—アーキテクチャーを完全に刷新したグラフィックス・ソフトウェアが、新設計のユーザー・インターフェース、優れた機能、強力なパフォーマンス、大幅な省電力化により、ゲーマー向け没入型コンピューティングの新時代を開く—​​

AMD(米国本社:米カリフォルニア州サニーベール、社長兼CEO:リサ・スー)は、本日完全に刷新されたグラフィックス・ソフトウェア・スイート「Radeon Software Crimson Edition」を発表しました。この新しいソフトウェアは、優れたユーザー・エクスペリエンス、12の新機能・拡張機能、最大20%のグラフィックス性能向上1、エネルギー効率を前世代からほぼ倍増させる2省電力機能を提供し、すべてのAMDグラフィックス製品において高い安定性を実現します。「Radeon Software Crimson Edition」は、ハードウェアへの取り組みと同様にソフトウェアを重視する方針を発表したRadeon Technologies Groupによる初めての製品です。

Radeon Technologies Groupのシニア・バイスプレジデント兼チーフアーキテクトであるラジャ・コドゥリ(Raja Koduri)は次のように述べています。「AMD製品を利用する際にユーザーが利用するソフトウェアを最優先するのは当然のことであり、今後もAMDはユーザーにとっての真のメリットを満載した使いやすい製品を提供していきます。その第一弾が『Radeon Software Crimson Edition』です。Radeon Technologies Groupは、あらゆるグラフィックス機能の垂直統合に特に注力し、ワット当たりパフォーマンスの向上や革新的なテクノロジーの創出、さらにはAMDのGPUをサポートするソフトウェアを世界水準とすることによって、業界を前進させていきます。」

「Radeon Software Crimson Edition」の特長は以下のとおりです。

  • 新しい簡素化されたユーザー・インターフェース「Radeon Settings」: 使いやすくて機能豊富な「Radeon Settings」は、AMDのグラフィックス・ハードウェアにおいて最高のパフォーマンスを発揮するよう設計されています。AMD Catalyst™ドライバーに比べて起動は10倍3、ディスプレイ初期化は3倍4も高速化しました。また、より直観的なナビゲーション、新しいゲームマネージャー、新しいオーバードライブ、新しいビデオ、ディスプレイに加え、AMD Eyefinityテクノロジーの各セクションにより、ユーザーはゲームの設定を簡単に変更し、パフォーマンス設定を調整でき、さまざまな機能やコンフィギュレーションを各自のコンピューティング・エクスペリエンスに適用することができます。
  • 12の新機能・拡張機能:さまざまな新機能・拡張機能により、ゲーム、ビデオおよび生産性アプリケーション全般で最高のユーザー・エクスペリエンスを実現します。
  • 優れたパフォーマンスと省電力:「Radeon Software Crimson Edition」では、前世代と比べてゲームのロード時間は最大33%5、ゲームパフォーマンスは最大20%1向上しています。また、消費電力効率は最大1.8倍向上し、ワット当たりのシステムパフォーマンスは23%も改善しました。6
  • AMD LiquidVRTMテクノロジーを初めて公式にサポート:GCNのAsynchronous Compute Engine(非同期演算エンジン)によって、VR(バーチャルリアリティー)アプリケーションの秒当たり表示フレーム数(FPS)、応答性、レイテンシーを大きく改善しているため、GCNベースのハードウェアにおいて非常に滑らかなゲーミング・エクスペリエンスを実現しています。
  • シームレスな安定性: AMD Catalyst™ Omega に比べてシステム構成を15%増やしてテストケース数を倍増させ、膨大な数のコミュニティーのリクエストに応えました。これにより、すべてにおいて非常に安定したユーザー・エクスペリエンスが得られます。

    「Radeon Software Crimson Edition」 は本日から以下のURLよりダウンロード可能となります。

    http://support.amd.com/en-us/download

参考情報(英語)

 

AMDについて

AMDは、ゲームや没入型プラットフォーム、データセンターに欠かせない要素である、ハイパフォーマンス・コンピューティング、グラフィックスと視覚化技術において45年にわたり革新をもたらしてきました。世界中の何億人もの消費者、フォーチュン500企業、最先端の科学研究施設が、日常の生活、仕事、遊びを向上させるために、AMDのテクノロジーに頼っています。世界中のAMD社員は可能性の限界を押し上げる優れた製品開発に注力しています。日本AMD株式会社は、AMDの日本法人です。AMDのさらなる詳細については、AMD(NASDAQ: AMD)のウェブサイトブログFacebookまたはツイッターをご覧ください。

