圧倒的な性能。 疑う余地のない優位性。 新製品のAMD Ryzen™ Threadripper™プロセッサーは、無限の可能性を持つハイエンド・デスクトップ・プラットフォーム向けCPUの決定版です。 最大16基、32スレッドを搭載して驚異的なスピードで動画を編集、レンダリング、エンコーディングします。複数の仮想マシンをホスティングしながら、ゲーミング体験を簡単にライブ配信、記録できます。

Threadripperは、応答性を維持しながらあらゆるタスクを同時に実行したいユーザーに最適です。

​かつてない速度で稼働

最大16基、32スレッド、40MBキャッシュ搭載のRyzen Threadripperは、コンシューマー向けデスクトップでは史上最速のマルチスレッド・プロセッサーです1。 ワークフローの改善とスピードアップを目指すユーザーの要望に、AMDは自信の最速性能で応えます。

ビデオクリエーターやコンピューターを利用するデザイナーには、タスクのレンダリング、コンパイリングそしてエンコーディングで驚異の性能を実感して頂きます。 ビデオのレンダリング終了待ちは過去のことです。Threadripperは、圧倒的なパワーでいかなる困難なワークロードにも対応します。

より多くのタスクを、より速く処理。

​ビデオエディター向けギフト

超高速クアッド・チャンネルDDR4メモリー対応と、 64レーンのPCI Express® Gen3の接続性で、クリエーターは制約の多いシステムとはお別れです。 複数のPCI Express NVME SSDおよびSATAストレージ・デバイスのサポートにより、超高解像度コンテンツ作成を容易に処理します。

Ryzen Threadripperは、コア、スレッド、高帯域幅システム・メモリーで最新のビデオレンダリング・アプリケーションを起動します。 Radeon™ Vega Frontier EditionやRadeon™ Pro WXシリーズなどの複数のプロ仕様グラフィックス・アクセラレーターを追加、究極のワークステーション処理パワーハウスを構成します。

​ゲーム・ストリーマー向けギフト

現在、TwitchやYouTube Gamingといったプラットフォームにゲームプレイをストリームするゲーマーが、かつてないほど増えています。 強力なゲーム体験とシームレスなストリーミングには、問題なくゲームプレイとストリーミングを同時に実行する性能と能力をもつCPUが必要です。

Ryzen Threadripperは、ゲーマーの望みどおりにパワーを発揮します。 高性能DDR4メモリーや後日発売のAMD Radeon™ RX VegaグラフィックスをThreadripperと組み合わせれば、かつてない驚異のパワフル・ゲーミングシステムが誕生します。

​愛好家の夢

オーバークロッキング機能はハイエンド・デスクトップ購入者の最大関心事であり、熱心なゲーマーを落胆させてはなりません。AMDの新旗艦製品CPUではどのプロセッサーもマルチプライヤー・アンロックで性能を最大化、システムを限界まで追い込み最高の状態を維持します2

​Ryzen Threadripperが適応する場所は?

AMD Ryzen™ プロセッサーはあらゆるタイプのユーザーに対応、Ryzen Threadripperがスタックを完結します。  Ryzen Threadripperは、コア、スレッド、I/Oに対する飽くなき市場の要求をに応え、最強のデスクトップPCをお届けします。 

Threadripperは、タスクやゲーム関連機能を劇的に高めるパワーを発揮、性能重視のユーザーのニーズに応えます。 疑う余地のないマルチ処理優位性と複数ワークロードを同時に完了する能力を発揮、最強の性能を求めるユーザーに応えます。

AMDは、今後も限界を乗り越え、テクノロジーを駆使するユーザーの可能性を追求します。Threadripperは、こうした追求における次のステップです。 市場を定義する価格設定や、より多くのタスクを高速に実行する1性能など、ユーザーがエキサイトする機能を数多く備えています。 Ryzen Threadripperのパワーと可能性を導入するユーザーを支援します。

脚注
  1. Ryzen Threadripperテストは、2017年4月28日、AMDパフォーマンスラボにより、AMD Ryzen Threadripperのエンジニアリングサンプルで実施されました。  Cinebench R15 NTは、マルチスレッドCPU性能のシミュレーションに使用されます。AMD Ryzen™ Threadripperのエンジニアリング・サンプルのスコアは3033、Intel Core i9-7900X Extreme (Intelのコンシューマー向け最速デスクトップ・プロセッサー) は2180です。ベンチマークスコアの比較において、AMD Ryzen Threadripperは3033/2180 = 1.39×または 39%上回っています。 AMD Ryzen™ Threadripperのエンジニアリングサンプルのスコアは3033、AMD Ryzen 7 1800X (AMDのThreadripperの前世代最速コンシューマー・デスクトップ・プロセッサー) は1601です。ベンチマークスコアの比較において、AMD Ryzen Threadripperは3033/1601 = 1.89×または 89%上回っています。 PCメーカーの構成によって、結果が異なる可能性があります。 結果は推定値です。 性能は、最新のドライバーの使用、最終的なプロセッサーの構成によって異なる可能性があります。 AMD Ryzen™ Threadripper: Whitehaven マザーボード、Ryzen™ Threadripper エンジニアリングサンプル・プロセッサー (16基/32スレッド)、Radeon RX480 8GB グラフィックス・アダプター搭載、 64GB (4 x 16GB) DDR4-2667 RAM、 Windows 10オペレーティングシステム、グラフィックス・ドライバー 16.5 :: 2017年4月28日実施。 Core i9-7900XテストとデータはPCWorldが提供 、Cinebench R15 NTについては http://www.pcworld.com/article/3201187/computers/intel-core-i9-review.html?page=2 における第三者の見解を示しています。 これらの第三者結果は、AMDにより検証されたものではありません。AMDは、第三者情報を更新する義務を負わず、第三者コンテンツを信頼した結果により生じた損害の責任を負いません。 RZN-46
  2. AMD製品は、AMD ハードウェアでオーバークロックが可能な場合でも、オーバークロックしたことが原因となる損傷については保証しません。​​