—大容量データセットの演算をサポートする優れたオンボードメモリーを提供—​

AMD(米国本社:米カリフォルニア州サニーベール、社長兼CEO:リサ・スー)は、世界初で最高速の32 GBシングル・サーバーGPU「AMD FirePro™ S9170」を発表しました。このサーバーGPUは、OpenCL™ 2.0に対応しており、DGEMMの作業負荷の高い倍精度ワークロード1向けに開発されました。このAMD FirePro™サーバーGPUファミリーに加わった新製品は、第二世代のAMD GCN(グラフィックス・コア・ネクスト)GPUアーキテクチャーをベースにしており、最大5.24 TFLOPSのピーク単精度の演算パフォーマンスを提供するほか、高スループットの倍精度パフォーマンスを実現することにより、最大2.62 TFLOPSのピーク倍精度パフォーマンスを提供します。

「AMD FirePro S9170」は、演算負荷の高いワークフローを考慮に入れて設計されており、学術機関や政府機関、石油・ガス業界、あるいは深層ニューラル・ネットワークの演算クラスター開発におけるさまざまなクラスターを監視するデータセンター・マネージャーに最適な製品です。

AMDプロフェッショナル・グラフィックス・グループのコーポレート・バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーを務めるショーン・バーク(Sean Burke)は、次のように述べています。「当社は、2014年11月のGreen500(グリーン500)でトップランクを獲得したグラフィックス・プロバイダーであり、HPC(ハイパフォーマンス・コンピューティング)業界のイノベーターとして認識されています。高性能演算環境向けの一連のAMDサーバー・グラフィックス製品を補完する『AMD FirePro S9170』が発表されたことにより、演算に最も適したGPUの性能がさらに向上しました。『AMD FirePro S9170』は業界トップクラスの32 GBメモリーを誇り、科学計算やデータ分析、あるいは地震探査処理における複雑なワークロードを加速化することが可能です。当社はスーパーコンピューター向けの新製品を設計することにより、優れた演算パフォーマンスを実現するとともに、利用可能な電力量の最大化に貢献しています。」

ブリストル大学のマイクロエレトロニクス研究グループで責任者を務めるサイモン・マッキントッシュ・スミス(Simon McIntosh-Smith)氏は、次のように述べています。「HPCのワークロードは、デバイス上に常駐させるためにできるだけ多くのデータを必要とする場合があります。『AMD FirePro S9170』で利用可能な32 GBのメモリーは、単一のGPUとしては最大であり、以前は不可能だった科学計算の加速を可能にします。一例として、米ロスアラモス国立研究所のSNAP(Symbolic Nuclear Analysis Package)移行コードにおける当研究所の新しいOpenCLバージョンでは、デバイス上に常駐されたデータをできるだけ多く留めておく必要がありますが、この32 GBのメモリーにより、これまで以上に速く、より興味深い大容量の問題を実行することが可能になります。『AMD FirePro S9170』は、大容量メモリーに320 GB/sのメモリー帯域幅と倍精度浮動小数点パフォーマンスを組み合わせたことにより、多くのHPCアプリケーションに最適な優れたソリューションとなっています。」

『AMD FirePro S9170』は以下のような特長を備え、優れたGPU演算パフォーマンスと電力効率を提供します。

  • 最大2.62 TFLOPSのピーク倍精度パフォーマンスを備えた、DGEMMの作業負荷の高いワークロードで利用可能な最速の単一GPUサーバーカードであり、競合ソリューションと比較しパフォーマンスは最大40%優れています。
  • 競合製品よりも10%少ない電力使用量で、40%すぐれた倍精度パフォーマンスをサポートします2
  • 32 GBの超高速GDDR5オンボードメモリーを備えた業界初のサーバーGPUであり、320 GB/sのメモリー帯域幅向けの512ビットメモリー・インターフェースを備えています。
  • 32GBのGDDR5メモリーを搭載するためメモリー負荷の高いアプリケーションを加速化することができ、より膨大かつ複雑な演算ワークロードを容易に処理することができます。
  • 競合するGPUと比較して33%多いメモリーを搭載しており、とりわけ大容量のデータでの作業における全般的な作業スピードとシステム応答性の向上に寄与します3