報道関係者お問い合わせ先

エデルマン・ジャパン株式会社(AMD広報代理)

担当:岡田 吉功、安達 沙織

TEL: 03-4360-9000

E-mail: AMD.Japan@edelman.com

日本AMD株式会社

広報担当:呉 允(くれ まこと)

TEL: 03-6365-5560

E-mail: Makoto.kure@amd.com

脚注
  1. ​AMD Internal Lab testing as of Oct 22, 2015 with an Intel Core i7 5960X with 2x8GB DDR4-2666 MHz memory, Gigabyte X99-UD4PC, AMD Radeon™ R9 Fury X, Windows 10 64bit.  PC manufacturers may vary configurations yielding different results. Fable Legends @ 1080p scored 63.99 fps with AMD Catalyst™ 15.7.1 Driver and 76.88 fps with Radeon Software Crimson Edition. RS-2
  2. AMD Internal Lab testing as of Nov 2, 2015 with an Intel Core i7 5960X with 2x8GB DDR4-2666 MHz memory, Gigabyte X99-UD4, AMD Radeon™ R9 380, Windows 10 64bit.  PC manufacturers may vary configurations yielding different results. Frame Rate Target Control (FRTC) enables users to set a target maximum frame rate when playing an application in full screen mode, thereby reducing GPU power consumption, heat generation and fan speeds/noise. FRTC caps performance not only in 3D rendered in-game scenes, but also in splash screens, loading screens and menus. See http://www.amd.com/en-us/innovations/software-technologies/technologies-gaming/frtc for full details on FRTC.  Rocketleague at 1080p Max quality consumed 180W using AMD Catalyst 15.7.1 Driver, 175W with Radeon Software Crimson Edition, and 61W when using FRTC=55fps in Radeon Software Crimson Edition. RS-7
  3. Testing conducted by AMD Performance Labs on October 26, 2015 using a HP Pavilion DM1 with AMD E-350 with AMD Radeon HD 6310 Graphics, 3GB (1GB+2GB) DDR3, Windows 10 64bit.  With AMD Catalyst 15.8, the system took 8 seconds on average to load the control panel (AMD Catalyst Control Center).  With Radeon Software Crimson Edition, the system took 0.6 seconds on average to load the control panel (Radeon Settings). RS-1
  4. AMD Internal Lab testing as of Nov 2, 2015 with an AMD Phenom X4 1090T with 2x4GB DDR3-1066 MHz memory, AMD Radeon™ R9 280X, Windows 8.1 64bit.  PC manufacturers may vary configurations yielding different results. Display monitors took 11 seconds to initialize with AMD Catalyst 15.7.1 Driver and 3 seconds with Radeon Software Crimson Edition. RS-8
  5. AMD Internal Lab testing as of Nov 2, 2015 with an Intel Core i7 5960X with 2x8GB DDR4-2666 MHz memory, Gigabyte X99-UD4, AMD Radeon™ R9 380, Windows 10 64bit.  PC manufacturers may vary configurations yielding different results. Star Wars™ Battlefront™ took an average of 16.9 seconds to load the Endor Survival level with AMD Catalyst 15.7.1 Driver and 11.2 seconds with Radeon Software Crimson Edition. RS-6
  6. AMD Internal Lab testing as of Oct 23, 2015 with an Intel Core i7 5960X with 2x8GB DDR4-2666 MHz memory, Gigabyte X99-UD4PC, AMD Radeon™ R9 Fury X, Windows 10 64bit.  PC manufacturers may vary configurations yielding different results. Frame Rate Target Control (FRTC) enables users to set a target maximum frame rate when playing an application in full screen mode, thereby reducing GPU power consumption, heat generation and fan speeds/noise. FRTC caps performance not only in 3D rendered in-game scenes, but also in splash screens, loading screens and menus. See http://www.amd.com/en-us/innovations/software-technologies/technologies-gaming/frtc for full details on FRTC.  Star Wars: The Force Awakens full screen trailer run in Windows 10 @ 1080p @ 24fps consumed 123W with AMD Catalyst 15.7.1 Driver and 102W with Radeon Software Crimson Edition for power savings of 21%. Bioshock Infinite benchmark at 4K Ultra consumed 262W with FRTC=60 with Radeon Software Crimson Edition and 322W with AMD Catalyst™ 15.7.1 Driver for power savings of 23%. RS-3

AMD、AMD Arrowロゴ、Catalyst、LquidVR、Radeon、またそれらのコンビネーションはAdvanced Micro Devices、Inc.の商標です。DirectX、 Microsoft、Windowsは、Microsoft Corporationの米国および他の地域における登録商標です。