AMD、デスクトップPC向けGPU「AMD Radeon™ R9/R7 300シリーズ」を発表世界初の革新的HBMテクノロジー搭載GPUファミリーも登場

​— HBM、4Kゲーミング体験、最先端VRソリューション、次世代のDirectX® 12ゲーミング対応など最先端テクノロジーによる多彩なイノベーションを発表—

2015/06/17

AMD(米国本社:米カリフォルニア州サニーベール、社長兼CEO:リサ・スー)は、米国ロサンゼルスで行われたライブウェブキャストにおいて、AMDの次世代グラフィックスカード「AMD Radeon™ R9/R7 300シリーズ」を発表しました。PCゲーミングの新時代の到来を告げる、このライブウェブキャストは、世界中の多数のゲーマーが視聴し、業界大手のMicrosoft®、EA、Oculusも参加しました。AMDの次世代グラフィックスカードは、PCゲーミングにおけるテクノロジーのターニングポイントを示すものであり、超高解像度、優れたバーチャルリアリティー(VR)体験、よりスムーズなゲームプレイに加え、DirectX® 12やVulkan™など最先端APIのサポート、革新的なフォームファクターにより、ほぼすべてのニーズや予算に見合うGPUをあらゆるゲーマーに提供します。

Radeon™ R9 Furyシリーズ」

  • 内面も外見も革新的:エンスージアスト市場向けに開発された「AMD Radeon™ R9 Fury X」は、開発コードネーム「Fiji」チップにおけるGPUデザインのパラダイムシフトを代表するものです。
  • 革新的なテクノロジーによる優れたメモリー:「AMD Radeon™ R9 Fury X」は、AMD主導のコンソーシアムが開発した業界初のオンチップ統合型の高帯域幅メモリー(HBM)による史上最高のメモリー帯域幅を備え、前例のない4096ビットのメモリー・インターフェイスと合わせてメモリー帯域幅をGDDR5と比較し60%向上させています。PCB面積を従来の94%に抑えながら、GDDR5の3倍以上のワットあたりのパフォーマンスを実現し、わずか約19cm(7.5インチ)のボードでハイエンドのパフォーマンスを生み出します。123
  • プレミアムデザイン、鮮やかなライト、高い強度:「AMD Radeon™ R9 Fury X」の最先端かつプレミアムなインダストリアル・デザインは、ブラック・ニッケルアルミニウムの骨格と柔らかなタッチのアルミニウムプレート、大口径の液体冷却装置、GPUの利用状況を計測するカスタマイズ可能なGPU Tachアクティビティー・メーター、仕上げとなるデザインディテールを強調するLEDライトが特徴です。
  • リアリティーを再定義:「AMD Radeon™ R9 Fury X」は、高い信頼のおけるVRソリューションとして、最も要求の厳しいVRゲームやアプリケーションにおいて優れたパフォーマンスを発揮するよう設計されています。また、AMDの「LiquidVR™」テクノロジーにより快適なVR体験を実現し、多様なヘッドマウント・ディスプレイとの互換性があります。9
  • 映像を満喫できる最高の4Kゲーミング体験:「AMD Radeon™ R9 Fury X」は、ゲーミングを次のレベルに押し上げます。4096ビットの高帯域幅のメモリーインターフェイスは、最も要求の厳しい4Kゲームの過酷なパフォーマンス要件を満たし、超えています。画像品質の設定を調整することにより4K以上の解像度8でも優れたパフォーマンスを発揮し、AMDの「FreeSync™」テクノロジー10によりスムーズなゲーミングを可能にします。また、DirectX® 12、OpenGL® 4.5、Vulkan™、「AMD Mantle」などの次世代のマルチスレッドAPIをサポートしており、将来への備えも万全です。456
  • 小さくても大きなインパクトをもたらす新たなPCフォームファクターを実現:超コンパクト設計の「AMD Radeon™ R9 Fury X」は、かつてないほどデザインの自由度を高め、PC自作ユーザー、システム・インテグレーターによる新しい刺激的なPCフォームファクターを可能にします。AMD Innovation Labは、このことを実証するProject QuantumプロトタイプPCを最近発表しました。「Radeon™ R9 Fury X」により想像もしなかったフォームファクターを実現し、VR時代のデスクトップ・コンピューティングを再革新しました。
  • 世界初のHBMを搭載したGPUファミリー:世界初のHBM搭載グラフィックスカードとなる「AMD Radeon™ R9 Fury X」は、2015年7月25日より出荷を開始する予定です。「AMD Radeon R9 Fury」(液冷/空冷)は、2015年6月14日より出荷を開始する予定です。長さ約15cm(6インチ)と新たに小型カテゴリーを作る「AMD Radeon R9 Nano」は、2015年第3四半期に出荷を開始する予定です。AMDは、今秋に「Fiji」GPUベースによりスムーズな4KゲーミングとVRに適した「Radeon Furyシリーズ」のフラッグシップモデルを投入する予定です。

