RYZENのパワーとRADEONの高い画質で、他者を凌ぐ

高性能の処理性能とグラフィックス。1つのチップですべてを実現。

素晴らしいコンソール・クラスのゲーム、グラフィックス・カードは不要。Radeon™ Vegaグラフィックス搭載の新しいAMD Ryzen™プロセッサー。

Ryzen Threadripper PIB

AMD Ryzen™ Threadripperプロセッサー

あらゆることを同時に実行。レンダリング、ストリーミング、コンパイリング、エンコーディング。仕事にゲームに、世界初の16コア・デスクトップ・プロセッサーを搭載した究極のデスクトップ・プラットフォームをご利用ください。4

  • 8~16コア
  • 最大32の処理スレッド
  • 20MB~40MBキャッシュ

AMD Ryzen™ 7プロセッサー

ゲーム、コンテンツ作成、集中的なマルチタスクでトップレベルの性能を体験。熱心なPC愛好家に最適な、非常にバランスのとれたデザイン。

  • 8コア
  • 16の処理スレッド
  • 20MBキャッシュ
AMD Ryzen 5 and Ryzen 5 mobile

AMD Ryzen™ 5プロセッサー

パワフルなプロセッサーをあらゆる人に。あらゆるゲーマーとアーティストのスタンダードとなる妥協なき機能とスムーズな性能。高度なRadeon™ Vegaグラフィックスを搭載するモデルも登場

  • 4~6コア
  • 最大12の処理スレッド
  • 最大19 MBキャッシュ
AMD Ryzen 3 and Ryzen 3 mobile

AMD Ryzen™ 3プロセッサー

最先端の真のクアッドコア・アーキテクチャーにより、はるかに高価なPCに期待される応答性と性能を実現。高度なRadeon™ Vegaグラフィックスを搭載するモデルも登場

  • 4コア
  • 最大10 MBキャッシュ
Dell Inspiron 7000 Thanos

お気に入りの製品にパワーを

AMD Ryzen™およびRadeon™プロセッサー搭載の新しいDell Inspiron 27 7000オールインワンをご確認ください。

Image of Disc

AMD Ryzen™向けEnmotus FuzeDrive™

より高速でスマートな、使いやすくなったストレージ・テクノロジーがPCを加速。AMD Ryzen™デスクトップ・プロセッサー専用5

 

Zen Core Architecture

「Zen」コア・アーキテクチャー

プロセッサー性能の画期的な向上

AMD SenseMI Technology

AMD SenseMIテクノロジー

AMD Ryzen™プロセッサーの賢いマシン・インテリジェンス1

AMD Ryzen Master Utility

AMD Ryzen™ Masterユーティリティ

カスタマイズされたオーバークロックと効率性のためにAMD Ryzen™搭載システムで究極のコントロールを引き出す。2

AMD Ryzen™ 7 processors

RYZEN™のパワーで、思いのまま

革新的な新しいAMD Ryzen 7プロセッサー搭載のReady-to-Playシステム

AMD AM4 Chipsets

AMD Ryzen™ Ready AM4チップセットとマザーボード

AMDソケットAM4は、未来志向の新しいプラットフォームです。3

AM4 Wraith Coolers

AMD Ryzen™向け新規AMD Wraith Cooler

ソケットAM4と新規AMD Ryzen™プロセッサー向けAMD Wraith Coolerのまったく新しい製品でグレードアップしました。

Ryzen™ Threadripper for Design and Gaming

曲を書く、デバイスを指揮する

Ryzen™ Threadripper™でデザインやゲーム体験を制覇。

脚注
  1. AMD SenseMIテクノロジーの機能は、モデルによって異なります。さまざまなプロセッサー・モデルの特定の機能については、www.amd.com/ryzenspecs をご覧ください。システムがあらかじめ構築されている場合は、製造元に問い合わせてください。
  2. AMD製品は、AMDハードウェアでオーバークロックが可能な場合でも、オーバークロックしたことが原因となる損傷については保証を行いません。
  3. 「未来志向」という言葉は、14nm FinFETプロセス・テクノロジー、DirectX®12およびVulkan™ APIサポート、DDR4、USB 2.1 Gen 2、NVMeなどの新しいI/Oテクノロジー、VRなどの体験を含む、現在および近く発表されるテクノロジー標準のサポートを指します。「未来志向」という言葉は、保証として機能することを意味するものではなく、また、ユーザーはグラフィックス・テクノロジーをアップグレードする必要がなくなることを意味するものでもありません。上記に示される現在および近く発表されるテクノロジー標準のサポートにより 、ユーザーの中にはCPUのアップグレードの頻度を減らすことができる場合があります。 GD-104
  4. Threadripper 1950Xがリリースされる前、デスクトップCPUの最大コア数はIntel Core i7-6950Kの10個でした。 RZN-95
  5. 2017年12月21日時点で、AMDパフォーマンスラボにより、以下のシステムでテストされています。PCメーカーの構成によって結果が異なる可能性もあります。使用するドライバーのバージョンにより、結果が異なる場合があります。システム構成:AMD Ryzen™ 5 1600X、GA-AX370 AORUS Gaming 5マザーボード、16 GBのデュアルチャネルDDR3-3200、グラフィックス・ドライバー23.20.768.0(17.40)、Seagate Barracuda 500GBブート・ドライブ。Enmotus FuzeDriveを有効化した際に、Samsung 950 PRO NVMeドライブがドライブ・プールに追加されました。Ryzen向けEnmotus FuzeDriveを使用しない場合、エクスプローラー経由でのWindows起動の完了に28.611秒、SMSSの初期化に21.421秒、Windowsログオンの初期化に2.274秒、Adobe Premiereの起動に56.04秒、Adobe Photoshopの起動に59.27秒、DOOMの起動に85.09秒かかりました。Ryzen向けEnmotus FuzeDriveを有効にした場合、エクスプローラー経由でのWindows起動の完了に10.534秒(28.611/10.534=272%、つまり172%高速)、SMSSの初期化に3.926秒(21.421/3.926=546%、つまり446%高速)、Windowsログオンの初期化に1.461秒(2.274/1.461=156%、つまり56%高速)、Adobe Premiereの起動に8.27秒(56.04/8.27=678%、つまり578%高速)、Adobe Photoshopの起動に5.75秒(59.27/5.75=1031%、つまり931%高速)、DOOMの起動に38.77秒(59.27/38.77=219%、つまり119%高速)かかりました。 RZN-116