AMD、CES 2015においてコンピューティングの未来を披露

​―AMDとパートナー企業が、エンスージアスト、ゲーマー、メインストリーム・ユーザー向けの最新APU、GPU、組み込み製品を展示―

2015/01/06

AMD(米国本社:米カリフォルニア州サニーベール、社長兼CEO:リサ・スー)は、米国で開催中の2015 International CES(以下、CES 2015)において、コンピューティングの未来に向けたAMDの展望を示し、サラウンド・コンピューティング分野でのリーダーシップを強化する多様な新製品の展示とテクノロジー・デモをテクノロジー・パートナーとともに行ないます。AMDは、AMDの最新APU (アクセラレーテッド・プロセッシング・ユニット)、グラフィックス・プロセッシング・ユニット(GPU)「AMD Radeon™」、組み込みデザインを搭載した、広範な製品を披露します。

AMD米国本社のシニア・バイスプレジデント兼コンピューティングおよびグラフィックス事業部門ジェネラル・マネージャーであるジョン・バーン(John Byrne)は、次のように述べています。「当社は、今日と将来のコンシューマーおよびビジネス・けコンピューティング体験を変革させるような新たなグラフィックスとコンピューティング・テクノロジーを展示することで、よりエキサイティングなCES 2015に貢献します。今年もCES 2015では、バーチャルリアリティー、超高精細の4Kを超える解像度でのコンピューティング、コンピューティング・フォームファクター、さらには直感的なユーザー・インターフェースの革新といった刺激的な進展を目にすることができます。AMDは、スマート、革新的かつ効率的な新世代テクノロジーによって、このような最高水準の製品を実現できることを嬉しく思います。」

CES 2015におけるAMDの主なハイライト

  • 次世代モバイル・コンピューティング:AMD初のハイパフォーマンス・システム・オン・チップ(SoC)である次世代モバイルAPU(コードネーム「Carrizo」)を展示します。2015年中盤に発売を予定している「Carrizo」は、現代のコンシューマーのコンピューティングに特有の傾向と企業IT部門のニーズに合わせて設計されています。これは、DirectX® 12などの次世代API、OpenCL™ 2.0、次期リリースが予定されているWindows 10 OSをサポートする、常時オンのメディアや生産性を中心としたライフスタイルに合わせて構築されたプラットフォームです。
  • 4Kおよび4Kを超える解像度:AMDは、4Kおよび4Kを超える解像度により、優れた超高精細を体験できるデモを行います。特に、「AMD Radeon™ R9シリーズ」とAMD Eyefinityテクノロジーによる4Kゲーミング、「AMD Radeon R9シリーズ」を採用した5K RetinaディスプレイモデルのApple iMac、および新型GPU「AMD Radeon R9 M295X」を採用した4Kディスプレイをサポートする新型のAlienware 15ノートPCに焦点を当てます。
  • 新たなコンシューマーおよびビジネス・クライアント体験:AMDはテクノロジー・パートナーとともに、仕事や遊び用のコンシューマーおよびビジネス・クライアント・コンピューティング体験を紹介します。「AMD A10-7300」、「AMD Radeon™ R6」GPUを搭載したLenovo IdeaPad Z50ノートPCの「AMDフェイス・ログイン」および「AMDジェスチャー・コントロール」、「AMD A10 PRO-7350B」、「AMD Radeon™ R6」を搭載したHP EliteBook 725 G2の高速アプリケーション、「AMD FX-7500」、「AMD Radeon™ R7」を搭載したHP Envy TouchSmartでのビデオコンテンツの画期的な管理方法、「AMD A4 Micro-6400T」を搭載したZOTAC ZBOX PA330 pico Seriesの省スペースなホーム・シアターPCなどが含まれます。
  • よりスムーズなゲーミングを実現するAMDFreeSync」テクノロジー:「FreeSync」テクノロジーは、「AMD Radeon™シリーズ」GPUとAPUのフレームレートに同期したダイナミック・リフレッシュレートによってゲーミング体験を向上させます。CES 2015では、AMDのパートナー企業であるBenQ、LG Electronics、Nixeusm、Samsung、ViewSonicなどが、世界初の「FreeSync」対応ディスプレイを展示します1
  • 組み込み技術の革新:ネットワーク接続ストレージ(NAS)システムの大手プロバイダーであるQNAPは、AMDの組み込みアプリケーション向けSoC(システム・オン・チップ)「AMD Embedded Gシリーズ」を搭載した同社の新型プラットフォームであるTVS-X63を発表します。また、AMDの組み込みプロセッサーを搭載した様々な組み込みソリューションのデモを通じ、組み込みプログラマーや上級の自作PCファン向けに優れたコンピューティングとグラフィックス性能を提供するオープンソースの開発ボード「Gizmo 2」、複数のバーティカル・マーケット向けにデザインされたクレジットカード・サイズのx86 PC、電子看板やPOSシステムに最適なThinLabsのオールインワンPOEシンクライアントなどを紹介します。

CESスーパーセッション・パネル「ゲーミングにおける最新動向(Emerging Trends in Gaming)」

AMDのチーフ・ゲーミング・サイテンティストであるリチャード・ハディー(Richard Huddy)が、2015年1月6日の午前11時30分(太平洋標準時刻)にラスベガス・コンベンション・センターの北ホール、N258ルームで開催されるCESスーパーセッション・パネル「ゲーミングにおける最新動向(Emerging Trends in Gaming)」に参加します。このセッションでは、ハディーが他の業界著名人とともにバーチャルリアリティー・ゲーム、基本無料ゲーム、およびモバイルゲームがグローバルなゲーミング・ビジネスに与える影響についてディスカッションをします。

参考情報(英語)

 

AMDについて

AMD (NYSE: AMD)は、サラウンド・コンピューティング時代を実現するPC、タブレット、ゲーム機、クラウド・サーバーなど、数多くのインテリジェント・デバイスを強化するテクノロジーの設計と統合に取り組んでいます。AMDのソリューションは、あらゆる人々のデバイスとアプリケーションを最大限に活かし、より大きな可能性を実現することをサポートしています。日本AMD株式会社は、AMDの日本法人です。詳細については、http://www.amd.com (英語)またはhttp://www.amd.com/jp (日本語)をご覧ください。

AMD、AMD Arrowロゴ、RadeonまたそれらのコンビネーションはAdvanced Micro Devices、Inc.の商標です。その他の名称は情報提供のみを目的としたものであり、それぞれの所有権者の商標である場合があります。

報道関係者お問い合わせ先

​エデルマン・ジャパン株式会社(AMD広報代理)

担当:安達 沙織、岡田 吉功、中田 清光

TEL: 03-6858-7711

E-mail: AMD.Japan@edelman.com

日本AMD株式会社

広報担当:呉 允(くれ まこと)

TEL: 03-6365-5560

E-mail: Makoto.kure@amd.com

脚注