Radeon RX560 logo

お気に入りのeSportsやAAAタイトルを1080pでスムーズなパフォーマンス

演算ユニット16基1 | 最大2.6 TFLOPS | 128 bitのメモリー帯域幅 | 2/4 GB GDDR5

Ryzen 2nd Gen Campaign

想像を超えるゲーム

第2世代のRyzen™、真のインテリジェントなプロセッサー。

購入する    詳細を読む

Radeon RX 560 performance table

Esports向けの並外れた性能。AAAタイトルのスムーズなゲーム体験。

Radeon™ R7 360に比べて最大2.5倍の性能2

テクノロジー

その他のテクノロジーを表示

Radeon™ RX 560

GPU
演算ユニット
14/16
基底周波数
最大1175 MHz
ブースト周波数
最大1275 MHz
ピーク時ピクセルフィルレート
最大 20.4 GP/s
ピーク時テクスチャフィルレート
最大 81.6 GT/s
Max Performance
最大 2.6 TFLOPs
ROP
16
ストリーミングプロセッサー
896/1024
テクスチャーユニット
64
トランジスター数
3 B
要件
Typical Board Power (Desktop)
60-80 W
PSU推奨
450 W
メモリー
メモリー速度(実質)
7 Gbps
最大メモリーサイズ
4 GB
メモリータイプ
GDDR5
メモリーインターフェイス
128-bit
最大メモリー帯域幅
112 GB/s
サポートされるレンダリング形式
HDMI™ 4K Support
Yes
4K H264デコード
はい
4K H264エンコード
はい
H265/HEVCデコード
はい
H265/HEVCエンコード
はい
接続性
DisplayPort
1.4 HDR
デュアルリンクDVI
No
HDMI™
任意
VGA
No
特長
サポートされるテクノロジー
Radeon™ Software
Radeon FreeSync™ テクノロジー
AMD LiquidVR™テクノロジー
4th Gen GCN Architecture
Radeon™ Chill
Radeon™ ReLive
DirectX® 12
AMD Eyefinityテクノロジー
AMD Appアクセラレーション
AMD CrossFire™テクノロジー
AMD CrossFire™(ブリッジレス)
FRTC(フレームレート・ターゲット・コントロール)
第3世代14nmプロセス・テクノロジー
OpenCL 2.0
OpenGL 4.5
AMD PowerTuneテクノロジー
TrueAudio Next
ユニファイド・ビデオデコーダー(UVD)
ビデオコーデック・エンジン(VCE)
仮想超高解像度(VSR)
Vulkan™ API
一般
製品シリーズ
Radeon™ 500 Series
製品ライン
Radeon™ RX 500 Series
プラットフォーム
Desktop
Laptop
発売日
4/18/2017
対応OS
Windows 10 - 64-Bit Edition
Windows 7 - 32-Bit Edition
Windows 7 - 64-Bit Edition
Ubuntu x86 64-Bit
Linux x86_64
脚注

* 利用規約が適用されます。 詳細については、www.amdrewards.com をご覧ください。

キャンペーン期間は、2018年3月20日から2018年5月27日、またはAMDクーポンコードが無くなり次第終了となります。対象製品、または対象製品を搭載したシステム・インテグレーターのシステムをキャンペーン期間中にご購入いただく必要があります。クーポンコードを2018年7月27日までに引き換え、アプリケーションをダウンロードしてください。期限を過ぎると、クーポンコードは無効になります。このキャンペーンが禁じられる場所では無効になります。

ゲームはまだレーティングされていない場合があります。 お子様に不適切な表現が含まれている可能性があります。ESRB.org、PEGI.info、または地域のゲームレーティング機構にご相談ください。

© 2018 Advanced Micro Devices, Inc. All rights reserved. AMD、AMD Arrowのロゴ、Radeon、およびその組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。 All rights reserved. PID# 1874542-F

  1. GCN(グラフィックス・コア・ネクスト)アーキテクチャー搭載の外付けAMD Radeon™とFirePro™ GPUは、CU(演算ユニット)と呼ばれる複数の外付け実行エンジンで構成されています。各CUは64個のシェーダー(「ストリームプロセッサー」)で一体作動します。
  2. テストは2017年3月9日、AMDパフォーマンスラボにより、Intel Core i7 6700K(4.0 GHz)、4 GB DDR4-2667 MHzメモリーx2、AMDウェブドライバー17.2.1、Windows 10(64 bit)で実施されました。PCメーカーの構成によっては結果が異なる可能性もあります。以下のゲームが1080pでテストされています:Civilization 6(Mediumプリセット、DX12)、DOOM(Mediumプリセット、Vulkan)、Battlefield 1(中画質、DX12)、Hitman(Mediumプリセット、DX12)、Overwatch(Epic設定、DX11)。Radeon™ RX 560(4GB)のスコアはそれぞれ64.5、67.5、69.8、62.5、109.7でした。Radeon™ R7 360のスコアは、それぞれ43.5、35.3、32.1、46.2、74.1でした。すべてのスコアは平均的なFPSを使用しており、同じ設定で3回実行した結果の平均です。性能は、最新ドライバーの使用可否により異なる場合があります。