SILKANのCEO兼会長であるFrançois Guérinea氏は、次のように述べています。「設計の最適化、検証実施、シミュレーション、複雑なシステムの保守を支援する当社の先進的な高性能ソリューションの開発と統合の経験を通して、『AMD FirePro S9170』が市場で最も強力なサーバーGPUであることを断言できます。メモリー容量が特に大きな差別化要因であり、当社も、クライアントの主要プロジェクト向けに32GBメモリーを搭載する『AMD FirePro S9170』が必要となるため、今回の選択にいたりました。」

GIGABYTEのネットワークおよび通信部門プロダクト・マーケティング担当エグゼクティブであるAlex Liu氏は、次のように述べています。「新しい『AMD FirePro S9170』と当社の2U 8GPUシステムであるG250シリーズを組み合わせることで、最大256GBのGPUメモリーを備えたHPCサーバーの提供が可能になります。こうした前例のない密度のGDDR5メモリーは、当社のお客様が大規模なデータセットを処理する業界に対して魅力的なマシンを提供するうえで有用でしょう。」

ASUSのサーバー・ビジネスユニットのジェネラルマネージャーであるRobert Chin氏は、次のように述べています。「2014年11月に発表されたGreen500リストに選出されたソリューションである『AMD FirePro™ S9150』を補完するべく、『AMD FirePro S9170』が発表されたことを喜ばしく思います。当社は、お客様がHPC分野で素晴らしい結果を得られるだけでなく、より環境に配慮した電力効率も達成できるようになると考えています。『AMD FirePro S9170』の登場は、HPC市場セグメントにおける新たな節目となります。Green500リストのトッププロバイダーとして、また最も環境にやさしいHPCビルディング・ブロックのプロバイダーの一社として、総所有コストの大幅な削減と優れたパフォーマンスを実現するために、『AMD FirePro S9170』を当社の最上位製品群であるASUS ESCへ搭載することを非常に嬉しく思います。」

Geomechanica Inc.の共同創設者兼ディレクターであるOmid Mahahadi氏は、次のように述べています。「当社は、AMD GPUヘテロジニアス・コンピューティング・プラットフォームおよびOpenCLをベースにした完全並列型計算ツールの開発を手がけてきました。このツールは、巨大な鉱山に油田とガス田を加えた複雑な物理特性を、高い信頼性をもって迅速かつ正確に捉えます。新しいカードの32GBという優れたメモリーのおかげで、何千万ものデータ要素を含む膨大なデータ構造の計算を実行できることを期待しています。迅速な倍精度のオペレーションと大容量メモリーとの組み合わせにより、正確で、きめ細かく信頼性の高い計算が可能になります。CPUで同様の性能を実現しようとすれば、より多額の設備投資と保守費用がかかるでしょう。今後、当社のソフトウエア性能をより強化するためにオープンAPIであるOpenCL 2.0の最新機能を活用する予定です。」

「AMD FirePro™ S9170」は、HPC開発における将来的なニーズを満たすためにOpenCL™の最新版をサポートし、2015年第3四半期に提供開始が予定されているデベロッパーツールであるOpenMPおよびOpenACCへの対応準備も進めます。

参考情報(英語)

·         AMD FireProプロフェッショナル・グラフィックスに関する詳細

 

AMDについて

AMD (NASDAQ: AMD)は、サラウンド・コンピューティング時代を実現するPC、タブレット、ゲーム機、クラウド・サーバーなど、数多くのインテリジェント・デバイスを強化するテクノロジーの設計と統合に取り組んでいます。AMDのソリューションは、あらゆる人々のデバイスとアプリケーションを最大限に活かし、より大きな可能性を実現することをサポートしています。日本AMD株式会社は、AMDの日本法人です。詳細については、http://www.amd.com (英語)またはhttp://www.amd.com/jp (日本語)をご覧ください。

報道関係者お問い合わせ先

エデルマン・ジャパン株式会社(AMD広報代理)

担当:岡田 吉功、安達 沙織、中田 清光

TEL: 03-4360-9000

E-mail: AMD.Japan@edelman.com

日本AMD株式会社

広報担当:呉 允(くれ まこと)

