AMD、スモール・フォームファクターPCでの強力なビジュアル・エクスペリエンスを実現する 「ATI Radeon™ HD 5570」グラフィックスを発表

- 圧倒的なHDマルチメディアとゲーム性能を驚くほど低価格で提供する 「ATI Radeon™ HD 5450」グラフィックスに続き、 「ATI Radeon™ HD 5570」グラフィックス投入により、 世界で唯一、DirectX® 11対応グラフィックスカードを全価格帯・全クラスでフル・ラインナップ -
2010/02/10
-- このプレスリリースは、米国サニーベール2月4日(ATI Radeon HD 5450)、2月9日(ATI Radeon HD 5570)発英文リリースの抄訳です。

日本AMD株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮本 啓志、米国本社:米カリフォルニア州サニーベール、社長兼CEO:ダーク・マイヤー、以下AMD)は本日、DirectX® 11、「ATI Eyefinity」マルチディスプレイ・テクノロジー(※1)、「ATI Stream」機能(※2)をフルサポートし、数々の賞を受賞しているAMDのグラフィックス製品シリーズの最新製品として、「ATI Radeon™ HD 5570」グラフィックスカードを発表しました。同製品は、スモール・フォームファクターPCでエネルギー効率に優れたロープロファイルのDirectX® 11対応カードを求めるエンドユーザーに最適なグラフィックスカードです。

また同月4日に発表となった同シリーズの「ATI Radeon HD 5450」グラフィックスも、高い評価を受ける「ATI Radeon™ HD 5800シリーズ」グラフィックスが対応するDirectX 11、「ATI Eyefinity」マルチディスプレイ・テクノロジー(※1)、「ATI Stream」機能(※2)といった最先端の機能を同じくサポートし、最先端のHDマルチメディア(※3)とゲーム・エクスペリエンスなど、妥協のないMicrosoft Windows® 7エクスペリエンス(※4)を低価格で実現します。

今回の2製品の投入により、AMDのディスクリート・グラフィックス製品によるDirectX 11の対応状況が完全なものとなり、ユーザーにとっては、最先端グラフィックスカードの選択肢があらゆる価格帯とフォームファクターに広がることになります。

AMDのMatt Skynner(マット・スキナー、グラフィックス・グループ、副社長兼ゼネラル・マネジャー)は、「ATI Radeon HD 5570」グラフィックスカード発表にあたり、次のように述べています。「AMDは、スモール・フォームファクターPCの人気が高まりつつあること、また一方で、ロープロファイル・グラフィックスカードのアップグレードの選択肢がこれまで限られたものであったことを認識しています。スモール・フォームファクターPCを購入されるユーザーは、性能の向上と同時に、ゲームやHDビデオの視聴、最新の生産性向上アプリケーションでの作業を求めていますが、『ATI Radeon HD 5570』グラフィックスカードは、これらすべてをお客様のお財布に優しい価格で実現します」

「ATI Radeon HD 5570」は、「ATI Eyefinity」とDirectX 11のサポートに加え、フル1080p HDの再生(※5)と「ATI Stream」テクノロジー(※2)に対応することで、ビデオ再生や生産性向上アプリケーションの性能を強化しつつ、完全なMicrosoft Windows® 7エクスペリエンスを実現します(※4)。

スリムでエネルギー効率に優れたPCベースの「ATI Radeon HD 5570」グラフィックスと、「AMD Phenom™ II X4 プロセッサ905e」(65W)および「AMD 7シリーズ」チップセットを組み合わせることで、惹き込まれるようなゲームと鮮やかなデジタル・エンターテイメントが実現します。これらのプラットフォームは、“eye-definition”(実物に限りなく近い高精細さ)によるエンターテイメントを求めるシステムビルダーやホームシアターのパワーユーザーにとって、最高の選択肢となります。

※    「AMD Phenom™ IIプロセッサ」について:
       http://www.amd.com/jp/products/desktop/processors/phenom-ii/Pages/phenom-ii.aspx
※    AMDデスクトップ向けチップセットについて:
       http://www.amd.com/jp/products/desktop/chipsets/Pages/desktop-chipsets.aspx

■「ATI Radeon™ HD 5570」グラフィックスカードの主な特長:

