Radeon Enhanced Sync

流れるようにスムーズなゲーム体験が、これまでになく容易に実現

DirectX® 9、11、12およびVulkan® APIベースのゲームに加え、GCNベースのGPU、GCNベースのGPUの組み合わせ、および/またはAMD Eyefinityテクノロジー・ディスプレイの組み合わせに基づくゲームでも利用できるようになりました。

 


新次元のシンク

フレームレートがリフレッシュレートより高い場合の対応時間(ms)

対応時間

84.7 ms
128.8 ms
72.7 ms
20ms
40ms
60ms
80ms
100ms
120ms
 Enhanced Sync  VSyncオン  VSyncオフ

お気に入りのゲームのフレームレートがディスプレイのリフレッシュレートを超えた際、Enhanced Syncが実質的にすべてのフレームレートで低レーテンシーのゲームプレイとティアリングのないゲーム体験を実現します。1

超高速でティアリングのないゲーム

VSyncをロック解除してください。 Enhanced Syncテクノロジーにより、フレームレートがディスプレイのリフレッシュレートを超えた時、超低遅延でティアリングのない体験が実現するため、esportsゲームの水準が高まります。

Enhanced sync technology

実質的にちらつきなし

ちらつきが軽減し、応答性が向上します。

Enhanced Syncテクノロジーにより、低フレームレートの遅延に焦点が当てられるため、流れるようにスムーズなゲーム体験が実現します。 2

Enhanced sync technology

AMD Enhanced Syncテクノロジー + Radeon FreeSync™

シームレスでティアリングのない体験が実現します。

Radeon FreeSync™で補えないところがカバーされるため、Radeon FreeSync™の範囲以上にティアリングのない体験が可能となります。3

Enhanced sync + Freesync technology

Enhanced Syncを有効化する方法

Enhanced Sync: BetterRed

Enhanced Syncにより、スクリーンのティアリングが最小限に抑えられ、従来型のVSyncよりも遅延やちらつきが低下します。 ピクセルパーフェクトなビジュアル体験の詳細およびEnhanced Syncがゲーマー向けの強力なディスプレイ・ツールである理由をご覧ください。

Enhanced SyncはどのAPIでサポートされていますか?
Radeon Software Adrenalin Editionでは、Enhanced SyncはDirectX® 9、DirectX® 10、DirectX® 11、DirectX® 12、およびVulkan®を使用しているゲームで機能します。 Enhanced SyncはOpenGL®ではサポートされていません。

Enhanced Syncはマルチメディア・アプリケーションをサポートしていますか?
いいえ。Enhanced Syncはマルチメディア・アプリケーションはサポートしていません。ちらつきやその他の望ましくない動作が発生する可能性があります。 マルチメディアの再生で問題が発生した場合は、ゲーム・マネージャーにアプリケーションを追加して、Enhanced Syncを無効にするか、再生するゲーム内でEnhanced Syncを有効にしてください。

脚注
  1. 2017年7月10日にAMDパフォーマンスラボで以下のシステムを使用してテストを実施しました。8GB Radeon RX 580 + Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.7.2、Intel i7 7700K CPU(4.2GHz)、16GB DDR4-3000 Mhzシステム・メモリー、Windows 10 x64、BenQ Xl2730-Bモニターで構成されるシステム、Epic Presetでゲーム「Overwatch」を使用。 PCメーカーの構成によって、異なる結果が生じる場合があります。 1920x1080では、Radeon Software Crimson Editionドライバー17.7.2と8GB Radeon RX 580で、Enhanced Syncを有効にした場合の応答時間は84.7 ms、VSyncを有効にした場合の応答時間は128.8 ms、VSyncを無効にした場合の応答時間は72.7 msとなりました。 VSyncと比較すると、Enhanced Syncの遅延は34%低い結果となります。 すべての数値はテスト3回の平均値です。 結果は推定値であり、場合によって異なる可能性があります。 性能は、最新ドライバーの使用の可否によって異なる可能性があります。 RS-150
  2. 2017年7月10日にAMDパフォーマンスラボで以下のシステムを使用してテストを実施しました。8GB Radeon RX 580 + Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.7.2、Intel i7 7700K CPU(4.2GHz)、16GB DDR4-3000 Mhzシステム・メモリー、Windows 10 x64で構成されるシステム、Epic Presetでゲーム「Overwatch」を使用。 PCメーカーの構成によって、異なる結果が生じる場合があります。 3840X2160では、Radeon Software Crimson Editionドライバー17.7.2と8GB Radeon RX 580で、Enhanced Syncを有効にした場合の差異は4.2 ms2、VSyncを有効にした場合の差異は50.4 ms2となりました。Enhanced Syncの差異は92%低い結果となります。 すべての数値はテスト3回の平均値です。 結果は推定値であり、場合によって異なる可能性があります。 性能は、最新ドライバーの使用の可否によって異なる可能性があります。 RS-151

FreeSync対応モニターとAMD Radeon™グラフィックスが必要です。 完全な詳細については、www.amd.com/freesyncをご覧ください。 購入前に機能についてシステムメーカーに確認してください。 GD-127

免責条項および権利帰属:

Quake Championsのロゴと画像 © 2017 Bethesda Softworks LLC, a ZeniMax Media company. All Rights Reserved.

©2018 Advanced Micro Devices, Inc. All rights reserved. AMD、AMD Arrowのロゴ、FreeSync、Radeon、およびその組み合わせはAdvanced Micro Devices, Inc.の商標です。 本印刷物に使用されているその他の製品名は識別目的のみに使用されており、所有するそれぞれの企業の商標である可能性があります。