仮想サーバー 現実的な結果

AMD Virtualization によりデータセンターの効率性を向上

現在、電力やコストを抑えて事業活動を実施することは、避けられない課題です。 こうした問題に取り組むお客様を支援するため、革新的な仮想化技術スイートを独自に開発し、すべての AMD Opteron™ プロセッサーに直接統合しました。

最高16コアを搭載した画期的アーキテクチャーを搭載した AMD Opteron プロセッサーは、サーバー1台で対応する仮想マシンの数が増えることで、統合性を向上するよう作られています。つまり、サーバーの購入コスト、運用費、消費電力の削減に加え、データセンターの省スペース化を実現します。

AMD Virtualization(AMD-V™)テクノロジーは、仮想化リソースを活用し、パフォーマンスを向上させるオンチップ機能のセットです。

x86 命令セットへの仮想化拡張機能

複数のオペレーティング・システムやアプリケーションが同一のコンピューターで同時に実行できるよう、ソフトウェアによる仮想マシンの効率的な作成を可能にします。

タグ付の TLB

仮想マシン間の効率的な切り替えを促進するハードウェア機能で、アプリケーションの応答性を向上させます。

Rapid Virtualization Indexing (RVI)

ハードウェアベースのVMメモリー管理を有効に設定し、仮想化アプリケーションのパフォーマンスを向上させます。​

AMD-V 拡張マイグレーション

仮想ソフトウェアによる仮想マシンのライブ移行を支援。あらゆる世代の AMD Opteron プロセッサー間で移行を行います。

I/O 仮想化

ハイパーバイザーを避けて、仮想マシンによるダイレクトなデバイスアクセスを実現。アプリケーション・パフォーマンスと仮想マシンの分離性を向上させることで、整合性とセキュリティーを高めます。​