著作権侵害 – DMCA通知

デジタル・ミレニアム著作権法(DMCA) は、コンテンツをサイトに表示しているオンライン・サービス・プロバイダーが、著作権保有者またはその指定代理人から侵害の申し立て通知を受け取った際に当該コンテンツを迅速に削除した場合、著作権侵害の責任が免除されることを規定する米国の著作権法です。

AMDの掲載するコンテンツが米国著作権法に基づいてご自身の権利を侵害しているとお考えになる場合は、AMDおよびその指定代理人に郵送または電子メールで次のように苦情を申し立てることができます。

郵送:

Copyright Agent (DMCA)

AMD Law Department

7171 Southwest Parkway

M/S B100.4

Austin, TX, 78735

U.S.A.

電子メール:

DMCA@amd.com

著作権保有者が許可なく著作物が複製されていると考える場合は、次の情報をAMDに提供する必要があります。DMCA削除通知には、次の情報を記載する必要があります。

著作権保有者または指定代理人は以下を明記する必要があります。

  1. 電子署名または手書きの署名。
  2. 著作権侵害を申し立てる対象の著作物に関する説明。
  3. 著作権侵害を申し立てる対象の著作物が表示されているAMDウェブサイトの場所。
  4. 連絡先情報(氏名、住所、電話番号、電子メール・アドレス等)。
  5. 当該著作物の使用が、著作権保有者、その指定代理人、または法律によって許可されていないと誠実に信じている旨の表明。
  6. 偽証の罰則を認識した上で、通知に記載する情報が正確であり、通知の送付元が著作権保有者、または著作権保有者の代理としての権限を与えられた代理人であることの表明。

著作権保有者またはその指定代理人は、当該の著作権侵害に関連して偽りの陳述を行った場合、著作権侵害を申し立てた著作物の削除またはブロックによって生じる損害について、責任を負う場合があります。

著作権侵害の申し立てに対する異議申し立て通知

著作権侵害の通知を受け取った場合は、上記の住所または DMCA@amd.com を使用して、AMDの指定代理人に異議申し立て通知を送付することができます。当該の異議申し立て通知には、以下の情報を記載する必要があります。

  1. 手書きの署名または電子署名。
  2. 削除された、または無効にされた著作物と、削除された、または無効にされた場所。
  3. 偽証の罰則を認識した上で、当該の著作物が誤りまたは誤認によって削除された、または無効にされたと誠実に信じている旨の表明。
  4. 氏名、住所、電話番号、電子メール・アドレス。
  5. ご自身の所在地にある連邦地方裁判所の管轄に準拠している旨の表明。
  6. 告訴人から訴状の送達を受領したことの確認。

DMCAでは、有効な異議申し立て通知が受領された時点で、削除された、または無効にされた著作物を復元するか、再度有効するものと規定しています。米国著作権法では、著作権侵害の通知の異議申し立てとして虚偽の通知が送達された場合、相当の罰則が科せられることを規定しています。

注意:DMCA通知および異議申し立て通知は、著作権侵害の申し立てのみに使用されるものであり、他の法的申し立て(商標権の侵害、名誉棄損、プライバシー侵害、利用条件の違反など著作権に関連のない問題)に適切な方法ではありません。