AMD、最新ドライバー「Catalyst 15.7」を発表

—APU/GPUソリューションで直感的なWindows® 10体験を実現、大幅なパフォーマンス最適化と革新的な機能によりプレミアムなユーザー体験を実現—​​

2015/07/09

AMD(米国本社:米カリフォルニア州サニーベール、社長兼CEO:リサ・スー)は、Windows® 10とDirectX® 12 APIのシームレスで直感的なサポートを実現する最新ドライバー「AMD Catalyst™ 15.7」を発表しました。この最新ドライバーは、AMDのAPU/GPUソリューションを最大限に活用するための主要素として機能します。

「AMD Catalyst 15.7」は、高信頼性のパフォーマンス、画期的な機能とテクノロジーを通じ、これまで以上に魅力的なユーザー体験を実現する基本ドライバーです。AMD Catalyst™ドライバーは、Windowsドライバー・アップデートのコンポーネントの一環として、Microsoft® Windows 10との完全統合を予定しています。

AMDのAPUとRadeon™ GPUによりWindows® 10を実行すると、優れたビジュアル品質でのゲームや動画ストリーミングを実現し、高度なエンターテインメント体験をもたらすとともに、よりパーソナルで生産性が高く、デバイス間でシームレスに連携するPC体験を実現します。

AMDの包括的な機能セットを構成する主要機能は以下のとおりです。

  • ハードウェアベースのHEVCデコーダー1により、最高解像度(4K以上)でのコンテンツ・ストリーミングに対応します。
  • Microsoft® DirectX® 12とAMDの「FreeSync™」テクノロジーを有効にすることで、AMDベースのWindows® 10 PCでの優れたビジュアルによるゲーミングを実現します。
  • AMDとWindows® 10が実現するレスポンス性に優れたレジューム機能により、PCがスリープ状態からいち早く起動するため、待ち時間が少なくなり、作業に集中できます。
  • Window Display Driver Model (WDDM) 2.0とWindows® 10の連携により、グラフィックス・ハードウェア上のドライバーのワークロードが軽減されます。ディスプレイモードは瞬時に変更でき、Windowsユーザーを悩ませてきた煩わしいフリッカーもありません。.

「AMD Catalyst 15.7」の公開により、エンドユーザー体験を強化する以下の大幅な機能アップデートが実現します。

  • フレームレート・ターゲット・コントロール(FRTC):グラフィックスカードの微調整が可能となり、ゲームプレイ中の最大フレームレートを制限するリアルタイム・フレームレート制御を通じ、より安定・一貫したゲームパフォーマンスを発揮します。また、システム/GPUの消費電力削減、システム温度の抑制、ファン速度の低減による静音動作をもたらします。
    • 「AMD Radeon™ R7 260」以上のGPUに対応
  • VSRVirtual Super Resolution):ゲーマーとWindowsデスクトップユーザー向けに画質を向上させます(高解像度でのレンダリング後に縮小を行い、効果的なスーパーサンプル・アンチエイリアシングを実現)。
    • シングル/マルチGPU構成により、「AMD Radeon™ R7 260」以上のGPUとデスクトップ向けAシリーズAPU「AMD A10-7400K」以上のAPUに対応し、対応VSRモードも拡大
  • FreeSync™」テクノロジー:ラグや遅延なしに、スクリーンのテアリングを解消します。今回は「Crossfire™」モードにも対応します。「FreeSync」対応のAMDコンポーネントと「FreeSync」互換モニター以外に必要なものはありません。発表済のモニター製品の一覧は、こちらをご参照ください。

AMD米国本社のソフトウェア開発担当バイスプレジデントであるアリ・ラウチ(Ari Rauch)は、次のように述べています。「最新ドライバーへのアップグレードを通じ、Windows® 10とAMDの環境において、かつてないエンターテインメント性と直感性に優れたユーザー体験を提供できることを嬉しく思います。『AMD Catalyst 15.7』ドライバーを使用することで、ゲーム、ストリーミング、動画品質の向上と効率化が実現し、AMD最先端のグラフィックス・コア・ネクスト(GNC)アーキテクチャーがワンランク上に進化することで、洗練されたユーザー体験が得られます。」

Microsoft Corp.の主任グループ・プログラム・マネージャーであるカム・ベブラ(Kam VedBrat)氏は、次のように述べています。「最新のAMD CatalystドライバーよってAMDがゲーム分野にもたらす新機能に大きな期待を寄せています。AMDのAPUとRadeon GPUに対応した、AMD Catalystドライバーの最新版では、DirectX 12とWDDM 2.0が完全サポートされており、お客様はマルチスレッド・スケーリングとCPU利用率の向上、GPUオーバーヘッドの削減などのメリットにより、最終的にはより表現力が豊かでスムーズな迫力満点のゲームをお楽しみいただけます。」

「AMD Catalyst 15.7」ドライバーがもたらすエンドユーザーへのメリットとWindows® 10およびDirect 12のサポート状況については、こちらをご参照ください。

参考情報(英語)

 

AMDについて

AMD (NASDAQ: AMD)は、サラウンド・コンピューティング時代を実現するPC、タブレット、ゲーム機、クラウド・サーバーなど、数多くのインテリジェント・デバイスを強化するテクノロジーの設計と統合に取り組んでいます。AMDのソリューションは、あらゆる人々のデバイスとアプリケーションを最大限に活かし、より大きな可能性を実現することをサポートしています。日本AMD株式会社は、AMDの日本法人です。詳細については、http://www.amd.com (英語)またはhttp://www.amd.com/jp (日本語)をご覧ください。

報道関係者お問い合わせ先

エデルマン・ジャパン株式会社(AMD広報代理)

担当:岡田 吉功、安達 沙織、中田 清光

TEL: 03-4360-9000

E-mail: AMD.Japan@edelman.com

日本AMD株式会社

広報担当:呉 允(くれ まこと)

TEL: 03-6365-5560

E-mail: Makoto.kure@amd.com

脚注