AMDは商業用にも家庭用にも、堅固なAM4プラットフォームやシステムを完成するためのプロセッサーやグラフィックスのホストを備えた、多岐にわたるハードウェアのセレクションをお届けしています。 しかし、AMDの仕事は優れたハードウェアの提供にとどまりません。 

完全なエンドユーザー向けソリューションを提供するには、エンターテイメント用であれビジネスのニーズに応えるものであれ、付随ソフトウェアにおいてもパワー、選択肢そしてフレキシビリティーをご用意すべきとAMDは考えております。 AMDが遂行するすべての中心に革新があり、AMDシステムにおけるソフトウェアは、物理的な製品の姿のなかで、この精神を反映しています。 

AMDソフトウェア陰からハードウェアの陽へ 

AMDは過去18か月から24か月にわたり消費者向けソフトウェア製品の強化と改革に専心、ゲーマーやクリエイターに向け多くのツールを提供するRadeon Software Crimson ReLive版を開発しました。 

Radeon ReLive ならば、 例えばユーザーはハードウェアのパフォーマンスへの影響を最低限に抑えつつ高品質の動画、スクリーンショット、ライブストリームを保存することができます。 Instant Replaysは、ゲーマーが直近20分のゲームプレーを、録画せずに保存することを可能にします。こうした革新は、AMDが消費者の要求に応えて開発したものです。 

AMD は 、ダイナミック省電力機能Radeon Chill、グラフィックス設定やオーバークロックを簡単にコントロールできる画期的電力管理  Radeon WattMan、またいかなるフレーム率でもティアリングがないロー・レイテンシーなゲームプレーを実現する Radeon Enhanced Syncといった消費者目線のさまざまなソフトウェアを開発してきました  

ゲーム市場は、コンテント・クリエイターやゲーマーを取り込みながら売上とオーディエンス規模の両面で成長を続けています。 このオーディエンスは、自身のニーズを満たす高性能テクノロジーへの要求をますます高めています。 結果、AMDは上述の関連技術の開発を選択、ユーザーにパワーと自由をお届けしてきました。 ゆえに、AMDパートナーは最大限の自信をもって製品を提供できるのです。 

AMDのソフトウェアは、ADMエンジニアが創造したハードウェア・テクノロジーを向上させます。Radeon FreeSync 21 は、ハードウェアとソフトウェアを止揚して素晴らしい、心躍るパッケージにするというAMDのビジョンの最良事例といえます。 

FreeSync: ハードウェアとソフトウェアのパーフェクトな融合 

FreeSyncはGPUのレンダリング率とモニターのリフレッシュ率を同期するテクノロジーです。 このテクノロジーは、とりわけゲームのフレーム率が場面ごとに異なる際に威力を発揮します。 非適応パネルでは、フレーム率 の変化がちらつき、ティアリング、遅延につながり、ゲームに没頭する妨げとなってしまいます。. しかし、Radeon™ FreeSync テクノロジーにより、ゲーマーはこうしたあり勝ちな妨げを避け、システムが実現するベストな状況でスムーズな没入感のあるゲーム体験を楽しむことができるのです。 

FreeSync 2 は、このお客様の自由と楽しみの基礎に立脚し、ロー・レイテンシーにおけるHDRレンダリングへの支援や、必須サポートである低フレーム率補正(LFC)を提供しています。 FreeSyncテクノロジーは業界のスタンダードに基づいているため、モニターベンダーはこれを実行するのに余分な費用を掛ける必要がありません。  AMD は、ユーザーの利益のために、優れたテクノロジーやソフトウェアは共有されるべきだと考えています。 2nd Generation GCN およびそれ以上のGPUsが FreeSyncに対応可能なのはそのためです。 
FreeSync は市場に強固に存在しており、その重要性は拡大を続け、高解像度やティアリングのない画面の分野で、消費者に対し彼らの好みに合った様々なオプションを提供しています。 AMDは、あなたと共にこのテクノロジーを構築し世界規模でお客様に提供することを楽しみにしております。 

AMDのソフトウェアにより、今後お客様はどこへ向かうのか? 

AMDは優れたソフトウェアにサポートされた刺激的な新しいテクノロジーと共に業界を継続して前進させていくよう努めます。 AMDの新しいグラフィックス・カード Radeon™ RX Vegaこそ、この共生の優れた事例です。 “Vega” アーキテクチャーは HBM2の形態においてパワフルなグラフィックス・ テクノロジー を新たに実現します。  FreeSync 2、Enhanced Sync 、WattManおよびVegaなどのテクノロジーの組み合わせは最高に滑らかなフレーム率、高解像度、ティアリングの無いユーザー待望のゲーム体験を実現、ゲームデベロッパー、コンテント・クリエイター、ゲーマーの創造性を解き放ちます。 

AMDのビジョンは、先進ハードウェアとソフトウェアの未来を見据えています。未来の技術がパワフルな世界を実現し、楽しい時間を過ごすための商業的PCシステム開発を促進します。 
 

解説画像をダウンロード

脚注
  1. FreeSync 2にはHDR対応モニターは不要です。ドライバーにより、FreeSync 2対応HDRコンテンツ検出時にネイティブモードでモニターが設定されます。 または、HDRコンテンツのシステムは、グラフィックス・カード、グラフィックスドライバーおよびアプリケーションを含むHDR完全対応コンテンツのチェーンで構成する必要があります。 ビデオコンテンツはHDRに変換し、HDR対応プレーヤーで表示する必要があります。 ウィンドウモードのコンテンツには、オペレーティングシステムのサポートが必要です。 GD-105