タブレット対応の新AMD Zシリーズ、Microsoft Windows 8プラットフォームで没入体験を実現

2012/10/09

AMD(米国本社:米カリフォルニア州サニーベール、社長兼CEO:ロリー・リード)は、本日、高性能タブレットやスモール・フォームファクターPC市場に対応した、最新のAMD Z-60 APU(アクセラレーテッド・プロセッシング・ユニット)プロセッサーを発表しました。AMDの製品において消費電力が最も低いAPUであるAMD Z-60は、10mmのタブレット・フォームファクターに対応し、AMD AllDay™ パワーを提供します。AMD Z-60 APUは、強力な機能のコンビネーション、優れたグラフィックス機能、そして最新のMicrosoft Windows® 8アプリケーションやユーザー・インターフェース、さらにはWindows 7や既存Windowsアプリケーションのフルスイートに対するサポートにより、広範な設計に対応した理想的なソリューションとなっています。

AMD Z-60 APUを搭載したタブレットは、Windows 8の提供と合わせて、本年中にグローバルで販売開始される予定です。

AMD米国本社のウルトラローパワー製品担当バイスプレジデントであるSteve Beltは、次のようにコメントしています。「今後ユーザーは、高性能かつお求めやすい価格であるAMD Z-60 APUの提供により、Microsoft Windows 8のプラットフォーム上で、コンテンツの作成や利用体験を大きく向上させることができます。今回同製品は、性能および価格のバランスにおいて大きく差別化を図っており、タブレットの設計にAMDを組み込みこむことで顧客やエンドユーザーに大いに満足していただけると確信しています。」

ブラウズ時で最大8時間、HDビデオ再生時で最大6時間のバッテリー寿命を実現しています[ii]。さらに、APUに搭載されているAMD Radeon™ グラフィックスは、フルHD 1080pの解像度、外付けディスプレイ用のHDMI出力、およびMicrosoft Direct X®11による優れたゲーミング性能をサポートしています。

AMD APUを搭載したタブレットでは、AMD App Zoneも活用することができます。AMD App Zoneは、ワンストップ・リソースとして人気のあるアプリケーションにアクセスすることが可能で、プロセッサーの演算能力を最大限に活かすことができます。

AMD APU Specifications

APU Model

AMD Radeon™ Brand

TDP

CPU Cores

Clock Speed

AMD Radeon™ Cores

USB Support

L2 Cache

Z-60

HD 6250

4.5W

2

1 GHz

80

3.0

1MB


販売開始日

AMD Z-60 APUは、本年末にシステムの販売開始を計画している顧客に対して、本日出荷される予定です。

参考資料

AMDについて 

AMD(NYSE:AMD)は、お客様やパートナー企業と緊密に協力することに注力し、職場で、家庭で、そして遊びの場において、次世代コンピューティングおよびグラフィックス・ソリューションを牽引する革新的技術を提供する企業です。日本AMD株式会社は、AMDの日本法人です。詳細については、http://www.amd.com (英語)またはhttp://www.amd.co.jp/ (日本語)をご覧ください。

Cautionary Statement

This document contains forward-looking statements concerning among other things, that AMD’s customers will launch systems in late 2012 powered by the AMD Z90 APU. These statements are made pursuant to the safe harbor provisions of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking statements are commonly identified by words such as “believes,” “expects,” “may,” “will,” “should,” “seeks,” “intends,” “plans,” “estimates,” “anticipates,” “projects,” “would,” and other terms with similar meaning. Investors are cautioned that the forward-looking statements in this document are based on current beliefs, assumptions and expectations, speak only as of the date of this document and involve risks and uncertainties that could cause actual results to differ materially from current expectations. Risks include the possibility that our customers new product introductions or other activities may be negatively impacted and the customers may be unable to develop, launch and ramp new products and technologies in the volumes that are required by the market and at mature yields on a timely basis; that AMD’s third party wafer foundry suppliers will be unable to transition the company’s products to advanced manufacturing process technologies in a timely and effective way or to manufacture the company’s products on a timely basis in sufficient quantities and using competitive technologies; the company will be unable to obtain sufficient manufacturing capacity or components to meet demand for its products or will not fully utilize its projected manufacturing capacity needs at Global Foundry's microprocessor manufacturing facilities for 2012; that customers stop buying the company's products or materially reduce their operations or demand for the company’s products; that the company may be unable to maintain the level of investment in research and development that is required to remain competitive; that there may be unexpected variations in market growth and demand for the company's products and technologies in light of the product mix that it may have available at any particular time or a decline in demand; the company will require additional funding and may be unable to raise sufficient capital on favorable terms, or at all; that global business and economic conditions will not continue to improve or will worsen; that demand for computers will be lower than currently expected; and the effect of political or economic instability, domestically or internationally, on our sales or supply chain. Investors are urged to review in detail the risks and uncertainties in the company's Securities and Exchange Commission filings, including but not limited to the Quarterly Report on Form 10-Q for the year ended June 30, 2012.

脚注