AMDのSenseMIテクノロジーを採用

さらにコア性能が向上したAMD Ryzen™プロセッサー

"Zen"" Core Architecture

高性能、高効率の新基準

AMDの高性能x86コア、「Zen」アーキテクチャーは、消費電力はそのままに、前世代のAMDコアと比べてIPC(1クロックサイクルあたりの実行命令数)が52%以上向上しています。1

登録して最新の「Zen」コアのニュースと製品情報を入手。

配信を希望する

「Zen」のメイキング

非常に優れた演算効率

「Zen」コアは、2017年以降に登場する次世代の高性能AMDコンピューティング製品をリードする、まったく新しい「クリーン・シート」x86プロセッサー設計です。「Zen」は最新の高スループット発想と省エネ設計技術を組み合わせることで、バランスがよく汎用性の高いアーキテクチャーを実現。デスクトップ、ラップトップ、データセンター、スーパーコンピューター、いずれにおいても最適です。

次世代アプリケーション向けの性能と効率

クラウド・コンピューティングや企業の生産性、臨場感のある視覚体験、ゲームプレイ、データ・セキュリティにおいて新たな領域が広がり、最大の消費電力効率とさらなるコンピューティング性能が求められるようになります。こうしたニーズに高性能の実行エンジン、大容量のキャッシュ、そして優れたマルチスレッド機能で応えるべく、AMDのエンジニアが作り上げたのが新しい「Zen」コアなのです。

「Zen」マイクロアーキテクチャーについて

「Zen」コアは、最適なコンピューティング性能を実現するため、利用可能なマイクロアーキテクチャー・リソースを効率よく使用するよう設計。当社の従来型アーキテクチャーと比べ、3階層のキャッシュ・システムと新開発のプリフェッチ・アルゴリズムがキャッシュと実行エンジンのスループットを劇的に向上させます。

アーキテクチャーの特長

1つのコアに2つのスレッド(SMT)1

まったく新しいマイクロOPキャッシュ

最大20MBの統合キャッシュ

セキュリティを保証する2つのAESユニット

高精度の帯域ブースト

高効率のFinFETトランジスター

AMD AM4 Chipsets

AM4プラットフォーム搭載

新しいAMD AM4プラットフォームの特長は、その優れた互換性。1331ピンの新プロセッサー・ソケットは、第7世代のAMD、APU、AMD、Ryzen CPU、さらに今後発売される「Raven Ridge」APUと互換性があります。Socket AM4マザーボードを1つ買えば、どのAM4プロセッサーにでも使えるのです。USB 3.1 Gen 2、NVMe、PCI Express® 3.0など最新のI/O標準に対応しているため、必要に応じて拡張可能な高性能システムを簡単に構築できます。2

脚注
  1. 「Zen」アーキテクチャ対「Piledriver」アーキテクチャの世代別IPC向上は、固定3.4GHzでGCC 4.6 -O2でコンパイルされた推測SPECint_base2006スコアで+52%です。1) 「Zen」アーキテクチャ対「Excavator」アーキテクチャの世代別IPC向上は、Cinebench R15 1Tで測定して+64%、また固定3.4GHzでGCC 4.6 -O2でコンパイルされた推測SPECint_base2006スコアで+64%です。システム構成:AMDリファレンスマザーボード、AMD Radeon™ R9 290X GPU、8GB DDR4-2667(「Zen」)/8GB DDR3-2133(「Excavator」)/8GB DDR3-1866(「Piledriver」)、Ubuntu Linux 16.x( SPECint_base2006推測)およびWindows® 10 x64 RS1(Cinebench R15)。SPECint_base2006推測:「Zen」対「Piledriver」(31.5対 20.7 | +52%)、「Zen」対「Excavator」(31.5対19.2 | +64%)。Cinebench R15 1tスコア:「Zen」対「Piledriver」(139対 79(3.4G)| +76%)、「Zen」対「Excavator」(160対97.5(4.0G)| +64%)。GD-108
  2. すべてのAMD Ryzen™または「Raven Ridge」製品がSMTに対応しているわけではありません。