TEL: 03-6365-5560

E-mail: Makoto.kure@amd.com​​

脚注

AMD、AMD Arrowロゴ、FireProはAdvanced Micro Devices、Inc.の商標です。OpenCLは、Khronosの許諾のもとApple Inc.が使用する商標です。

1.     AMD FirePro™ S9170 delivers up to 2.62 TFLOPS peak double precision floating point performance. Nvidia's highest performing single-GPU server card in the market as of May 2015 is the Tesla K40 with up to 1.43 TFLOPS peak double precision performance. Nvidia's highest performing dual-GPU server card in the market as of May 2015 is the Tesla K80, with up to 1.87 TFLOPS of peak double precision performance. Visit http://www.nvidia.com/object/tesla-servers.html for Nvidia product specs.  FP-132

2.     AMD FirePro™ S9170 max power is 275W and delivers up to 2.62 TFLOPS peak double precision floating point performance. Nvidia's highest performing single-GPU server card in the market as of May 2015 is the Tesla K40, max power of 235W, with up to 1.43 TFLOPS peak double precision performance. Nvidia's highest performing dual-GPU server card in the market as of May 2015 is the Tesla K80, max power of 300W, with up to 1.87 TFLOPS of peak double precision performance.  FP-134

3.     AMD FirePro™ S9170 is equipped with 32 GB GDDR5 memory, while Nvidia's K40 offers 12GB GDDR5, and Nvidia's dual GPU K80 offers 24GB GDDR5 (12GB per GPU).  Visit http://www.nvidia.com/object/tesla-servers.html for Nvidia product specs.  FP-135

​This press release contains forward-looking statements concerning Advanced Micro Devices, Inc. ("AMD"), including the features and functionality of AMD FirePro S9170 server GPUs, the compatibility of AMD FirePro S9170 server GPUs with OpenCL™ 2.0 for future use and development of FirePro GPUs for the high performance compute market;  the future compatibility of AMD FirePro server GPUs with developer tools OpenMP and OpenACC; which are made pursuant to the safe harbor provisions of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking statements are commonly identified by words such as "would," "may," "expects," "believes," "plans," "intends," "projects," and other terms with similar meaning. Investors are cautioned that the forward-looking statements in this press release are based on current beliefs, assumptions and expectations, speak only as of the date of this document and involve risks and uncertainties that could cause actual results to differ materially from current expectations. Risks include that Intel Corporation's dominance of the microprocessor market and its aggressive business practices may limit AMD's ability to compete effectively; that AMD relies on GlobalFoundries Inc. (GF) to manufacture most of its microprocessor and APU products and certain of its GPU and semi-custom products. If GF is not able to satisfy its manufacturing requirements, AMD's business could be adversely impacted; that AMD relies on third parties to manufacture its products, and if they are unable to do so on a timely basis in sufficient quantities and using competitive technologies, AMD's business could be materially adversely affected; failure to achieve expected manufacturing yields for AMD's products could negatively impact its financial results; the success of its business is dependent upon its ability to introduce products on a timely basis with features and performance levels that provide value to its customers while supporting and coinciding with significant industry transitions; if AMD cannot generate sufficient revenue and operating cash flow or obtain external financing, it may face a cash shortfall and be unable to make all of its planned investments in research and development or other strategic investments; that AMD may not be able to successfully implement its business strategy to refocus its business to address markets beyond AMD's core PC market to high-growth adjacent markets; the completion and impact of the 2014 restructuring plan and its transformation initiatives could adversely affect AMD; global economic uncertainty may adversely impact AMD's business and operating results; AMD may not be able to generate sufficient cash to service its debt obligations or meet its working capital requirements; AMD has a substantial amount of indebtedness which could adversely affect its financial position and prevent it from implementing its strategy or fulfilling its contractual obligations; the agreements governing AMD's notes and its amended and restated senior secured asset based line of credit for a principal amount up to $500 million impose restrictions on AMD that may adversely affect AMD's ability to operate its business; the markets in which AMD's products are sold are highly competitive; and the loss of a significant customer may have a material adverse effect on it. Investors are urged to review in detail the risks and uncertainties in the Company's Securities and Exchange Commission filings, including but not limited to AMD's Quarterly Report on Form 10-Q for the quarter ended March 28, 2015.