、業界で知られる中で初の7 GHzの壁を突破したCPUが実現しました。
  • Adobe、ArcSoft、Cyberlinkの各社から、ATI Streamテクノロジーの使用に最適化されたビデオ編集・処理アプリケーションの新バージョン提供が開始されました。ATI Streamテクノロジーは、AMDのCPUとGPUのコンピューティング能力を適切に組み合わせることにより、時間のかかるビデオ・エンコーディング等の作業を大幅に高速化します。
  • GLOBALFOUNDRIESはニューヨーク州でのFab 2プロジェクト着工の準備を進めており、ニューヨーク州北部地域に最先端の半導体製造施設と何千人分もの雇用の機会をもたらすというAMDのビジョンが実現しようとしています。Fab 2は世界で最も技術的に進んだ半導体製造施設となり、AMDが世界レベルの製造ノウハウへのアクセスをさらに拡大することになると期待されています。

電話会議/ウェブキャストについて

AMDは第二四半期決算についての電話会議を2009年7月21日午後2時(PT:米国太平洋時間)(日本時間同年7月22午前6時)に開催し、その模様はAMDのコーポレートサイト(英語)www.amd.com のIRページ上で、ウェブキャストを通じてリアルタイムに音声配信され、ウェブキャストは電話会議終了後10日間、下記URLより視聴可能となっています。

http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=74093&p=irol-EventDetails&EventId=2286312 

 

AMDの普通株主に帰属する純利益(損失)(GAAP)とAMD Product Companyの純利益(損失)(非GAAP)の調整 ※1,2,3,4   

(単位:1株当たり項目を除き百万)

Q2-09 Q1-09 Q2-08
AMDの普通株主に帰属する純利益(損失)
GAAP/EPS(1株当たり利益)
 $(330)  $(0.49)  $(416)  $(0.66)  $(1,195)  $(1.97)
非継続事業による損失                    -                     -                   -                   -        (494)      (0.81)

AMDの普通株主に帰属する継続事業による利益(損失)

 $ (330)  $ (0.49)  $ (416)  $ (0.66)  $ (701)  $ (1.16)
2008年第4四半期に減価償却を行った在庫の売却益                  98              0.15                64            0.10              -                  -  
取得無形資産の償却                 (17)            (0.03)              (18)          (0.03)           (37)         (0.06)
ATI の営業権および無形資産の減損                    -                     -                   -                   -           (403)         (0.66)
事業再編費用                   (1)                   -                (60)          (0.10)           (31)         (0.05)
 「GLOBALFOUNDRIES」設立に係るAMD Product Company関連費用                    -                     -                (21)          (0.03)              -                  -  
200mm設備の売却益                    -                     -                   -                   -            193           0.32
投資にかかる総費用                    -                     -                  (9)          (0.01)           (36)         (0.06)
債務の買戻しによる利益                     6              0.01             108            0.17              -                  -  
モバイル部門売却益                    -                     -                  28            0.04              -                  -  
「GLOBALFOUNDRIES」設立に伴う課税規定増加分                    -                     -              (114)          (0.18)              -                  -  

好影響(悪影響)による純損失額

 $ 86  $ 0.13  $ (22)  $ (0.04)  $ (314)  $ (0.52)

AMDの普通株主に帰属する純利益(損失) 非GAAP

 $ (416)  $ (394)  $ (387)                -  

Foundry部門と部門間の重複を除いた純利益(損失)

             (177)            (0.27)            (317)          (0.51)              -                  -  
「GLOBALFOUNDRIES」設立に伴う課税規定増加分                    -                     -               114            0.18              -                  -  
非支配持分に帰属する純損失(利益)                  25              0.04                  6            0.01              -                  -  
B種優先株の配当                 (20)            (0.03)                (8)          (0.01)              -                  -  

AMD Product Companyの純利益(損失) 非GAAP

 $ (244)                   -    $ (189)                 -                -                  -  

AMDの普通株主に帰属する営業利益(損失)(GAAP)とAMD Product Companyの営業利益(損失)(非GAAP)の調整 ※1,2,3,4  

(単位:百万)

Q2-09 Q1-09 Q2-08

営業利益(損失) GAAP

 $ (249)  $ (298)  $ (569)

2008年第4四半期に減価償却を行った在庫の売却益

                 98                 64                 -  

取得無形資産の償却

                (17)                (18)              (37)

