AMD、世界最速(※1)のグラフィックスカード「ATI Radeon™ HD 5970」を発売

- 極めて高いオーバークロック機能の潜在能力(※2)によって、 DirectX® 11のゲームプレイと、 「ATI Eyefinity」テクノロジー(※3)によるゲーム・エクスペリエンス、 「ATI Stream」テクノロジー(※4)によるアクセラレーションを実現 -
2009/11/18
-- このプレスリリースは、米国サニーベール11月18日午前0:01(EST)発英文リリースの抄訳です。

日本AMD株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉沢 俊介、米国本社:米カリフォルニア州サニーベール、社長兼CEO:ダーク・マイヤー、以下AMD)は本日、数々の賞を受賞したグラフィックス製品ラインの主力製品として、史上最速(※1のグラフィックスカード、「ATI Radeon™ HD 5970」を発表しました。今回の新製品である超ハイエンド・モデル「ATI Radeon™ HD 5970」は、本年9月以来拡充を続けている、Microsoft DirectX® 11テクノロジーと「ATI Eyefinity」マルチディスプレイ・テクノロジーをフルサポートする世界初、かつ唯一のグラフィックス製品ラインの一つとなります。
※   「ATI Eyefinity」について: http://www.amd.com/us/products/technologies/eyefinity/Pages/eyefinity.aspx

「ATI Radeon™ HD 5970」は、超高解像度と超高画質設定による最高負荷のPCゲームに対応できるよう設計されており、オーバークロック機能の潜在能力を引き出すことで、「ATI Overdrive™」テクノロジー(※2を通じ、本カードの備える処理能力を最大限利用できます。「ATI Radeon™ HD 5970」は、本日販売を開始しました。また本日発売されたデスクトップPCの新製品であるAlienware Area-51、Alienware Area-51 ALX、 Alienware Auroraにも搭載されています。

今回記録を更新したオーバークロック性能によって、「Dragon」プラットフォームは、最大限のパフォーマンス・チューニング・コントロールを求めるユーザーに向けた最前線のプラットフォームとなります。.「ATI Radeon™ HD 5970」の持つ比類のないオーバークロック機能を実現するのが、本カード独自の設計です。この設計では、先進のファン技術とベーパーチャンバー技術、完全通気の排気装置によってカードの冷却状態を維持するほか、「ATI Overdrive™」テクノロジー(※2を使用することで、オーバークロック機能に対する極めて大きなヘッドルームを確保します。「AMD Phenom II」プロセッサ、「AMD 7シリーズ」チップセット、「ATI Radeon HD」グラフィックスという完全な組み合わせによって、包括的なパフォーマンス・チューニング、惹き込まれるようなエンターテインメント、突出した価値が実現します。
※    記録を更新したオーバークロック性能について(動画/英語): http://links.amd.com/7Fang
※    「Dragon」プラットフォーム・テクノロジーについて(英語): http://game.amd.com/us-en/landings/dragon.aspx
※    「AMD Phenom™ IIプロセッサ」について:
      http://www.amd.com/jp/products/desktop/processors/phenom-ii/Pages/phenom-ii.aspx
※    「AMD7シリーズ」チップセットについて: 
      http://www.amd.com/jp/products/desktop/chipsets/7-series-discrete/Pages/7-series-discrete-chipsets.aspx

「ATI Radeon™ HD 5970」では、最大3台のディスプレイを同時駆動し、視野を拡大できます。これによって、7680×1600という圧倒的な最大解像度と比類のないゲームプレイ・エクスペリエンスが実現します(※3。「ATI CrossFireX™」テクノロジーが今回初めて複数のグラフィックス・プロセッサー処理に対応したことで、「ATI Eyefinity」テクノロジーを使用すると、現在人気のある20のゲームタイトルでこれまで以上に高いゲーム性能が実現します。また対応ゲームタイトルは今後も登場予定です。

「ATI Radeon™ HD 5970」グラフィックスカードは、約5TeraFLOPSの演算能力を実現し、最新のDirectX® 11ゲームの他、旧バージョンのDirectX®対応タイトルやOpenGL対応タイトルでも優れた性能を保証します。40nmプロセス技術を用いて開発され、最大3,200個のストリーム・プロセッサーを活用する世界で最も強力なグラフィックスコアによって、PCゲームユーザーは、EA Phenomicの「BattleForge™」やGSC Game Worldの「S.T.A.L.K.E.R. :Call of Pripyat」などのDirectX® 11対応ゲームを楽しめるようになります。また以下タイトルをはじめ、多くのタイトルが現在開発中です。

