​-優れた柔軟性を特長とするロープロファイル対応グラフィックスカード-​

​AMD(米国本社:米カリフォルニア州サニーベール、社長兼CEO:リサ・スー)は、本日、Autodesk University 2015において、最高のCAD(コンピューター支援設計)能力を備えた、スモールフォームファクター(SFF)とタワー型ワークステーションに適したプロフェッショナル・グラフィックスカード「AMD FirePro™ W4300」を発表しました1。「AMD FirePro W4300」は、ロープロファイル設計の中にパワフルなGPUと4 GBのGDDR5メモリーが収められており、スモールフォームファクターからフルサイズまでさまざまなシステムに導入することができます。すべてのワークステーションを高い性能を持つ単一のプロフェッショナル・グラフィックスソリューションで統一することにより、組織のIT管理を簡易化することができます。

「AMD FirePro W4300」は、Autodesk® AutoCAD、Inventor、およびRevit®、ダッソー・システムズ社のSOLIDWORKS®およびCATIA®、さらにはPTC Creo®やシーメンス社のNX™など、最新のCADアプリケーションに最適化されています。エンジニアリングのプロフェッショナルは、大量のジオメトリーデータを扱うモデルを利用して効率良く作業を進めたり、各自のプロジェクトにおいて、例えばSOLIDWORKS がサポートする新しい順不同の半透明ピクセルを描画するOrder Independent Transparency(OIT)モードなど、GPUにより加速される機能を活用することができます。ユーザーは最大6台のディスプレイ2を用いて最高4Kから5Kの解像度でワークフローを表示でき、生産性を高められます。

AMDのRadeon Technologies Group でコーポレート・バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーを務めるショーン・バーク(Sean Burke)は、次のように述べています。「『AMD FirePro W4300』はCAD専用に設計されています。CADユーザーは『AMD FirePro』グラフィックスカードにより、各自のアプリケーション機能を最大限活用して、各自の設計を表示することができるようになります。さらに、エネルギー効率の高い最新のスモールフォームファクター・ワークステーションを利用しながら、妥協することなく、こうした作業を続けることが可能となります」

利用効率を最適化し、パフォーマンスを最大化する、AMDグラフィックス・コア・ネクスト(Graphics Core Next:GCN)アーキテクチャーを基盤とした「AMD FirePro W4300」は、以下のような特長を備えています。

  • 大型プロジェクト向けの4GB GDDR5メモリーがワークフロー・アプリケーションの応答性を向上させます。
  • AMD Eyefinityマルチディプレイ・テクノロジー2により、最大6台の超高解像度ディスプレイを使用することができ、ユーザーは複数のアプリケーションとディスプレイを使って容易にマルチタスクを実現することができます。
  • 4個のDisplayPort 1.2aコネクション標準(MSTが利用可能なハブ経由で最大6台のDisplayPortモニターをサポート)。さらにAMD FreeSync™テクノロジー3により、ディスプレイのリフレッシュレートをGPUでコントロールし、ティアリングを発生させずにディスプレイを更新します。これは、メディアやエンターテインメント向けのアプリケーションおよびワークフローにとって不可欠です。
  • OpenCL™ 2.0をサポートし、デベロッパーにGPU本来の力を発揮する多彩な新機能を提供します。
  • 独自の電力モニタリングおよび管理テクノロジーと50Wの最大消費電力をロープロファイル対応のフォームファクター内に備えています。AMD PowerTuneテクノロジー4はGPUの電力使用量を大幅に最適化し、AMD ZeroCore Powerテクノロジー4はアイドル時の消費電力を大幅に低減します。
  • パフォーマンスと信頼性向上においては、もっとも普及している設計、エンジニアリング、メディア、エンターテインメント向けの広範な種類の100件以上のアプリケーションで認証されています。「AMD FirePro™」のドライバーは毎年数回リリースされており、パフォーマンスと機能が改善されています。

「AMD FirePro W4300」は現在製造段階にあります。発売日については各地域のディストリビューターにお問い合わせください。主要なワークステーションOEMからの販売は2016年を予定しています。

AMDは、2015年12月1日から3日まで、米国ネバダ州ラスベガスで開催されているAutodesk University 2015の426番ブースにて、「AMD FirePro」の製品を展示しています。

参考情報(英語)

 

AMDについて

AMDは、ゲームや没入型プラットフォーム、データセンターに欠かせない要素である、ハイパフォーマンス・コンピューティング、グラフィックスと視覚化技術において45年にわたり革新をもたらしてきました。世界中の何億人もの消費者、フォーチュン500企業、最先端の科学研究施設が、日常の生活、仕事、遊びを向上させるために、AMDのテクノロジーに頼っています。世界中のAMD社員は可能性の限界を押し上げる優れた製品開発に注力しています。日本AMD株式会社は、AMDの日本法人です。AMDのさらなる詳細については、AMD(NASDAQ: AMD)のウェブサイトブログFacebookまたはツイッターをご覧ください。

