AMD、AMD AシリーズAPUを発表し、次世代コンシューマー・コンピューティングが始動

新AMD Fusion APUによって、次世代の鮮明なHDグラフィックス、スーパーコンピューターを思わせるハイパフォーマンス、終日対応のバッテリー寿命を実現1
2011/06/14

AMD(米国本社:米カリフォルニア州サニーベール)は、新ハイパフォーマンスAMD Fusion AシリーズAPU(Accelerated Processing Unit)を発売開始し、メインストリーム・コンシューマー・コンピューティングの次世代が本格的に始動したことを発表しました。これまでにないリアルな没入感溢れるコンピューティング体験をコンシューマー・ノートブックおよびデスクトップで提供するAMD AシリーズAPUは、次世代の鮮明なHDグラフィックス、スーパーコンピューターを思わせるパイパフォーマンス、10.5時間を超えるバッテリー駆動時間を同時に実現します。2

デジタル化とビジュアル指向がさらに進む中、コンシューマーは、マルチタスキング、生き生きとした鮮明なグラフィックス、現実世界を思わせるゲーム体験、コマ落ちなくサクサクと動く動画、究極のマルチメディア・パフォーマンスを求めるようになっています。このような市場ニーズに応えるために、AMD AシリーズAPUは最大4個までのx86 CPUコアと最大400個のRadeon™グラフィックス・コアを組み込むことで、DirectX®11対応の強力なディスクリートレベル・グラフィックスに加えて、単一チップ上での専用HDビデオ・プロセシングを可能にします。さらに、ジェスチャー・インターフェース、マルチモニター・サポート、3Dエンターテイメント、リアルタイム・イメージ・スタビライゼーションなどの高度な機能を実現します。3

AMD Product Groupを統括するシニア・バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャのリック・バーグマン(Rick Bergman)は次のように述べています。「AMD AシリーズAPUはAMDのこれまでの歴史を変えるインフレクション・ポイントを象徴するものです。マイクロプロセッサーの発明以来、業界における最大のアーキテクチャ変革と言って過言ではないと思います。これは、コンシューマーにとっての新世代の鮮明なコンピューティング体験の到来を告げるものであり、ノートブックおよびPC上でこれまでにないグラフィックス・パフォーマンスやビデオ・パフォーマンスを可能にします。本日より、AMDはディスクリートクラスのグラフィックスをメインストリーム・コンシューマー市場に投入します。」

AMD AシリーズAPU(開発コード名“Llano”)は、本日より出荷開始され、2011年第2四半期から主要OEMが提供する150機種を超えるノートブックおよびデスクトップ4に搭載される予定です。HD動画のための強力なシリアル/パラレル・コンピューティング機能、3Dレンダリング、単一ダイ・プロセッサーでのデータ集約ワークロード対応など、AMD AシリーズAPUは今までなかった強力なパワーと可能性を1つのパッケージに凝縮して、ソフトウェア開発者に提供します。

AMD AllDay™電源: バッテリー駆動時間の長時間化

AMD AシリーズAPUは、PCの処理性能を犠牲にすることなく、コンシューマーの実際のPC使用形態に合わせて、必要な電力を消費します。AMDの2010年版メインストリーム・プラットフォームに比べて、バッテリー駆動時間は50%増の10.5時間以上に改善されました。ユーザーは1回のバッテリー・チャージで、10.5時間を超える作業を行ったり、複数のHDビデオを10.5時間以上見ることができます5。さらに、AMDのスイッチ可能なグラフィックスは、APUと個々のAMD Radeon™ GPUの電力ステートをインテリジェントに管理しています。これによって、AMDのデュアルグラフィックス・ソリューションを搭載したPCのバッテリー寿命をさらに最適化することができます。

AMD Client Divisionを統括するバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーのクリス・クローラン(Chris Cloran)は次のように述べています。「AMD AシリーズAPUのバッテリー寿命への対応は極めて大きな前進です。多くの消費者や法人ユーザーを驚かせています。同時に、スーパーコンピューターを思わせるパフォーマンスは、リアルタイム・イメージ・スタビライゼーションなどの各種の革新的機能を提供し、ビデオ再生中に画像の揺れは信号のジッターを取り除くことを可能にします。」

