AMDの資材調達部門は、すべての資材購入を担当し、その費用、品質、納期のバランスの最適化を任務としています。AMDは、最高水準の品質の提供に取り組む一方で、競争力の高い価格設定と革新的なソリューションの必要性を理解しているサプライヤーを評価しています。

戦略的調達

AMDは、プロジェクトの要件とサプライヤーの能力を適切にマッチングさせる戦略的な調達プロセスを文書化し、これに従って業務を行っています。また、このプロセスは、徹底的な事前分析を行うことでプロジェクトチームの全メンバーの長期的な成功確率を大幅に向上させます。

発注処理

サプライヤーは、AMDに商品やサービスを提供する前に有効な発注書番号を用意する必要があります。サプライヤーは該当の各発注書を確認し、その依頼通りに発注処理が行われない可能性がある場合はすみやかに調達センター(AskPCE@amd.com)にお問い合わせください。別途規定する場合を除き、サプライヤーが発注書の発行日から3営業日以内にAMDの調達担当に通知しない限り、サプライヤーが発注書を確認したものと見なされます。

請求書の要件

請求書および支払情報

  1. 発注書に記載されている支払期間は、以下の提出要件に基づいた正確な請求書をAMDが受領した日から開始するものとし、以下に直接記載された支払サイクルに従うものとします。
  2. AMDの支払サイクルは週単位となります。承認済みかつ支払期限を迎えた請求書はすべて蓄積され、次の週次支払サイクルで支払いが行われます。
  3. サプライヤーはAMDサプライヤーポータル(http://supplier.amd.com)を使用し、予定されている支払期日など請求書のステータスを確認することができます。このポータルへのアクセス権を持っていないサプライヤーは、調達センター(AskPCE@amd.com)にサポートを求めることができます。
  4. 請求書をAMDサプライヤーポータルで取得できない場合、サプライヤーは該当の請求書番号と発注書番号を添えてAMDの買掛金担当(amd.ap@amd.com)に請求することができるものとします。

請求書の提出方法

請求書の提出方法は、以下のように発注書に記載されたAMDの請求先の国によって異なります。指定された方法に従って請求書を提出しなかった場合、請求書の処理が遅れる可能性があります。

AMDの請求先の国: 請求書の提出方法:
米国およびカナダ AP.AMERICAS@amd.com までEメールで送信してください
​オーストラリア、マレーシア、およびシンガポール AP.APAC@amd.com までEメールで送信してください
日本およびイスラエル ハードコピーまたはソフトコピーをAMDの担当者に提出してください
中国、ドバイ、欧州、香港、インド、韓国、メキシコ、台湾、およびタイ 請求書原本のハードコピーをAMDの担当者に提出してください

請求書の提出と処理要件

AMDが確実に請求書を効率的、正確かつ適時に処理できるようにするため、すべての請求書を処理するための標準的な手順があります。すべての請求書は、下記のガイドラインと要件に準拠する必要があります。これらの要件に従わない場合、請求書の処理や支払い処理が遅れる可能性があります。

