AMD Radeon Overlay

フレームを1つも逃すことなく、ゲーム体験をカスタマイズ

新しいRadeon Overlayでは、ゲームを中断することなくゲーム体験を監視、記録、微調整できるため、ゲーマーの性能レベルが高まります。

AMD Radeon™ Overlay

PCのアクティビティー・トラッカーのように、Radeon™ Overlayにより、Radeon™ ReLive、性能モニタリング、Radeon™ Chill、フレームレートターゲット・コントロール(FRTC)、Radeon™ FreeSync、およびカラー設定にワンクリックでアクセスできます。

 


性能モニタリング

フレームレート/秒だけでなく、システム情報の監視と記録が可能となります。


AMD Radeon™ ReLive

ゲーム中のアクションを記録しストリーミングできる便利な機能を搭載しており、偉大な勝利の瞬間を永遠に刻んでおくことができます。

AMD Radeon™ Chill

動的な省電力機能がよりパワフルになりました。1

ゲームごとにRadeon Chillを有効化/無効化できるようになりました。左から右へのスライダーで瞬時にフレームレートを調整できます。


フレームレート・ターゲット・コントロール

ゲーム中に未使用のフレームが制限されるため、GPUが低温・静音に維持されます。2

カラー設定

色温度、明るさ、色相、コントラスト、彩度をすべてゲーム内で調整することができます。

Radeon™ Overlay?

Radeon™ Overlayがパーソナライズされたゲーム体験に最適な選択肢である理由をご覧ください。

よくある質問

Radeon™ Overlayはどのように有効化またはアクセスすればよいですか?
Radeon™ Overlayは、ゲーム内またはデスクトップ・モードでアクセスすることができます。 Radeon™ Overlayを有効化するには、[Alt] + [R] を押します。このホットキーは、Radeon™設定の設定セクションに移動して、[Toggle Radeon™ Overlay Hotkey(Radeon™ Overlayホットキーの切り替え)] をクリックすると変更できます。

性能モニタリングを有効化するにはどうすればよいですか?
Radeon™の設定内から性能モニタリングを制御することもできます。 性能モニタリングを有効化するには、[Gaming(ゲーミング)] > [Global Settings(グローバル設定)] > [Performance Monitoring(性能モニタリング)] の順に移動します。

性能ログのサンプリング間隔を変更することはできますか?
ゲーム内で [Alt] + [R] を押して、Radeon™ Overlayを表示します。 [Performance(性能)] タブをクリックします。 [Metrics Options(メトリックス・オプション)]、[Select Metrics(メトリックスの選択)]、[Select Metrics Location(メトリックスの場所の選択)] の3つのボタンが表示されます。 [Metrics Options] ボタンにより、メトリックスを表示すること、Radeon™ ReLiveでの録画またはストリーミング中にメトリックス・バーを表示する/非表示にすること、サンプリング間隔を変更すること、および性能ログを開始または終了することができます。 [Ctrl] + [Shift] + [O] または [Ctrl] + [Shift] + [L] ホットキーを使用して、メトリックスの表示および性能ログの開始の有効化/無効化をそれぞれ切り替えることができます。

記録および表示する特定のメトリックスを選択するオプションはありますか?
はい。性能モニタリングとログを調整して、必要なメトリックスを表示して記録することができます。 [Select Metrics] をクリックすると、追跡するメトリックスを追加または削除することができます。

性能モニタリング・ウィンドウの場所を変更することはできますか?
はい。性能モニタリングは画面のどの隅にでも簡単に移動できます。 [Select Metrics Location] を選択すると、性能モニタリングを画面の左上、右上、左下、または右下に移動することができます。

Radeon™ OverlayでRadeon™ ReLiveを有効化するにはどうすればよいですか?
Radeon™ ReLiveのオーバーレイは、カスタマイズ可能なホットキーを使用して有効化することができます。デフォルトは [ALT] + [Z] です。

Radeon™ ReLiveではボーダレス・リージョン・キャプチャーとストリームがサポートされていますか?
はい。リージョンの記録またはリージョンのストリームにより、Radeon™ ReLiveを通じて特定のウィンドウまたはアプリをキャプチャーすることができます。 このリージョンの上に配置されたアプリも記録されます。 リージョンの記録とリージョンのストリームは、ウィンドウまたはボーダレス・フルスクリーン・モードでのみ使用できます。

Radeon™ Chillはすべてのゲームで利用できますか?
Radeon™ Chillは、フルスクリーン専用ゲームをプレイしている間しか使用することができません。

Radeon™ FreeSyncはゲームごとに制御することができますか?
はい。Radeon™ Overlayでは、ゲーマーはRadeon™ FreeSyncを有効化または無効化することができます。 Radeon™ Software Adrenalin Editionの新機能により、アプリごとに設定を行うことができるようになりました。つまり、あるゲームではRadeon™ FreeSyncを有効にし、別のゲームでは無効にできるということです。 [Radeon™ FreeSync] ボタンは、Radeon™ FreeSyncディスプレイに接続している場合にのみ使用できます。

Radeon™ Overlayではフレームレート・ターゲット・コントロールがサポートされていますか?
はい。Radeon™ Overlayでは、FRTCを有効化または無効化することができます。ゲーマーは、フレームレートを30 FPS~300 FPSの間で設定できます。 FRTCは、フルスクリーンモードでゲームをプレイしている間しか表示されません。 FRTCを有効にするには、ゲームをリセットする必要があります。

脚注
  1. http://www.radeon.com/chill
  2. フレームレートターゲットは、ユーザーがゲームやアプリケーションにターゲット・フレームレートを設定すると、熱、ノイズ、および消費電力が削減されるように設計されています。 現在、AMD CrossFire™マルチGPU構成には対応していません。 特定の機能とサポートするテクノロジーについては、購入前にコンポーネントまたはシステムメーカーにお問い合わせください。 GRT-1
  3. FreeSync対応モニターとAMD Radeon™グラフィックスが必要です。 完全な詳細については、www.amd.com/freesyncをご覧ください。購入前に機能についてシステムメーカーに確認してください。 GD-127

免責条項および権利帰属

Preyの画像とロゴ PREY © 2018 ZeniMax Media Inc. Arkane Studiosとの共同開発。 Prey、Arkane、Bethesda、Bethesda Softworks、ZeniMax、および関連ロゴは、米国および/またはその他の国におけるZeniMax Media Inc.の登録商標あるいは商標です。 QUAKE, id, id Software. All Rights Reserved.

© 2018 Advanced Micro Devices, Inc. All rights reserved. AMD、 AMD Arrowのロゴ、LiquidVR、Radeon、およびその組み合わせは、米国および/または他の管轄地域におけるAdvanced Micro Devices, Inc.の商標です。 その他の名称は情報提供のみを目的として記載されており、各所有者の商標である可能性があります。