AMDの「ATI Mobility Radeon™ Premiumグラフィックス・プロセッサ」、ディスクリート・グラフィックス搭載ノートPCの過半数に採用される※1

− 「ATI Mobility Radeon™ HD 4000シリーズ」グラフィックスの革新技術によって ノートPCメーカーの需要を喚起、前四半期比で87.27%の売上増を達成※1 −
2009/08/18
-- このプレスリリースは、米国サニーベール8月18日午前0:01(EST)発英文リリースの抄訳です。

日本AMD株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長: 吉沢 俊介、米国本社:米カリフォルニア州サニーベール、社長兼CEO:ダーク・マイヤー、以下AMD)は本日、最新の業界データに基づき、「ATI Mobility Radeon™ Premiumグラフィックス・プロセッサ」が現在発売されているディスクリート・グラフィックス搭載ノートPCの過半数に採用されていることを発表しました。2009年の第1四半期と第2四半期とを比較したモバイル・ディスクリート・グラフィックス市場のデータによると、市場シェアは36.5%増加、販売台数は87.27%増加しました1。AMDは現在モバイル・ディスクリート市場全体のうち53%のシェアを占め第一位となっています。「ATI Mobility Radeon Premiumグラフィックス・プロセッサ」のこの驚異的な勢いの背景には、以下の要因があります。

  • 「ATI Mobility Radeon™ HD 4530グラフィックス・プロセッサ」や「ATI Mobility Radeon™ HD 4670グラフィックス・プロセッサ」など、「ATI Mobility Radeon™ HD 4000シリーズ」グラフィックス・プロセッサは、最新のMicrosoft DirectX® 10.1をサポートするなど、先進的な性能、業界をリードする機能、革新的な技術を特長としています。これにより、ホームシアター品質のHDマルチメディア・エクスペリエンスを実現し、職場で(at work)、家庭で(at home)、遊びの場で(at play)エネルギー効率に優れた長寿命設計ノートPCを実現しています。
  • 「ATI Mobility Radeon HD 4000シリーズ」グラフィックス・プロセッサは、現在そして今後にわたるコミットメントにより、世界中の大手メーカーから200件を優に超えるデザイン・ウィンを獲得しており、モバイル・ディスクリート・グラフィックス搭載ノートPCの幅広い部門で顧客企業による採用が広がっています。 HP Pavilion dv6t、Alienware M17、Acer Aspire 5739G、Toshiba Satellite M500、SONY VAIO FWシリーズ、Samsung R522、ASUS W90Vp-X1、MSI GX623、Dell Studio 15など、AMDと競合他社の製品を採用したノートPCプラットフォームにより構成された、バランスの取れたポートフォリオが実現しています。 
  • Best Buy CanadaやFuture Shopなどの小売店では、「AMD Turion™ Ultra X2デュアルコア・モバイル・プロセッサ」と「ATI Mobility Radeon™ HD 4650グラフィックス・プロセッサ」を搭載したエンターテインメント・ノートPC「HP Pavilion dv6 Artist Edition」を中心に、その存在感が高まっています。

Jon Peddie ResearchのJon Peddie氏(Founder and Principal)は、次のように述べています。「ノートPCのビジュアル・コンピューティング機能に対する一般ユーザーの需要の高まりを受け、ディスクリート・グラフィックス市場の成長が予想されるのは当然のことです。今年の第2四半期の増産とモバイル・ディスクリート・グラフィックス市場でのAMDのシェアの拡大は、ビジュアル・コンピューティングに対する一般ユーザーの需要の高まりを示すと同時に、一年のうちの最繁忙期に向かう中、メーカーがこうした要求に対応できるよう、準備を整えていることの証となっています」

AMDのMatt Skynner(マット・スキナー、GPU部門副社長兼ジェネラル・マネジャー)は、次のように述べています。「AMDは、ノートPCプラットフォームのユーザーに驚くほど魅力的なビジュアル・エクスペリエンスをもたらす技術を提供すべく、熱心に取り組んでおります。当社の製品とこうしたエクスペリエンスがともに高い品質を備えていることは、『ATI Mobility Radeon™』グラフィックス搭載ノートPCの驚異的な普及を示す最新の市場データからも明らかです。新学期とホリデーシーズンが訪れる中、Microsoft Windows® 7 オペレーティングシステムの提供開始も迫っています。AMDは引き続き、モバイル・ディスクリート・グラフィックス市場向け、および『ATI Mobility Radeon』グラフィックス搭載ノートPC向けソリューションを提供し続けます」

■補足資料(英文)
・製品情報(AMD.com): 「ATI Mobility Radeon™ Premiumグラフィックス・プロセッサ」
  http://www.amd.com/us/products/notebook/graphics/ati-mobility-hd-4000/Pages/ati-mobility-hd-4000.aspx
・採用製品(AMD.com): 「ATI Mobility Radeon™ Premiumグラフィックス・プロセッサ
  http://www.amd.com/hd4000partners
・製品画像(Flickr): 「ATI Mobility Radeon™ Premiumグラフィックス・プロセッサ」
  http://links.amd.com/RadeonImages/
・ATI Graphicsチームからの最新情報(Twitter)
  http://twitter.com/ATIGraphics
 

※1. JPRの発行するJon PeddieMarket Watchレポート「First Quarter, 2009 – Graphics Semiconductor shipments and market activity」のデータによると、第2四半期の販売ユニット数は第1四半期から87.27%増加し、第2四半期の市場シェアは第1四半期から36.5%増加して53%になりました。


AMDについて:
AMD(NYSE:AMD)は、お客様やパートナー企業と緊密に協力することに注力し、職場で、家庭で、そして遊びの場において、次世代コンピューティングおよびグラフィックス・ソリューションを牽引する革新的技術を提供する企業です。日本AMD株式会社は、AMDの日本法人です。詳細については、http://www.amd.com (英語)または http://www.amd.co.jp (日本語)をご覧ください。

脚注