Radeon™ R9 300シリーズ」

  • 4KゲーミングのDNA:「AMD Radeon™ R9 300シリーズ」は、パワフルなグラフィックス性能によりクラス最高の4Kゲーミング体験を実現します。1080pディスプレイでも4Kに匹敵するクオリティーを実現するVirtual Super Resolution(VSR)11、AMDのマルチGPUテクノロジー「CrossFire™」7、DirectX® 12、OpenGL® 4.5、Vulkan™などの次世代APIをサポートし、より高解像度でのゲーミングに最適なソリューションです。5,6
  • 仮想世界をリアルに:「AMD Radeon™ R9 300シリーズ」は、「AMD LiquidVR™」テクノロジーを活用してVR向けに設計されており、複数のGPUを利用して可能な限り高いフレームレートを駆動させることで低遅延による快適なVR体験を実現します。9
  • スムーズでテアリングのないゲーミング:「AMD Radeon™ R9 300シリーズ」は、AMDの 「FreeSync™」テクノロジー10により、シングルスクリーンでのゲーミング、または「AMD Eyefinity」によるマルチモニター構成 12において、テアリングやスタッタリングを防ぎます。12

Radeon™ R7 300シリーズ」

  • 究極のオンラインゲーミング向け:「AMD Radeon™ R7 300シリーズ」は、人気の高いオンラインゲームの1080pまたは1440pのウルトラ設定で60fpsを超えるゲーミング・パフォーマンスを容易に実現するため、オンラインゲーミングおよびeスポーツ競技者に最適です。1314。1080pモニターでも1440pに匹敵するゲームプレイが可能なVSR11を利用した優れた画像品質や、「AMD Eyefinity」マルチモニター・テクノロジー12により視野領域を拡大した1080pのゲーミングを楽しむことができます。
  • 次世代テクノロジーに対応:「AMD Radeon™ R7 300シリーズ」は、DirectX® 12、OpenGL® 4.5、Vulkan™などの次世代APIにも最適化されており、最先端のゲーミング体験が可能です。56
  • 最先端のパフォーマンスと機能:ゲーマーは、AMD Catalyst™ドライバーが提供する最新の機能や改良されたパフォーマンス、AMD Gaming Evolvedクライアントでのワンクリックによるゲームの最適化、GPUのMicrosoft® Windows® 10対応状況がわかる機能を利用することができます。

AMD米国本社のバイスプレジデント兼製品、コンピューティングおよびグラフィックス事業部門担当ジェネラルマネージャーであるマット・スキナー(Matt Skynner)は、次のように述べています。「次世代の『Radeon™』グラフィックス製品ラインナップにより、当社はあらゆるゲーマーに恩恵をもたらす多様なイノベーションを提供します。優れたパフォーマンス、画期的なVRパフォーマンス、新しいダイナミックなフォームファクター、プレミアムなインダストリアル・デザイン、並外れた4K体験、すべてが現在のゲーム、さらにこれから登場するDirectX® 12やVulkan™などのAPIを利用する将来のゲームでの優れた体験をもたらします。これはまさに、PCゲーミングの新時代の到来を告げるものです。当社は世界中のソフトウェアおよびハードウェアのパートナーとともに、こうしたグラフィックスカードをゲーマーの皆様に届けられることを何より誇りに思っています。」

​Microsoftのグラフィックス部門グループ・プログラム・マネージャーであるカム・ベブラ(Kam VedBrat)氏は、次のように述べています。「DirectX® 12は、Windowsベースのデバイスにおけるパフォーマンス、柔軟性、画像品質において、ゲーミングのエキサイティングな新時代を象徴します。『AMD Radeon™ R7シリーズ』と『AMD Radeon™ R9 300シリーズ』の発表を祝福します。DirectX® 12に対応したAMDの第3世代製品は、グラフィックス・コア・ネクスト(GCN)アーキテクチャーと合わせて、優れたゲーミングを実現するでしょう。」

「AMD Radeon™ R9 300シリーズ」および「AMD Radeon™ R7シリーズ」は、2015年6月18日より、一部のオンラインショップで発売を開始する予定です。「AMD Radeon™ R9 Fury X」は、2015年6月24日より、ASUS、Gigabyte、MSI、Sapphire、XFX、PowerColor、HISなどのアドインカード・サプライヤーが発売を開始する予定です。パートナーによる販売については、地域ごとに異なります。

AMDが今回発表した「AMD Radeon R9/R7シリーズ」

  • AMD Radeon™ R9 Fury X
  • AMD Radeon™ R9 390X
  • AMD Radeon™ R9 390
  • AMD Radeon™ R9 380
  • AMD Radeon™ R7 370
  • AMD Radeon™ R7 360

参考情報(英語)

AMD、AMD Arrowロゴ、Catalyst、FreeSync、LiquidVR、RadeonまたそれらのコンビネーションはAdvanced Micro Devices、Inc.の商標です。その他の名称は情報提供のみを目的としたものであり、それぞれの所有権者の商標である場合があります。Microsoft、DirectX およびWindowsはMicrosoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。

 

AMDについて

AMD (NASDAQ: AMD)は、サラウンド・コンピューティング時代を実現するPC、タブレット、ゲーム機、クラウド・サーバーなど、数多くのインテリジェント・デバイスを強化するテクノロジーの設計と統合に取り組んでいます。AMDのソリューションは、あらゆる人々のデバイスとアプリケーションを最大限に活かし、より大きな可能性を実現することをサポートしています。日本AMD株式会社は、AMDの日本法人です。詳細については、http://www.amd.com (英語)またはhttp://www.amd.com/jp (日本語)をご覧ください。

報道関係者お問い合わせ先

エデルマン・ジャパン株式会社(AMD広報代理)

担当:岡田 吉功、安達 沙織、中田 清光

TEL: 03-4360-9000

E-mail: AMD.Japan@edelman.com

日本AMD株式会社

広報担当:呉 允(くれ まこと)

TEL: 03-6365-5560

E-mail: Makoto.kure@amd.com

脚注