AMD、Windows® 7対応の一般コンシューマー向けPC上で「究極のビジュアル・エクスペリエンス(The Ultimate Visual Experience)」実現

- AMD、マイクロソフト社のWindows® 7 RTM版発表に祝意を表明 -
2009/07/22
-- このプレスリリースは、米国サニーベール7月22日午後5:01(EST)発英文リリースの抄訳です。
  • 日本AMD株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉沢 俊介、米国本社:米カリフォルニア州サニーベール、社長兼CEO:ダーク・マイヤー、以下AMD)は本日、同社がマイクロソフト社(以下マイクロソフト)のWindows® 7の 製造工程向けリリース(RTM)に対し祝意を表明したことを発表しました。

  • AMDはマイクロソフトとの協業の下、優れたビジュアル・エクスペリエンス、PCエンターテインメント、安定したプラットフォーム、優れた電源管理技術などといったPCユーザーの最優先事項へ対応することに注力し、マイクロソフトが一般コンシューマー、企業ユーザーの両方に向けて、ダイナミックで優れたWindows 7環境を実現することに寄与してきました。

  • Windows 7は、マイクロソフトとAMDの6年にわたる協業により、AMDのメインストリーム向けマルチコア、64ビット・マイクロプロセッサーの技術と先進的な3D、ビデオ処理ソリューションが組み合わせられ、安定し一貫したプラットフォーム上で、視覚効果が高く、より強力でリッチなコンピューティング・エクスペリエンスを実現するよう設計されています。

  •  DirectX 11の機能のひとつであるコンピュートシェーダーによって、Windows 7対応システム上で使用されるAMDの DirectX 11対応グラフィックス・カードは、さまざまなWindows 7アプリケーションをユーザーが明確に体感できるほど高速化します。例えば、ドラッグ&ドロップのインターフェイスによって、ポータブル・メディアプレーヤーで再生するためのビデオ変換をシームレスに加速することが可能です。1

  •  「AMD Business Class Technology」とWindows 7の組み合わせによって、Microsoft® Office PowerPoint、ビデオ会議システム、3D生産性ソリューションなどのビジュアル重視のアプリケーションによる優れたエクスペリエンスが実現すると同時に、ビジネスの生産性が高められます。また、すべての「AMD Phenom™プロセッサ」、「AMD Phenom™ IIプロセッサ」、「AMD Turion™プロセッサ」、「AMD Athlon™プロセッサ」、「AMD Athlon™ IIプロセッサ」に搭載されている機能「AMD-V™」は、Windows 7 Virtual PCとWindows XPモードを通じてPC管理を省力化する、ハードウェアによる仮想化をサポートします。さらに、「AMD Business Class」とWindows 7によって電力消費が抑えられ、バッテリーの持続時間とシステム寿命がさらに長くなります。

AMD、マイクロソフトからのコメント
AMDのBob Grim(ボブ・グリム、クライアント・プロダクト・マーケティング担当ディレクター)は、次のように述べています。「マイクロソフトはAMDにとって価値あるテクノロジー・パートナーです。Windows 7開発における両社の優れた協業が、企業と一般コンシューマー両方のニーズに応える、ダイナミックかつ視覚効果の高いコンピューティング・エクスペリエンスと優れた価値をもたらすことを確信しています。両社の協業を通じ、Windows 7ではハードウェアとソフトウェアの間に前例のない緊密な統合が実現しました。これにより、ユーザーはさらに優れた、またシンプルなエクスペリエンスを享受できるようになります」

マイクロソフト社のMike Ybarra氏(Windows Product Management、General Manager)は、次のように述べています。「AMDは一貫して優れた業界パートナーであり、AMDとの協業の下、両社のお客様に最高のエクスペリエンスを提供できることを喜ばしく思っています。AMDはPCユーザーのニーズを理解しており、DirectX 11グラフィックス・カードを初めとするテクノロジーによって、ダイナミックなエンターテインメント・エクスペリエンスを提供しています。Windows 7の開発・検証作業でのAMDとの密接な協力を通じ、AMD製品を搭載したプラットフォーム上でWindows 7 Home Premium、Windows 7 Home Professionalのユーザーは、リッチで高速なコンピューティングを体験できるようになります」

■補足資料
・「AMD Virtualization」に関するブログ: http://blogs.amd.com/virtualization
・「Ready.Set.7」動画: http://www.readyset7.com/
・7/22(米国時間)発表リリース「AMD、Windows 7 RTM版向けのWHQL認定 統合グラフィックス・ドライバーを発表(AMD Ready with Unified, WHQL-Certified Graphics Drivers for Windows 7 RTM press release)」(英語):
http://www.amd.com/us/press-releases/Pages/amd-ready-with-unified-2009jul22.aspx
・3/18発表リリース「AMDの統合グラフィックス・ドライバー「ATI Catalyst™ 9.3」、マイクロソフトの次期OS、Windows 7をサポートし優れた安定性と高度なグラフィック機能を実現」(英語)
http://www.amd.com/us-en/Corporate/VirtualPressRoom/0,,51_104_543_15104~130614,00.html
・「ATI Catalyst」のダウンロード:
http://game.amd.com/us-en/drivers_catalyst.aspx
・「ATI Radeonグラフィックス」向けWindows 7 WHQL認証ドライバーダウンロード:
http://support.amd.com/us/gpudownload/Pages/index.aspx
・AMDとマイクロソフトとの協業について:
http://sites.amd.com/us/microsoft/Pages/AMD-Windows-7.aspx
・Windows 7 RC(Release Candidate)に関するAMD CMOのブログ:
http://blogs.amd.com/nigeldessau/2009/05/06/when-is-7-bigger-than-x/
・Windows 7 RCダウンロード:
http://www.microsoft.com/windows/windows-7/download.aspx
・AMD Business Class Technology について:
http://www.amd.com/businessclass
・AMD-V™について:
http://www.amd.com/us-en/0,,3715_15781,00.html


※1) ビデオ変換にはATI Stream対応のソフトウェアが必要であり、またデジタル著作権管理に基づく制約が課せられる場合があります。Computex 2009ではWindows 7アプリケーションのより高速な実行のデモが行われ、ATI Streamテクノロジーを使ったドラッグ&ドロップのエンコーディングがHDメディア・ファイルを82秒で処理したのに対し、ATI Streamによるアクセラレーションがない場合には160秒を必要としました。
システム構成:Windows 7 Ultimate – Build 7077、MSI DKA790GX Platinumマザーボード、1 x 2GB Corsair CM2X2048-8500C5Dメモリー((5-5-5-15タイミング)、Athlon 64 X2 5000+プロセッサ、ATI Radeon HD 4890グラフィックス・カード、およびSony NWZ-A726 Portable Media Player。

AMDについて:
AMD(NYSE:AMD)は、お客様やパートナー企業と緊密に協力することに注力し、職場で、家庭で、そして遊びの場において、次世代コンピューティングおよびグラフィックス・ソリューションを牽引する革新的技術を提供する企業です。日本AMD株式会社は、AMDの日本法人です。詳細については、http://www.amd.com (英語)または http://www.amd.co.jp (日本語)をご覧ください。

 

脚注