AMD Processors in cockpit display systems

飛行機

AMDの高性能な組み込み型Radeoグラフィックス・プロセッサーが、高度な操縦室ディスプレイ・システムに活用されています。

操縦室のディスプレイ・システムを設計する際、アビオニクス・エンジニアにとって、非常に現実的な認識、航空機の有効性、そして安全性を実現することが重要な目標となります。 飛行機の操縦において数多くの要因に直面するパイロットに、有用で読みやすいデータを提供することは、パイロットが成功裏に任務を遂行するためだけでなく、貨物や乗客の安全性を確保する上で非常に重要となります。

PFD(Primary Flight Display)、フォトリアリスティックな合成ビジョン、高度なビデオ監視、EFB(エレクトロニック・フライト・バッグ)、強化された2Dの移動マップ・アプリケーションなどに使用される操縦室ディスプレイに非常に拡張性の高い電力性能構成を提供できるAMDの高性能な組み込み型Radeo™ GPUとSoCは、ミッション・クリティカルな映像システムに最適なソリューションです。

 

*サードパーティのサイトに切り替わります。

プレスリリースを読む*