Brilliant HD: すべてのピクセルが重要

人々は、これまでにも増して、各自のPC上で、より多くのデジタル・コンテンツを作成し、共有し、楽しむようになってきています。すべてのAMD AシリーズAPUに搭載された最先端のハードウェアとソフトウェアであるAMD VISIONエンジンは、このようなニーズに応え、動画、ゲーム、写真などのデジタル・コンテンツを最高に表現することを、まさに自動的に、専門知識のないユーザーを手助けします。HDビデオは、専用のビデオ再生テクノロジーとダイナミックなポスト・プロセシングを通して非常に鮮明となります。また、Webサイトは、高速化されたHTML5およびDirect2Dパフォーマンスによってさらに高速なレンダリングを可能にします。HDコンテンツの編集、移動、閲覧が、HDMI 1.4a、DisplayPort 1.1、USB 3.0を含む高度な接続標準をサポートすることで、高速かつ容易になります。これに加え、複数モニターのネイティブ・サポートも実現されます。

AMD AシリーズAPUとともに発表されたもう1つの新しい機能として、AMD Steady Video6があります。この新機能は、再生中の動画を安定化するもので、不安定でブレる動画を安定したスムーズなコンテンツに調整します。さらに、AMD AシリーズAPUは、コンシューマーPC体験と期待への鍵を握ると言われているジェスチャー・インターフェース、3Dゲーミング、3D Blu-rayビデオ・エンターテイメントといった高度な機能を可能にします。

AMD AシリーズAPUをベースとしたすべてのPCは、DirectX® 11対応のディスクリートクラス・グラフィックスを標準装備することで、生き生きとした鮮明なHD対応を実現します。AMD Fusion APUのみが提供する真のAMDデュアル・グラフィックスは、AMD Radeon™ディスクリート・グラフィックス・カード7と一対になることで、グラフィックス・パフォーマンスを最大75%向上させますvii。この高速かつ高品質な、臨場感あるコンテンツ・デリバリーによって、デジタルの世界、特に、ゲームの世界において、コンシューマーの楽しみを最大限に引き出します。

パーソナル・スーパーコンピューティング: 究極のパフォーマンス

コンシューマーは、仕事から遊びまで、PCを使うことで、これまで以上のことを求め続けています。このようなコンシューマーの「もっと」に応えるAMD AシリーズAPUによって、ラップトップおよびデスクトップPCがスーパーコンピューターを思わせる次世代のパラレル・プロセシングを提供することを可能にし、その利用分野をさらに広げます。ノートブックで最大400ギガフロップス、デスクトップで最大500ギガフロップス8のコンピューティング性能を実現するAMD AシリーズAPUは、動画処理/画像処理、顔面認識、ジェスチャー認識、マルチタスキング・シナリオなどの最も要件の厳しいアプリケーションに対応するために必要なパワーをユーザーにお届けします。このような最も過酷な環境において、AMD Fusion AシリーズAPUは、AMD Turbo Coreテクノロジーを提供し、稼働アプリケーションに応じて消費電力を調整しながら、CPUおよびGPUのパフォーマンスをダイナミックに最適化し、飛躍的に向上させます。

成長し続けるAMD Fusionパートナーシップとソフトウェア・エコシステム

2011年1月にAMD Fusion APUを発表して以来、AMDのソフトウェア・デペロッパー・コミュニティは大きな発展を遂げています。例えば、AMD Fusion APUファミリによって高速化された主要アプリケーションは現在50を超えています。また、Internet Explorer 9などの進化したブラウザーがAMD Fusion APU搭載PC上でこれまでにない没入感ある次世代のWeb体験を実現しています。また、本日から6月16日まで米国ワシントン州シアトルで開催される AMD Fusionデベロッパーサミットでは、開発者、学識経験者、最先端技術研究者が一堂に会し、パラレル・プログラミングや OpenCL™などの業界標準に関して連携するためのフォーラムが開催されます。これを通して、AMDは最新のコンピューティング・メソドロジがもたらすソフトウェア・エコシステムを支援し、さらに推進していきます。

AMDについて

AMD(NYSE:AMD)は、お客様やパートナー企業と緊密に協力することに注力し、職場で、家庭で、そして遊びの場において、次世代コンピューティングおよびグラフィックス・ソリューションを牽引する革新的技術を提供する企業です。日本AMD株式会社は、AMDの日本法人です。詳細については、http://www.amd.com (英語)またはhttp://www.amd.co.jp/ (日本語)をご覧ください。

 

脚注