  • 先進の性能を、魅力的な価格で 「ATI Radeon HD 5570」グラフィックスは、DirectX® 9、DirectX® 10、DirectX® 10.1、OpenGL対応ゲームタイトルの他、Codemasterの「Colin McRae™: DiRT® 2™」、EA Phenomicの「BattleForge™」、GSC Game Worldの「S.T.A.L.K.E.R: Call of Pripyat™」、また「Battlefield: Bad Company™ 2」などのDirectX® 11対応ゲームのプレイにおいて優れた性能を発揮します。また本製品は、同クラスの直近の競合製品と比べ、最大60%の性能向上を実現します(※7
  • デスクトップ領域の拡大: 最新の「ATI Eyefinity」テクノロジーは、単一の「ATI Radeon HD 5570」グラフィックスカードで最大3つのディスプレイを使用可能(※3にすることで、惹き込まれるようなゲーム・エクスペリエンスを実現します。また家庭用・オフィス用など様々なアプリケーションの生産性向上に寄与します。
  • ATI Stream」テクノロジーによるアクセラレーション: 「ATI Stream」テクノロジーは、ビデオ・トランスコーディングの高速化と、「Adobe® Flash®」などのアプリケーションでのビデオ再生性能の向上に寄与します。またビデオ機能を強化することで、ビジュアル品質を高めるとともに、より鮮やかな画像を実現します(※3
  • 惹き込まれる様なHDマルチメディア・エクスペリエンス: 「ATI Radeon™ HD 5570」グラフィックスカードは、エンスージアスト向けの製品の「ATI Radeon HD 5870」と同じ、表現力豊かなHDマルチメディア機能を提供し、Dolby TrueHDやDTS-HD Master AudioによるHDMI 1.3aなどの機能によって、極上のマルチメディア・エクスペリエンスを実現します。

■「ATI Radeon™ HD 5450」グラフィックスカードの主な特長:

  • 最新のソフトウェアに対応した最先端技術: 「ATI Radeon™ HD 5450」グラフィックスカードの優れた性能により、ユーザーは512MBのメモリ構成で、60ドル(※6未満という価格で真のMicrosoft Windows® 7エクスペリエンス(※4とDirectX® 11のフルサポートを享受できます。
  • マルチメディア・ディスプレイ技術による生産性の向上: 「ATI Eyefinity」マルチモニター・テクノロジーにより画面面積を拡大し、より多くの情報をすぐに利用できるようにすることで、現在普及が進む表現力豊かなアプリケーションで、ユーザーの生産性向上を支援します。
  • 静音動作: 最先端のワットあたり性能を実現する「ATI Radeon™ HD 5450」は、エントリー・レベルの性能と超低消費電力の定義を一新することで、AIBパートナーにとっては、ささやき声のように静かなシングルスロットのファン冷却バージョンに加えて、パッシブ冷却モデルを市販することができるようになります。
  • 表現力豊かなHDマルチメディア・エクスペリエンス:パッシブ冷却の超静音カードは、ホームシアターPCビルダーの夢であり、高品質、高精細のホームシアター・エクスペリエンスを実現します(※3。Dolby TrueHDやDTS-HD Master AudioによるHDMI 1.3aなど、究極のメディアPC向け機能によって、ホームシアター・エクスペリエンスは充実したものとなります。「ATI Radeon™ HD 5450」グラフィックスは、ホームシアター・ファンに大きな価値をもたらします。

「ATI Radeon™ HD 5450」グラフィックスは、ASUS、ASK、Club 3D、DMM、GBT、HIS、LDLC.com、MSI、Sapphire、TUL、VT、XFXを始めとした多数のパートナー企業より即日購入可能となっています。

 ■補足資料(英文):

 

(※1) 3つ以上のディスプレイを有効化するには、DisplayPortコネクターかアクティブDisplayPortアダプターを搭載したパネル1枚が必要です。ディスプレイ接続の数と構成は、AIBパートナーによって異なります。仕様については、個々のメーカーにお問い合わせください。
(※2) 「ATI Stream」テクノロジー対応アプリケーションが必要です。
(※3) HD対応モニターが必要です。
(※4) Windows® 7のフル機能を享受するにはWindows 7対応のPC構成が必要です。詳細はhttp://www.microsoft.com/windows/windows-7/get/system-requirements.aspx  をご覧ください。
(※5) 1080p対応モニタが必要です。
(※6) 「ATI Radeon™ HD 5450」(512MBメモリ構成)の発売日時点での米国での推奨電子小売価格(SEP)
(※7)「Devil May Cry 4」(1680×1050)を使用して測定したフレームレートに基づきます。

構成:AMD Athlon™ II X4 620(2.6GHz)、Gigabyte GA-MA770T-UD3P、4GB RAM、Windows® 7 RTM x64、ATI Radeon™ HD 5570 1GB DDR3 650e/9000m、ドライバ8.69、NVIDIA GT 220 1GB DDR3 615e1335sc790m、ドライバ195.62。

 

AMDについて:
AMD(NYSE:AMD)は、お客様やパートナー企業と緊密に協力することに注力し、職場で、家庭で、そして遊びの場において、次世代コンピューティングおよびグラフィックス・ソリューションを牽引する革新的技術を提供する企業です。日本AMD株式会社は、AMDの日本法人です。詳細については、http://www.amd.com (英語)または http://www.amd.co.jp (日本語)をご覧ください。
 

 

脚注