Radeon Instinct™ MI6 Accelerator

マシン・インテリジェンスおよびディープ・ラーニング向けの汎用性の高いトレーニングおよび推論アクセラレーター

トレーニングや推論ワークロードに対処するために構築された「Polaris」グラフィックス・アーキテクチャーを基盤として構成

36基の演算ユニットを利用して、トレーニングされたディープ・ラーニング・ニューラル・ネットワークに対し、小規模のデータバッチを同時に多数実行可能

ピーク時のFP32/FP16演算性能最大5.7 TFLOPSを提供し、演算負荷の高いマシン・インテリジェンスを加速

ピーク時のFP16/FP32演算性能が38 GFLOPS/ワット。推論やエッジ・トレーニングに向けに低コストで高効率の優れたサーバー・ソリューションを提供

16 GBGDDR5メモリー、最大224 GB/秒のメモリー帯域幅

受動冷却対応の150W TDPボード性能 – 大半の標準的なサーバー設計に適合するように設計された単一スロット搭載ボード

仮想化演算ワークロード向けMxGPU – データセンターの使用率向上と容量増大を促進

ROCmソフトウェア・プラットフォームにより、オープンソースのハイパースケールおよびHPCクラスのソリューションを実現

ROCm logo

ROCm、オープンなGPU演算の新時代

GPU対応HPCとウルトラスケール演算のためのプラットフォーム

演算ニーズを満たす究極のソリューション

machine intelligence digital brain abstract image

ディープ・ラーニングのための推論とエッジ・トレーニング

  • ROCmソフトウェア・プラットフォームがオープンソースのハイパースケール・プラットフォームを実現
  • 金属先渡を完全制御するためのオープンソースLinux®ドライバー、HCCコンパイラー、ツール、ライブラリー
  • 最適化されたMIOpenディープ・ラーニング・フレームワーク・ライブラリー
  • 大規模なBARサポートによる、ピア・ツー・ピアのmGPU
  • MxGPU SR-IOVハードウェアの仮想化がシステム使用率を最適化
  • 複数のアーキテクチャーおよび業界標準の相互接続テクノロジーのオープンな業界標準サポート
HPC

HPCの一般的な用途と開発

  • ROCmソフトウェア・プラットフォームがオープンソースのHPCクラスのプラットフォームを実現
  • 金属先渡を完全制御するためのオープンソースLinux®ドライバー、HCCコンパイラー、ツール、ライブラリー
  • MxGPU SR-IOVハードウェアの仮想化がシステム使用率を最適化

Instinct™ MI6

GPU Specifications
GPU Architecture
Polaris
Lithography
14nm FinFET
ストリーミングプロセッサー
2304
Peak Half Precision (FP16) Performance
5.73 TFLOPs
Peak Single Precision (FP32) Performance
5.73 TFLOPs
Peak Double Precision (FP64) Performance
358 GFLOPs
メモリー
Memory Size
16 GB
メモリータイプ
GDDR5
Memory Bandwidth
224 GB/s
Memory ECC Support
任意
Board Specifications
形状
PCIe Add-in Card
Bus Type
PCIe 3.0 x16
TDP
150W
Cooling
Passive
Board Width
Single Slot
Board Length
9.5" (241 mm)
Board Height
Full Height
External Power Connectors
1x PCIe 6-pin
Additional Features
サポートされるテクノロジー
OpenCL 2.0
Solutions
HPC and Machine Intelligence
Software API Support
DirectX
12.0 (feature level 12_0)
OpenGL
4.6
OpenCL
2.0
Vulkan
はい
Product Basics
製品シリーズ
Radeon Instinct™
製品ライン
Radeon Instinct™ MI Series
プラットフォーム
Server
発売日
June 2017