AMD、VMworld 2015で世界初となるハードウェアベースのGPU仮想化ソリューションを披露

—AMD Multiuser GPUが、仮想化ワークステーションにおける一貫性のある予測可能かつセキュアなパフォーマンスを実現—

2015/09/01

AMD(米国本社:米カリフォルニア州サニーベール、社長兼CEO:リサ・スー)は本日、仮想化とクラウドの総合カンファレンスである「VMworld 2015」において、世界初となるハードウェアベースのGPU仮想化ソリューション「AMD Multiuser GPU」のデモを披露しました。この新たなソリューションは、一連のISV認証とローカルデスクトップ並みのパフォーマンスを備えた仮想化ワークステーションクラスのエクスペリエンスを実現します。「AMD Multiuser GPU」ソリューションにより、ITプロフェッショナルはAMDのGPU1基につき最大15ユーザーまで容易に構成できるようになります。AMDは、「VMworld 2015」の447番ブースにおいて仮想化ソリューションのデモを実施しています。

AMD米国本社のバイスプレジデント兼プロフェッショナル・グラフィックス・グループのジェネラルマネージャーであるショーン・バーク(Sean Burke)は次のように述べています。「当社のグラフィックスカードは、AMD独自の『AMD Multiuser GPU』テクノロジーを組み込んだGPUを搭載しており、一貫性のある予測可能なパフォーマンスを実現します。これらのAMDのGPUを組織のニーズに合わせて適切に構成することで、エンドユーザーはワークロードに関係なく同じようにGPUにアクセスできます。各ユーザーは、他のユーザーにGPU全体を占有されることのない仮想化されたパフォーマンスでワークフローを設計、作成、実行することができます。」

業界標準のSR-IOV(シングルルートI/O仮想化)テクノロジーを中心に構築することで、AMDは「AMD Multiuser GPU」においても特定のベンダーに依存しないオープンスタンダードを採用しています。SR-IOVは、PCI SIGが策定した規格であり、デバイスがハードウェアの仮想化を実現するための標準的な手段を提供します。「AMD Multiuser GPU」は、設計および製造、メディアおよびエンターテイメント向けのアプリケーションにおいて、グラフィックスとコンピューティングによって高速化されている機能を維持、サポートするよう設計されています。「AMD Multiuser GPU」は、既存の仮想化GPUソリューションでは満たしきれないCAD/CAE、メディアおよびエンターテインメント、汎用的なエンタープライズ向けGPUへのニーズに対し、予測可能なパフォーマンスを実現します。

GPUコンピューティングおよびOpenCL™など、GPUによって高速化されたワークフローに対応するために開発された「AMD Multiuser GPU」は、エンドユーザー・パフォーマンスの低下といったソフトウェアベースの仮想化における制限を解消するよう設計されています。ユーザーは、OpenGL、DirectX™およびOpenCL高速化に対応するネイティブのAMDディスプレイドライバーを利用できるため、制約を受けずに作業できるようになります。

この他、「AMD Multiuser GPU」は、主に以下の機能を提供します。

  • 業界最先端のGPU仮想化がサポートするOpenCLベースのコンピューティング性能
  • DirectX™ 12とOpenGL 4.4をはじめとした機能セットのフルサポート
  • OpenCL 2.0高速化のサポート
  • 安定した予測可能なパフォーマンス
  • ユーザーに割り当てられるローカルメモリーによるセキュリティー強化
  • 1基当たりの物理GPUごとに最大15ユーザーをサポート

「AMD Multiuser GPU」は、Horizon Viewなどのリモートプロトコルへのサポートとともに、VMware vSphere/ESXi 5.5以降の使用環境で動作するよう設計されています。

AMDは、仮想化環境の導入を模索する企業に対し、ワールドクラスのプロフェッショナル・グラフィックス・ハードウェアを提供するべく邁進しています。

参考情報(英語)

 

AMDについて

AMDは、ゲームや没入型プラットフォーム、データセンターに欠かせない要素である、ハイパフォーマンス・コンピューティング、グラフィックスと視覚化技術において45年にわたり革新をもたらしてきました。世界中の何億人もの消費者、フォーチュン500企業、最先端の科学研究施設が、日常の生活、仕事、遊びを向上させるために、AMDのテクノロジーに頼っています。世界中のAMD社員は可能性の限界を押し上げる優れた製品開発に注力しています。日本AMD株式会社は、AMDの日本法人です。AMDのさらなる詳細については、AMD(NASDAQ: AMD)のウェブサイトブログFacebookまたはツイッターをご覧ください。

報道関係者お問い合わせ先

エデルマン・ジャパン株式会社(AMD広報代理)

担当:岡田 吉功、安達 沙織、中田 清光

TEL: 03-4360-9000

E-mail: AMD.Japan@edelman.com

日本AMD株式会社

広報担当:呉 允(くれ まこと)

TEL: 03-6365-5560

E-mail: Makoto.kure@amd.com

脚注