AMD、「Radeon™ RX 480」グラフィックスカードの発売開始

​— 「Radeon™ RX 480」、最高のVRエクスペリエンスのためのソリューションを優れたコストパフォーマンスで実現 —

2016/06/30

AMD(米国本社:米カリフォルニア州サニーベール、社長兼CEO:リサ・スー)は、パワーユーザークラスのゲーミング性能と機能、先進的なテクノロジー、優れた価値提案を提供するために設計された「Radeon™ RX 480」グラフィックスカードを発表しました。「Radeon™ RX 480」は価格当たりでクラス最高の性能1を実現し、VR(仮想現実)を一般の消費者に届けます。また、現在と将来のビデオ規格を両方サポートし、将来に備える2さまざまなテクノロジーが搭載されています。この新しい「Radeon™ RX 480」グラフィックスカードと関連するテクノロジーの詳細については、AMDの新しいゲーマー向けサイトRadeon.comに掲載されています。

「Radeon™ RX 480」は、PCエコシステムやゲームデベロッパーなどの以下の企業より称賛の声が寄せられています。詳細についてはこちらをご覧ください。

  • グローバルPCエコシステム:Alienware、ヒューレット・パッカード、レノボ
  • ゲーム、VRアプリケーションのデベロッパー:ベセスダ、EA、Ubisoft
  • VRハードウェアのメーカー:Oculus、HTC
  • プロおよびカジュアルゲーマー:Fnatic、Evil Geniuses

Radeon RX 480」の特長

「Radeon™ RX 480」は、求めやすい価格帯で、従来ないほどのゲーム数とVR向けの機能を搭載しています。

  • クラス最高の性能を実現したプレミアムテクノロジー:8GBの「Radeon™ RX 480」は、同価格帯のGPUとしては例のない最先端のグラフィックスとゲーミングテクノロジーを搭載しており、価格当たりでクラス最高の性能を実現しています。14ナノメートルFinFETプロセスに最適化された画期的なPolarisアーキテクチャーにより性能と効率が大幅に改善されました。コンピューティングユニット当たりの性能は15%以上向上し3、AMDのR9 200シリーズのグラフィックス・アーキテクチャーと比較して、最大2.8倍のワット性能を達成しています4。また、1秒当たり5.8兆回の計算を行います(詳細はこちら)。
  • プレミアムなVRエクスペリエンスを実現する最も手ごろな価格帯のソリューション: 4GBの「Radeon™ RX 480」は、「Oculus™ Rift」や「Steam®VR-Ready」のようなプレミアムなVRエクスペリエンスに対して最も手ごろな価格のソリューションです5。滑らかで快適なVRエクスペリエンスのために設計された「LiquidVR™」テクノロジーとの組み合わせにより、4GB の「Radeon™ RX 480」はPC VRへの参入を容易にし、VRを多くの一般消費者に届けます(詳細はこちら)。
  • 将来にも対応したテクノロジー2:新しいプロセスノード、新しいメモリータイプや帯域幅、および新しいゲーミングAPIの初採用などの「Radeon™」のイノベーションの伝統は、「Radeon™ RX 480」においても継承されています。「Radeon™ RX 480」は次のような将来に対応した機能を備えており、ゲーマーは長年にわたってこのグラフィックスカードを活用することができます。
  • DirectX® 12と「Vulkan™」によるプレミアムなHDゲーミング:「Radeon™ RX 480」は、将来、ゲームのエンジンとなるAPIの「DirectX® 12」や「Vulkan™」への対応に長けています。Polarisアーキテクチャーは非同期的コンピューティング(Asynchronous compute)を独自の方法でサポートすることにより、これらのAPIを使ったゲームやVRアプリケーションにて優れたエクスペリエンスを提供します。また「AMD FreeSync™テクノロジー」との組み合わせにより、最も要求水準の高いゲームであっても、1440pの解像度で極めて滑らかなフレームレートを実現します6(詳細はこちら)。
  • 次世代のディスプレイとビデオテクノロジー:「Radeon™ RX 480」には次世代の高解像度HDRや高リフレッシュレートのディスプレイをサポートする「HDMI® 2.0b」、「DisplayPort™ 1.3 HBR3」、および「DisplayPort™ 1.4 HDR」が搭載されています。これにより、高リフレッシュレートの4K、UltraWide、および60Hzでのシングルケーブルによる5K解像度コンピューティングと組み合わせたFreeSync™などのエクスペリエンスを実現します。また、「Radeon™ RX 480」にはAMDで最も多用途なデコード・アクセラレーターが搭載され、NetflixやAmazonなどでの10ビットHEVC7を使った美しい映像、Twitchストリーム配信におけるH.264ビデオ、YouTubeにおけるVP9ビデオ、およびSkypeなどのアプリケーションでのHEVCとMJPEGを使った極めて鮮明なビデオ通話などを実現します(詳細はこちら8)。
  • Radeon Softwareと新しい「Radeon Wattmanによる優れたコントロール:「Radeon Software」は「Radeon™ RX 480」グラフィックスカードの洗練されたハードウェアを補い、卓越した性能、機能、および安定性を実現することにより、滑らかで高速なエクスペリエンスを提供するとともに、将来のアップデートによりそのエクスペリエンスをさらに改善します。新製品「Radeon™ RX 480」と共に、マルチGPU、ディスプレイ、および電力効率を詳細にコントロールする9つの新機能がRadeon Software Crimsonに加わりました。AMD OverDrive™テクノロジーをベースとした「Radeon Wattman」は、刷新されたオーバークロック体験9と、GPU周波数と電圧曲線の両方を対象とした7つのステートにわたるカスタマイズを含む幅広い機能で、ユーザーによる「Radeon™ RX 480」の完全なコントロールを可能にします。また、「Radeon Wattman」はアプリケーションごとのデータを記録し、ピークや平均のアクティビティー、クロック、温度、およびファン回転数を容易に追跡することができる新しいヒストグラムのインターフェイスも備えています(詳細はこちら)。

Radeon RX 480の提供予定

「Radeon™ RX 480」グラフィックスカードは世界中の小売店頭とオンラインストアから提供が開始されています10

参考資料:

 

AMDについて

AMDは、ゲームや没入型プラットフォーム、データセンターに欠かせない要素である、ハイパフォーマンス・コンピューティング、グラフィックスと視覚化技術において45年にわたり革新をもたらしてきました。世界中の何億人もの消費者、フォーチュン500企業、最先端の科学研究施設が、日常の生活、仕事、遊びを向上させるために、AMDのテクノロジーに頼っています。世界中のAMD社員は可能性の限界を押し上げる優れた製品開発に注力しています。日本AMD株式会社は、AMDの日本法人です。AMDのさらなる詳細については、AMD(NASDAQ: AMD)のウェブサイトブログFacebookまたはツイッターをご覧ください。

報道関係者お問い合わせ先

エデルマン・ジャパン株式会社(AMD広報代理)

担当:須藤美典、安達沙織、榑松翔(くれまつ しょう)

TEL: 03-4360-9000

E-mail: AMD.Japan@edelman.com

日本AMD株式会社

広報担当:呉 允(くれ まこと)

TEL: 03-6365-5560

E-mail: Makoto.kure@amd.com


脚注