  1. サプライヤーは、発注処理に対するすべての受注ならびに出荷の追跡の責任を負います。発注書の85%が消費された際に、調達センター(Ask.PCE@AMD.com)に通知してください。
  2. 不正確な請求書は却下されます。支払いの前に、正確な請求書を再度送信する必要があります。
  3. AMDは手書きの請求書を受理しません。
  4. 請求書は判読可能で編集不可能な形式(PDFやTIFFなど)でなければなりません。
  5. 各請求書には、次の情報を記載する必要があります。
    1. ​​有効かつ固有の請求書番号。請求書番号は再度利用できません。
    2. 請求書の日付。請求書の作成日を未来の日付にすることはできません。期限切れの請求書は却下されます。
    3. AMDの請求先法人の名称と住所は、該当する発注書に記載されている通りでなければなりません。
    4. サプライヤーの名称と住所。
    5. 有効な発注書番号(51、52、54、56、71などで始まる10桁の番号)。発注書番号が提供されていない場合は、請求書を提出する前にAMDの担当者に連絡してください。
    6. シンガポールとマレーシアにおいては、現地通貨以外で請求されるすべての請求書でGST計算に使用する交換レートを指定し、現地通貨での金額(税別、税額、税込)を別途表記してください。
  6. ​請求書に記載する銀行口座情報や送金先住所は、AMDに提供された情報と一致していなければなりません。銀行口座情報や送金先住所の確認または変更が必要な場合は調達センター(AskPCE@amd.com)までお問い合わせください。
  7. 請求書には複数の発注書番号を記載してはなりません。各請求書は1つの発注書にのみ関連していなければなりません。
  8. 請求書の単価・金額および通貨は、該当する発注書上の対応する情報に一致していなければなりません。/li>
  9. 請求書には、該当する発注書に記載されている通りに商品やサービス、およびその他の該当する料金、またはそのすべての詳細な説明を記載する必要があります。
  10. 請求書の各項目に対応する発注書の明細項目の番号を記載してください。
  11. AMDの調達担当から書面による変更指示がない限り、請求書の金額は発注書に記載された金額を超えてはなりません。
  12. サプライヤーは未回収残高などの発注書の内容を監視し、請求書を発行する前にすべての問題を解決する必要があります。
  13. 課税が行われる場合は、以下の情報を記載してください。
    1. 納税者登録番号(必要な国の場合)。
    2. 税率および請求書に別途記載されている税額。
  14. ​請求書の修正を目的とした税に関する請求書への異議申し立て(実施済みのサービスまたは出荷済みの商品に対する税額の不一致など)は一切認められません。
  15. サプライヤーは(前払いの場合を除いて)商品配送またはサービス提供より前の時点で請求書を送付してはなりません。
  16. 配送処理は該当の発注書で指定されたインコタームズに準拠して実施する必要があります。指定のインコタームズに準拠していない配送料が支払われることはありません。配送料に関して質問がある場合は調達センター(AskPCE@amd.com)までお問い合わせください。

自動請求に関するガイドライン

「この発注書には自動請求が設定されています」と発注書に記載がある場合は、請求書を提出しないでください。提出された請求書はすべてサプライヤーに返送されます。支払いは、発注書の支払条件に従って自動的に処理されます。

クレジットメモの修正に関するガイドライン

すべてのクレジット修正には、該当する発注書番号と関連する請求書番号を記載する必要があります。クレジットは請求金額とは別個にクレジットメモとして提出する必要があり、直ちにAMDに提出する必要があります。

却下された請求書と修正された請求書

  1. AMDは、上記の請求書の提出要件に準拠していない請求書を却下します。AMDは、却下理由と請求書の再提出に必要な措置をそえて却下済みの請求書をサプライヤーに返送します。
  2. 請求書が却下された場合、その請求書がAMDのシステムで処理されることはありません。そのため、却下された請求書を相殺する目的でのクレジットメモの送信はご遠慮ください。却下済みの請求書を相殺する目的でクレジットメモが送信された場合、クレジットメモも同様に却下されます。
  3. 請求書の却下に関する通知を受け取った場合は、AMDの担当者と協力してすべての齟齬を解消し、上記の要件に準拠した修正済みの請求書を提出してください。
  4. 請求書の支払期日は却下された請求書を受け取った日ではなく、修正された正確な請求書をAMDが受理した日付から起算されます。

現在のサプライヤー情報

サプライヤーは、発注書に記載された自身の会社名、住所および連絡先情報が正しいことを保証する責任を負います。サプライヤーは年に一回または自社のサプライヤー情報に変更があった場合に、調達センター(AskPCE@amd.com)に問い合わせて現在のサプライヤー情報を取得し、確認してください。情報を更新する必要がある場合は、調達センターがサポートを提供できます。

調達センター

AMDの調達センターは次の役割を担います。

  • サプライヤーへの発注書の発行
  • 発注書に関するサプライヤーからの質問への回答
  • AMDのシステムにおけるサプライヤー情報の更新

調達センターの連絡先:AskPCE@amd.com

脚注

このページの記載内容とサプライヤーおよびAMD法人間の契約書の条項または発注書の条項との間に矛盾や不整合がある場合は、該当の契約書または発注書またはその両方の条項が優先されるものとします。