※    「BattleForge™」(EA Phenomic)について: http://www.battleforge.com/en/home/landingpage.bfg
※    「S.T.A.L.K.E.R.:Call of Pripyat」(GSC Game World)について: http://www.stalker-game.com/

「ATI Stream」テクノロジーの新機能によって、ユーザーは、「ATI Radeon™ HD 5970」グラフィックスカードを活用し、コンピューティング・エクスペリエンスを高め、対応するメディア・アプリケーション、エンターテインメント・アプリケーション、生産性アプリケーションの性能を向上させることができます(※4。「ATI Stream」テクノロジーと「ATI Radeon™ HD 5970」は、Direct Compute 11とOpenCL、両方の業界標準に対応し、アプリケーションのアクセラレーションを実現します。

「ATI Radeon™ HD 5970」は、本格的な性能が求められる時はそれを発揮しますが、GPU未使用時にはそのリソースの電源を自動的に下げることで、アイドル時のデスクトップ電力消費を42Wにまで抑えることができ(※5、電力効率でも業界をリードしています。

「ATI Radeon™ HD 5970」は、ASK、Asus、Club 3D、Diamond、Gigabyte、High Tech、MSI、Sapphire、Tul/Power Color、Visiontek、XFXなど多数のアドイン・ボード(AIB)パー
トナー企業によってサポートされています。

AMDのMatt Skynner(マット・スキナー、グラフィックス・グループ、副社長兼ゼネラル・マネジャー)は、次のように述べています。「世界最速のグラフィックスカードである『ATI Radeon HD 5970』の登場により、AMDは、疑う余地のないグラフィックス・リーダーとしての地位を確固たるものとします。ホリデーシーズンを間近に控える中、この新型カードと驚愕のパワーをもつ『ATI Eyefinity』テクノロジーの組み合わせは、本格派のゲームユーザーにとって究極の設定となります。

DellのFrank Azor氏(Gaming Group、Senior Product Planning Manager)は、次のように述べています。「『ATI Radeon HD 5970』の並外れた性能は、Alienware Area-51、Alienware Area-51 ALX、Alienware AuroraのデスクトップPCにとって最高の組み合わせです。このような高水準のグラフィックス能力と、DirectX 11ハードウェアにより実現するビジュアルと性能の向上によって、ゲームユーザーは画質の向上というメリットを享受し、強烈なまでのゲーム・エクスペリエンスが実現します」

■補足資料(英文)

(※1) 2009年11月18日現在、「ATI Radeon™ HD 5970」は3DMark Vantage (Extremeプリセット)でX12011.1を記録しており、これはシングルカードのスコアとしては過去最高となっています。システム構成: Intel Core i7 965 processor @ 3.33GHz、Gigabyte EX58-UD5 motherboard、1600MHz (8-8-8-24 timings)のCorsair XMS 6GBメモリー (3x2GB)、Windows 7 RTM x64、ATI Radeon™ HD 5970 1GB GDDR5、ドライバー: ATI Catalyst™ 9.10  Beta (8.663.1) / NVIDIA ForceWare 191.07WHQL
(※2) オーバークロックに起因する損傷は、AMD の製品保証の対象外となります(「AMD OverDrive(TM)」ソフトウェアを使用し、オーバークロックを有効にした場合を含む)。前世代までの「ATI Radeon」グラフィックスカードと異なり、「ATI Radeon HD 5970」のオーバークロックに関する潜在能力は制限されていません。ご自身でオーバークロックをする値を管理し、オーバークロック実施の際には十分に注意してください。
(※3) 「ATI Radeon HD 5970」で3台目のディスプレイを使用するためには、DisplayPort コネクターを備えたディスプレイパネルが必要です。
(※4) アプリケーションが「ATI Stream」テクノロジーをサポートしている必要があります。
(※5) 「ATI Radeon HD 5970」のアイドル時の電力消費は、標準的なボード、標準的使用環境でAMDによって測定した値です。

 

AMDについて:
AMD(NYSE:AMD)は、お客様やパートナー企業と緊密に協力することに注力し、職場で、家庭で、そして遊びの場において、次世代コンピューティングおよびグラフィックス・ソリューションを牽引する革新的技術を提供する企業です。日本AMD株式会社は、AMDの日本法人です。詳細については、http://www.amd.com (英語)または http://www.amd.co.jp (日本語)をご覧ください。

脚注