AMD Ryzen 5 Vega PIB

最高峰のゲーミング・グラフィックスを味わえるデスクトップ・プロセッサー¹

4コア/8スレッド、強力なRadeon™ RX Vega 11グラフィックス内蔵

Ryzen 5 processor with Vega graphics

高度かつ高性能な処理能力

インテリジェントで革新的なAMD Ryzen™プロセッサーは、究極の高性能演算体験を実現します。最新の革新的なAMDマルチスレッド処理テクノロジーにより、仕事でも、遊びでも、驚異的な高速パフォーマンスを発揮します。

コンソール・クラスの真のゲーム性能

Radeon™RX Vegaプロセッサー・グラフィックスにより、最もパワフルなグラフィックスをデスクトップ・プロセッサーでご利用いただけます。最新かつ最も高度な「Vega」グラフィックス・テクノロジーが、流れるように滑らかで、間断のない素早い動きをお好みのゲームで実現します。 1

妥協のないパフォーマンス

AMD Radeon™RX Vegaグラフィックス搭載のAMD Radeon™プロセッサーは、現在利用できる最も高度で強力な演算とグラフィックス・ハードウェアの数々を備え、それを単一のプロセッサー内で一体化させることで、要求の厳しい作業や本格的なゲームプレイに必要な高性能を妥協することなく実現しています。

Ryzen AM4

AMD Ryzen™ Ready AM4チップセットとマザーボード

AMDソケットAM4は、AMDの新たな未来志向型プラットフォームです。2

テクノロジー

その他のテクノロジーを表示

AMD Ryzen™ 5 2400G with Radeon™ Vega Graphics

仕様
# of CPU Cores
4
# of Threads
8
# of GPU Cores
11
Base Clock
3.6GHz
Max Boost Clock
3.9GHz
Total L1 Cache
384KB
Total L2 Cache
2MB
L3キャッシュ合計
4MB
Unlocked
はい
CMOS
14nm FinFET
Package
AM4
PCI Express Version
PCIe 3.0
Thermal Solution
Wraith Stealth
Default TDP / TDP
65W
cTDP
46-65W
Max Temps
105°C
メモリー
最大メモリー速度
2667MHz
メモリータイプ
DDR4
Memory Channels
2
グラフィックス仕様
Graphics Frequency
1250 MHz
Graphics Model
Radeon™ Vega 11 Processor Graphics
Graphics Core Count
11
主な特長
サポートされるテクノロジー
AMD SenseMIテクノロジー
AMD Ryzen™ Masterユーティリティ
AMD Ryzen™向けEnmotus FuzeDrive™
Radeon™ Software
Radeon FreeSync™ テクノロジー
Display Port
Yes
HDMI™
Yes
基盤
製品シリーズ
AMD Ryzen™ Processors
製品ライン
AMD Ryzen™ 5 Processors with Radeon™ Vega Graphics
プラットフォーム
Desktop
OPN Tray
YD2400C5M4MFB
OPN PIB
YD2400C5FBBOX
Launch Date
02/12/2018
Codename
Raven Ridge
脚注

† 2017年12月21日時点で、AMDパフォーマンスラボにより、以下のシステムでテストされています。PCメーカーの構成によっては結果が異なる場合があります。ドライバーのバージョンによって結果が異なる場合があります。システム構成:AMD Ryzen 5 1600X、GA-AX370 AORUS Gaming 5マザーボード、16GBのデュアルチャネルDDR3-3200、グラフィックス・ドライバー 23.20.768.0(17.40)およびSeagate Barracuda 500GBブート・ドライブ。Enmotus FuzeDriveが有効化された場合、Samsung 950 PRO NVMeドライブがドライブ・プールに追加されました。Ryze向けEnmotus FuzeDriveがない場合、システムは、エクスプローラー経由でWindowsの起動を完了するのに28.611秒かかり、SMSSの初期化には21.421秒、Windowsログオンの初期化には2.274秒、Adobe Premiereの起動には56.04秒、Adobe Photoshopの起動には59.27秒、DOOMの起動には85.09秒かかりました。Ryzen向けEnmotus FuzeDriveを有効化すると、エクスプローラー経由でWindowsの起動を完了するのに10.534秒かかり(28.611/10.534 = 272%、つまり172%高速化)、SMSSの初期化には3.926秒(21.421/3.926 = 546%、つまり446%高速化)、Windowsログオンの初期化には1.461秒(2.274/1.461 = 156%、つまり56%高速化)、Adobe Premiereの起動には8.27秒(56.04/8.27 = 678%、つまり578%高速化)、Adobe Photoshopの起動には5.75秒(59.27/5.75 = 1031%、つまり931%高速化)、DOOMの起動には38.77秒(59.27/38.77 = 219%、つまり119%高速化)かかりました。RZN-116

‡ AMD SenseMIテクノロジーはすべてのRyzen™プロセッサーに搭載されていますが、個々の機能およびその可用性は、製品やプラットフォームによって異なる場合があります。各種プロセッサー・モデルの機能に関する詳細は、www.amd.com/ryzenspecsでご確認ください。あらかじめ構築されたシステムの場合は、製造元にお問い合わせください。

  1. テスト実施は、AMDパフォーマンスラボにおいて、2017年12月8日にRyzen 5 2400Gに対して、2015年9月4日にCore i7-5775cに対して、以下のシステムで行われています。PCメーカーの構成によっては結果が異なる場合があります。ドライバーのバージョンによって結果が異なる場合があります。システム構成:すべてのシステムは、Samsung 850 PRO 512GB SSD、Windows 10 RS2オペレーティング・システムを搭載しています。ソケットAM4システム:Ryzen 52400Gプロセッサー、16GB(8GB×2個)DDR4-2667 RAM、グラフィックス・ドライバー 1710181048-17.40-171018a-319170E 23.20.768.0 :: 2017年12月8日。ソケットLGA1150システム:Core i7-5775cプロセッサー、8GB(4GB×2個)DDR3-1867 MHz RAM、グラフィックス・ドライバー 10.18.15.4256 :: 2015年9月4日。3DMark 11 Performanceベンチマークを用いてグラフィックス性能を表しています。次のプロセッサーは、3DMark 11「Performance」ベンチマーク v1.0.132.0で次のスコアを獲得:Ryzen 5 2400G:5042スコア。また、同様にv1.0.132.0でインテルの最高デスクトップ・グラフィックス性能をもつインテルのデスクトップ・プロセッサー、Core i7-5775cのスコアは3094でした。RZG-01
  2. 「未来志向」という言葉は、14nm FinFETプロセス・テクノロジー、DirectX®12およびVulkan™ APIサポート、DDR4、USB 3.1 Gen 2、NVMeなどの新しいI/Oテクノロジー、VRなどの体験を含む、現在および今後発表されるテクノロジー標準のサポートを指します。「未来志向」という言葉は、ユーザーがグラフィックス・テクノロジーをアップグレードする必要がなくなることを保証または示すものでもありません。上記の現在および今後発表されるテクノロジー標準のサポートにより、一部のユーザーにとってCPUのアップグレードの頻度が減る可能性があります。GD-104