Frame Rate Target Control

GPUをクールで静かに保つ

フレームレートを制限することで電力を節約できるだけでなく、熱やノイズも抑えられ、GPUをクールで静かに保てます。

消費電力や効率に続いて、当社が AMD Radeon™ Fury X グラフィックカードに導入した新しい機能がフレームレート・ターゲット・コントロール (FRTC) です。この機能では、アプリケーションを全画面モードでプレイする際に、ユーザーが最大フレームレートを制限することができます。FRTC が GPU n電力消費を低減できるメリット (ディスプレイのリフレッシュレートより高いフレームレートで動作するゲームのプレイで大きな効果があります) があり、結果として、グラフィックカードでの熱の発生やファンの速度/ノイズも抑えることができます。

フレームレート・ターゲット・コントロールは、ゲームのシーンでの 3D レンダリングのパフォーマンスだけでなく、起動画面、ロード中画面やメニューでも効果があり、フレームレートが不要に数百 fps になることを防ぎます。

ユーザーは、メニューなどで見られる浪費的な fps を制限するために非常に高いキャップを設定したり、60 を越える fps によって与えられる応答性というメリットも得られます。

比較的「簡単」なコンテンツをパワフルなハードウェア (たとえばより高いエンドグラフィックボードに接続したモニター) でレンダリングする場合や、以前のタイトルや比較的軽いグラフィックス負荷のゲームをプレイするときなど、FRTC は特に役に立ちます。

FRTC on Radeon™ R9 Fury X

注意:フレームレート・ターゲットの変更は、必ずゲームの「外側」で行う必要があります。たとえば、ゲームを完全に完了させて、変更を行ってから、再度ゲームを起動します。

フレームレート・ターゲット・コントロールの現在の実装は、DirectX® 9、DirectX® 10 および DirectX® 11 のタイトルで動作し、30~200​ fps のレンジをターゲットとします。

以下の製品で利用可能: AMD Radeon™ R9 Fury X GPU、AMD Radeon™ R9 300 シリーズ、AMD Radeon™ R7 300 シリーズ、AMD Radeon™ R7 260 およびそれ以上の GPU

主なベンチマークシステム: AMD グラフィックドライバー 15.20-150621a-185621E-ATI、Windows® 10 64 ビット v10130、Intel Core i7 5960X (3.0GHz), GIGABYTE X99-UD4、Corsair Vengeance LPX (4x4GB) DDR4-2666、2TB Seagate Barracuda 7200 RPM、 Samsung U28D590D 3840x2160 ディスプレイ

脚注

免責条項

ここに記載されている情報は、情報提供だけを目的としており、通知なしで変更される可能性があります。この情報の準備であらゆる予防措置を講じていますが、技術的な不正確さ、除外、印刷上の間違いが含まれている可能性があり、AMD はこの情報の更新や訂正などの責任を負いません。 Advanced Micro Devices, Inc は、AMD のハードウェア、ソフトウェア、その他の製品説明の操作や使用に関して、このドキュメントの内容の正確性や完全性について、包含される非侵害、商品性、特定の目的に関する適合性を含めて、一切の表明も保証も行いません。 包含または禁反言の法理によって生じるものを含めて、一切の知的所有権への許諾は、この文書によって与えられません。 AMDの製品の購入または使用に適用される条件および期間は、当事者間での署名された契約に記載されるか、AMDの標準販売契約書にあります。

AMD、AMD の矢印のロゴ、Catalyst、Radeon およびこれらの組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc. の商標です。DirectX および Windows は、米国およびその他の法域における Microsoft Corporation の登録商標です。本発行で使用されているその他の製品名は、識別のために使用されたものであり、それぞれの所有者の商標です。​