HDを超えるゲーム体験。息をのむようなVR。

Radeon RX 580の紹介

Radeon RX 580 badge

ネイティブの非同期演算により、DirectX® 12とVulkan™でHDを超える高性能のゲーム体験を実現。

Vulkan DX12 logos

GoBig bundle

さあ決起せよ!

AMD Radeon™ RX Vega、RX 580、RX 570グラフィックス・カードのいずれかを購入すると、無料でAssassin’s Creed® Odyssey、Strange Brigade®、Star Control®: Originsをゲットできます!*

1440pのR9 380よりも高性能2

Battlefield 1

65 FPS
43 FPS
Call of Duty: Infinite Warfare

62 FPS
41 FPS
For Honor

67 FPS
41 FPS
DOOM

74 FPS
45 FPS
Resident Evil 7

75 FPS
42 FPS
 Radeon™ RX 580   Radeon™ R9 380

結果が異なる場合もあります。

優れた操作性をさらに向上

巧みな設計。細部まで入念に作成。直観的なインターフェイス。

monitor

Radeon FreeSyncテクノロジー

ちらつきやティアリングがない、ゲームに没頭できる環境を

 

将来に対応したディスプレイ互換性

プレミアム・アップグレード

息をのむような色彩

テクノロジー

その他のテクノロジーを表示

Radeon™ RX 580

GPU
演算ユニット
36
基底周波数
最大1257 MHz
ブースト周波数
最大1340 MHz
ピーク時ピクセルフィルレート
最大 42.88 GP/s
ピーク時テクスチャフィルレート
最大 192.96 GT/s
Max Performance
最大 6.2 TFLOPs
ROP
32
ストリーミングプロセッサー
2304
テクスチャーユニット
144
トランジスター数
5.7 B
要件
Typical Board Power (Desktop)
185 W
PSU推奨
500 W
メモリー
メモリー速度(実質)
8 Gbps
最大メモリーサイズ
8 GB
メモリータイプ
GDDR5
メモリーインターフェイス
256-bit
最大メモリー帯域幅
256 GB/s
サポートされるレンダリング形式
HDMI™ 4K Support
Yes
4K H264デコード
はい
4K H264エンコード
はい
H265/HEVCデコード
はい
H265/HEVCエンコード
はい
接続性
DisplayPort
1.4 HDR
デュアルリンクDVI
No
HDMI™
任意
VGA
No
特長
サポートされるテクノロジー
Radeon™ VR Ready Premium
Radeon™ Software
Radeon FreeSync™ テクノロジー
AMD LiquidVR™テクノロジー
4th Gen GCN Architecture
Radeon™ Chill
Radeon™ ReLive
DirectX® 12
AMD Eyefinityテクノロジー
AMD Appアクセラレーション
AMD CrossFire™テクノロジー
AMD CrossFire™(ブリッジレス)
FRTC(フレームレート・ターゲット・コントロール)
第3世代14nmプロセス・テクノロジー
OpenCL 2.0
OpenGL 4.5
AMD PowerTuneテクノロジー
TrueAudio Next
ユニファイド・ビデオデコーダー(UVD)
ビデオコーデック・エンジン(VCE)
仮想超高解像度(VSR)
Vulkan™ API
一般
製品シリーズ
Radeon™ 500 Series
製品ライン
Radeon™ RX 500 Series
Type
Component
発売日
4/18/2017
対応OS
Windows 10 - 64-Bit Edition
Windows 7 - 32-Bit Edition
Windows 7 - 64-Bit Edition
Ubuntu x86 64-Bit
Linux x86_64
脚注

*参加販売店のみで有効です。 購入後、クーポンコードは2018年12月31日までに引き換えてください。期限を過ぎると、クーポンコードは無効になります。 居住要件と制限が適用されます。 利用規約の全文は、www.amdrewards.com でご覧ください。

©2018 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. ©2018 Rebellion Developments Ltd. All Rights Reserved. ©2018 Stardock Entertainment.

  1. グラフィックス・コア・ネクスト(GCN)アーキテクチャー搭載の外付けAMD Radeon™とFirePro™ GPUは、演算ユニット(CU)と呼ばれる複数の外付け実行エンジンで構成されています。各CUは、同時に並列演算を行う64基のシェーダー(ストリーム・プロセッサー)を備えています。
  2. テストは2017年3月9日、AMDパフォーマンスラボにより、Intel Core i7 5960X(3.0 GHz)、16 GB DDR4-2666 MHzメモリー、AMDディスプレイ・ドライバー17.10、Windows 10(64 bit)を使用して実施されました。PCメーカーの構成によって結果が異なる可能性もあります。以下のゲームが1440pでテストされています。Battlefield 1(Ultraプリセット、DX12)、Call of Duty: Infinite Warfare(高画質、DX11)、For Honor(Highプリセット、DX11)、DOOM(Ultraプリセット、Vulkan)、Resident Evil 7(Ultraプリセット、DX11)。Radeon™ RX 580(8 GB)のスコアはそれぞれ65.0、66.9、69.5、73.3、74.2でした。Radeon™ R9 380(4 GB)のスコアはそれぞれ43.5、43.2、40.3、45.3、41でした。すべてのスコアは平均的なFPSを使用しており、同じ設定で3回実行した結果の平均です。性能は、最新ドライバーの使用により異なる場合があります。
  3. AMDの製品は、AMDハードウェアまたはソフトウェアでオーバークロックが可能な場合でも、オーバークロックを原因とする損傷については保証を行いません。
  4. FreeSync 2には、HDR対応のモニターが必要ありません。FreeSync 2対応のHDRコンテンツが検出されると、ドライバーによって、モニターをネイティブ・モードに設定できます。それ以外の場合にHDRコンテンツを使用するには、グラフィックス・カード、グラフィックス・ドライバー、アプリケーションを含め、システムがHDR完全対応コンテンツ・チェーン用に構成されている必要があります。動画コンテンツはHDRグレードで、HDR対応プレーヤーで視聴します。ウィンドウ・モード・コンテンツには、オペレーティング・システムのサポートが必要です。