報道関係者お問い合わせ先

エデルマン・ジャパン株式会社(AMD広報代理)

担当:岡田 吉功、安達 沙織

TEL: 03-4360-9000

E-mail: AMD.Japan@edelman.com

日本AMD株式会社

広報担当:呉 允(くれ まこと)

TEL: 03-6365-5560

E-mail: Makoto.kure@amd.com

脚注
  1. Based on AMD internal testing as of October 12, 2015 using SPECviewperf 12.0.1 to measure visual performance and create the geometric average results of the following four CAD tests: catia-04, creo-01, sn-02 and sw-03. AMD FirePro W4300 scored 47.23 vs. Quadro K1200 which scored 38.99. Test system: Intel E5-1650 v3 3.50GHz, 16GB RAM, Win7 64-bit SP1, AMD 15.201 beta23, Nvidia 354.13. Individual scores for AMD FirePro W4300: catia-04 = 38.79, creo-01 = 43.31, snx-02 = 45.65, sw-03 = 64.86. Individual scores for Quadro K1200: catia-04 = 35.07, creo-01 = 32.77, snx-02 = 29, sw-03 = 69.35 FP-183
  2. AMD Eyefinity technology supports up to six DisplayPort™ monitors on an enabled graphics card. Supported display quantity, type and resolution vary by model and board design; confirm specifications with manufacturer before purchase. To enable more than two displays, or multiple displays from a single output, additional hardware such as DisplayPort-ready monitors or DisplayPort 1.2 MST-enabled hubs may be required.  A maximum of two active adapters is recommended for consumer systems. See www.amd.com/eyefinityfaq for full details.
  3. FreeSync is an AMD technology designed to reduce or eliminate screen tears in games and videos by allowing the monitor's refresh rate to be controlled by and synchronized to the graphics card.  Requires DisplayPort 1.2a compliant monitors that support DisplayPort Adaptive-Sync.
  4. AMD PowerTune and AMD ZeroCore Power are technologies offered by certain AMD FirePro™ products, which are designed to intelligently manage GPU power consumption in response to certain GPU load conditions. Not all products feature all technologies – check with your component or system manufacturer for specific model capabilities.

Cautionary Statement

This press release contains forward-looking statements concerning Advanced Micro Devices, Inc. ("AMD"), including the features, functionality and availability of the AMD FirePro W4300; which are made pursuant to the safe harbor provisions of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking statements are commonly identified by words such as "would," "may," "expects," "believes," "plans," "intends," "projects," and other terms with similar meaning. Investors are cautioned that the forward-looking statements in this press release are based on current beliefs, assumptions and expectations, speak only as of the date of this document and involve risks and uncertainties that could cause actual results to differ materially from current expectations. Risks include, without limitation the following: that Intel Corporation's dominance of the microprocessor market and its aggressive business practices may limit AMD's ability to compete effectively; that AMD relies on GlobalFoundries Inc. (GF) to manufacture most of its microprocessor and APU products and certain of its GPU and semi-custom products. If GF is not able to satisfy AMD's manufacturing requirements, AMD's business could be adversely impacted; that AMD relies on third parties to manufacture its products, and if they are unable to do so on a timely basis in sufficient quantities and using competitive technologies, AMD's business could be materially adversely affected; failure to achieve expected manufacturing yields for AMD's products could negatively impact its financial results; the success of its business is dependent upon its ability to introduce products on a timely basis with features and performance levels that provide value to its customers while supporting and coinciding with significant industry transitions; if AMD cannot generate sufficient revenue and operating cash flow or obtain external financing, it may face a cash shortfall and be unable to make all of its planned investments in research and development or other strategic investments; the loss of a significant customer may have a material adverse effect on AMD; global economic uncertainty may adversely impact AMD's business and operating results; the completion and impact of the 2015 restructuring plan, its transformation initiatives  and further restructuring actions could adversely affect AMD;; AMD may not be able to generate sufficient cash to service its debt obligations or meet its working capital requirements; AMD has a substantial amount of indebtedness which could adversely affect its financial position and prevent it from implementing its strategy or fulfilling its contractual obligations; the agreements governing AMD's notes and its amended and restated senior secured asset based line of credit for a principal amount up to $500 million impose restrictions on AMD that may adversely affect AMD's ability to operate its business; the markets in which AMD's products are sold are highly competitive. Investors are urged to review in detail the risks and uncertainties in AMD's Securities and Exchange Commission filings, including but not limited to AMD's Quarterly Report on Form 10-Q for the quarter ended September 26, 2015.

​AMD、AMD Arrowロゴ、FirePro、またそれらのコンビネーションはAdvanced Micro Devices、Inc.の商標です。OpenCLおよびOpenCLロゴは、Khronosの許諾のもとApple Inc.が使用する商標です。 他の名称は情報提供の目的のみに使用され、それぞれの所有者に帰属します。