AMD、デスクトップPC向けで世界初40nmプロセス製造のグラフィックスカード「ATI Radeon™ HD 4770グラフィックス」を発表

- 最先端の製造プロセスへの移行により、価格性能比とワット性能において新たな水準を確立 -
2009/04/28
-- このプレスリリースは、米国サニーベール4月28日発午前0:01(EST)英文リリースの抄訳です。

日本AMD株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉沢 俊介、米国本社:米カリフォルニア州サニーベール、社長兼CEO:ダーク・マイヤー、以下AMD)は本日、デスクトップPC向けグラフィックスで世界初となる最先端の40nm製造プロセスを採用し、99米ドル※1近い予想小売価格でクラス最高の性能とエネルギー効率を実現した画期的な製品「ATI Radeon™ HD 4770グラフィックス」を発表しました。本製品は、数々の賞を受賞した「ATI Radeon HD 4000シリーズ」グラフィックスの最新製品です。

  • 「ATI Radeon HD 4770グラフィックス」はBattleforge、HAWX、S.T.A.L.K.E.R Clear Sky 、Stormriseなど最新のDirectX® 10.1対応ゲームタイトルをサポートする第3世代のハードウェアを搭載し、DirectX 10よりもさらに優れたゲーム性能とビジュアル品質を実現します。
  • 「ATI Radeon HD 4770グラフィックス」は、最新のGDDR5メモリテクノロジーを使い、高速なゲーム性能をもたらす極めて高いデータレートを実現しています。本製品は、より優れたユーザー・エクスペリエンスの実現につながり、業界をリードするテクノロジーを市場にいち早く採用するというAMDのこれまでの取り組みを受け継いだ製品です。
  • グラフィックス・ハードウェアから最大の対投資効果を得たいゲーム・ユーザーは、ATI CrossFireX™テクノロジーによりさらに性能を向上させることができます。「ATI Radeon HD 4770グラフィックス」を合計2枚使用することによって、処理速度をほぼ直線的に増加させることができます。※2
  • 「ATI Radeon HD 4770グラフィックス」は驚くような視覚的な忠実度を実現したHDデジタルコンテンツ※3の視聴を可能にします。低解像度メディアの解像度と鮮明さを高め、また第2世代のAMD Unified Video Decoder (UVD 2.0) テクノロジーによって、Blu-rayディスク※4を含むすべてのHDコンテンツにおいてスムーズなビデオ再生、明瞭な画像、鮮やかな色彩を保証します。「ATI Radeon HD 4770グラフィックス」はまた、HDMI、PiP(ピクチャーインピクチャー)、および7.1サラウンドサウンドをはじめとする最新のHDオーディオテクノロジーをサポートしており、息を呑むようなシネマ品質のホームエンターテインメントを実現します。
  • 今年設立40周年を記念するAMDは、魅力あるユーザー・エクスペリエンスを比類のない価格設定で実現する製品とプラットフォームを設計、開発することにまい進しています。同じく本日発表となった「AMD Athlon™ X2 7850プロセッサBlack Edition」と、「AMD 7シリーズ・チップセット」、「ATI Radeon™ HD 4770シリーズ・グラフィックス」を組み合わせたAMDのPCプラットフォームは、HDビデオをより鮮やかに再現すると共に、性能面での極めて大きなゆとりとビデオ処理の高速化を実現します。

 

AMDのRick Bergman(リック・バーグマン、グラフィックス製品グループ担当上級副社長兼ゼネラル・マネジャー)は、次のように述べています。「景気後退により消費者の間で低価格帯へのシフトが進んでおり、現在需要と販売台数共に最も大きいのは100米ドル前後の製品※5となっています。AMDはこの状況に対応し、この市場をターゲットとした、DirectX 10.1ゲームのサポートやGDDR5メモリーなどの最先端テクノロジーを備える40nmプロセッサ『ATI Radeon HD 4770グラフィックス』を発表しました。この戦略は、他の企業がこの重要なセグメントへの対象製品で行っているような、従来のこなれたテクノロジーを徐々に採用していく『トリックルダウン』戦略とは明確な対比をなすものです」

EmergentのDoug Kubel(製品開発担当副社長)氏は、次のように述べています。「Emergentは最先端ゲーム開発ツールを提供するリーディング企業として、写実的かつ息を呑むようなビジュアルとより優れた性能のゲームを提供することに熱意を持って取り組んでいます。Gamebryo LightSpeed開発システムにおいてDirectX 10.1をサポートすることによって、画像品質とフレームレートの両方を改善することができます。『ATI Radeon HD 4770グラフィックス』をはじめとするDirectX 10.1対応グラフィックスハードウェアは、DirectX10.1とGamebryo LightSpeedを組み合わせることによって得られるエクスペリエンスの可能性を最大限に引き出します」

補足資料(英文)

(動画)

(Twitter at @ATIGraphics)

 


※1. 期間限定の推定AIB Mail In Rebateによる割引額(10米ドル)を差し引いた、発売時の米国ドル建て推定E-tail小売価格。

※2. ATI CrossFireXテクノロジーにはATI CrossFireX対応のマザーボード、ATI CrossFireXTM Bridge Interconnect、および場合によっては専用電源が必要です。

※3. フルHDの再生については、HD対応モニターが必要です。

※4. Blu-rayドライブが必要です。

※5. 2008年度第4四半期PC Graphics(Mercury Research社が実施)の調査に基づくデスクトップ向けスタンドアロン価格帯別シェア。


AMDについて
AMD(NYSE:AMD)は、お客様やパートナー企業と緊密に協力することに注力し、職場で、家庭で、そして遊びの場において、次世代コンピューティングおよびグラフィックス・ソリューションを牽引する革新的技術を提供する企業です。日本AMD株式会社は、AMDの日本法人です。詳細については、http://www.amd.com (英語)または http://www.amd.co.jp (日本語)をご覧ください。

脚注