ATI の営業権および無形資産の減損

                   -                     -              (403)

事業再編費用

                  (1)                (60)              (31)

「GLOBALFOUNDRIES」設立に係るAMD Product Company関連費用

                   -                  (21)                 -  
200mm設備の売却益                    -                     -               193

営業利益(損失) 非GAAP

 $          (329)  $         (263)  $       (291)

Foundry部門と部門間の重複を除いた純利益(損失)

             (124)             (140)

AMD Product Companyの営業利益(損益) 非GAAP

 $          (205)  $         (123)

AMDの普通株主に帰属する粗利益(GAAP)とAMD Product Companyの粗利益(非GAAP)の調整 ※1,2,3,4

(単位:%項目を除き百万)

Q2-09 Q1-09 Q2-08

粗利益 GAAP

 $ 441  $ 511  $ 511

粗利益率 GAAP %

37% 43% 38%

2008年第4四半期に減価償却を行った在庫の売却益

                 98                 64                 -  

粗利益  非GAAP

 $ 343  $ 447  $ 511

粗利益率 非GAAP %

29% 38% 38%

Foundry部門と部門間の重複を除いた純利益(損失)

                 20                 34

AMD Product Companyの粗利益 非GAAP

 $ 323  $ 413

AMD Product Companyの粗利益率 非GAAP

27% 35%

セグメント毎の売上高および出荷状況 ※4  

(単位:%項目を除き百万)

Q2-09 vs Q1-09 vs Q2-08
コンピューティング ソリューション部門 

売上高 

 $            910 -3% -17%

マイクロプロセッサ・ユニット

flat down

マイクロプロセッサ平均販売価格 (ASP)

down down
グラフィックス部門 

売上高

 $            251 13% 1%

グラフィックス・プロセッサ・ユニット

up up

グラフィックス・プロセッサ・ユニットの平均販売価格 (ASP)

down down

※1. 弊社の決算発表においてはGLOBALFOUNDRIES Inc.の2009年3月2日時点の業績を連結しており、また今会計年度からFoundry部門を作成しています。今回決算において「AMD」と記載している場合はGAAPベースのこの連結決算を意味します。「AMD Product Company」と記載している場合にはFoundry部門と部門間の重複を除いたAMDを意味します。Foundry部門には2009年第1四半期開始時点でのフロントエンド・ウエハ製造業務およびこれに関連する業務による業績が含まれ、これには2009年3月2日から2009年6月27日までのGLOBALFOUNDRIESの業績が含まれています。部門間の重複除外はAMD Product CompanyとFoundry部門の間での売上高、売上原価、および在庫売却益を対象としています。
※2. 本プレスリリースではGAAPベースの業績に加え、AMDの普通株主に帰属するAMDの純利益(損失)、営業利益(損失)、祖利益率の非GAAPの業績値も記載しています。これらの非GAAPベースの業績値には本プレスリリースの付表に記載した調整が加えられています。この非GAAPの業績値には現在の業績に関連しない項目を除外できることを初めとする効果があり、したがって投資家の皆様に現在と過去の業績の比較をより容易に行っていただけるとAMD経営陣は考えています。
※3. AMD Product Companyに対しては、本プレスリリースにも記載されているように、損益計算書や各種バランスシート項目など、非GAAPの業績も提供しています。AMD Product Companyに関してはさらに、純利益(損失)、営業利益(損失)、祖利益率など、上記の表に記載された調整を加えない非GAAPの数値も提供しています。この非GAAPの業績値により、投資家の皆様にFoundry部門、部門間の重複、および本プレスリリース中の表に記載された調整を除外した業績を提供し、GLOBALFOUNDRIESの業績を連結しない場合のAMDの業績をご理解いただくことが重要であるとAMDは考えています。
※4. AMDとAMD Product Companyの詳細な業績値については本プレスリリースの対応する表をご覧ください。

 

AMDについて

AMD(NYSE:AMD)は、お客様やパートナー企業と緊密に協力することに注力し、職場で、家庭で、そして遊びの場において、次世代コンピューティングおよびグラフィックス・ソリューションを牽引する革新的技術を提供する企業です。日本AMD株式会社は、AMDの日本法人です。詳細については、http://www.amd.com (英語)または http://www.amd.co.jp (日本語)をご覧ください。

 

脚注