Radeon ProRender motorcycle
ProRender GPU Open

アプリケーションにレンダリングを追加する

物理ベースのレンダリングをアプリケーションのワークフローに追加することをお考えですか? AMD Radeon™ ProRenderは写真のようにリアルな画像を提供し、リアルタイム・ビューポート・レイ・トレーシングに対応しました。これによってレンダリング時間の短縮と高フレームレートのフォトリアリスティックなアセットが実現しました

Radeon™ProRenderは、業界標準のOpenCL™およびApple®Metal®2をベースに構築され、ハードウェアに依存しないため、ほぼすべてのOSと事実上すべてのGPUとCPUの組み合わせで動作します。

Radeon™ ProRenderは、著作権使用料無料のソフトウェアライセンス契約に基づいて、進行中の新機能開発プロジェクトで使用できます。 Radeon™ ProRenderのロードマップは開発パートナーと共有されているため事前に計画を立てることができ、必要に応じてエンジニアリング・サポートを利用することもできます。1

Radeon ProRender Open Source

オープンソースAMD Radeon™ ProRender

オープンスタンダードへのコミットメント

Radeon™ProRenderは、ソフトウェアライセンス契約を必要とせずに物理的なレンダリングをアプリケーションのワークフローに追加しようとする開発者向けに、Radeon™ProRender APIのオープンソース実装としてGitHub上でも利用できます。

Radeon™ ProRenderプラグインおよびAutodesk® 3ds Max®、Autodesk® Maya®、Blender™、およびSOLIDWORKS®向けアドイン(オープンソースではない)には、オープンソースのRadeon™ ProRenderパッケージでは現在利用できない機能があります。

Radeon ProRender screen

Pixar USD Hydraレンダリング・デリゲート

コンテンツ制作パイプラインを転換する

PixarのオープンソースUniversal Scene Description (USD)は、コンテンツ制作パイプラインの転換を目指しています。そして、USDツールセットには複雑なシーンをプレビューするために設計されたUSDViewインタラクティブ・ビューポートが含まれています。

この最新ビューポートをアプリケーションに統合しようとしている開発者のために、AMDはGitHub上のオープソースRadeon™ ProRender USD Hydraレンダリング・デリゲート・プラグイン用のコードをリリースしました。このコードによって、デフォルトのOpenGL®レンダリングツールと比較してより正確なプレビュー用に設計されたパストレースレンダリング機能を追加することができます。

GPUOpen logo

GPUOpen

開発者にオープンな開発ツールとソフトウェアを提供します。

脚注
  1. スケーラブルなAMD Radeon™ProRenderエンジニアリング・サポート・モデルは、利用規約に従ってご利用いただけます。 詳細情報については、AMDの担当者にお問い合わせください。

免責事項と権利の帰属

©2018 Advanced Micro Devices, Inc.  All Rights Reserved.  AMD、AMD Arrowのロゴ、Radeon、およびその組み合わせはAdvanced Micro Devices、Inc.の商標です。 Metalは、Khronos Group、Inc.の登録商標です。 OpenCL は、Khronos Group Inc.の許可を得て使用される Apple Inc. の商標です。 本書に使用されているその他の製品名は識別目的のみに使用されており、それぞれの企業の商標所有することが可能となります。