​— 「Radeon™ RX 480」、最高のVRエクスペリエンスのためのソリューションを優れたコストパフォーマンスで実現 —

AMD(米国本社:米カリフォルニア州サニーベール、社長兼CEO:リサ・スー)は、パワーユーザークラスのゲーミング性能と機能、先進的なテクノロジー、優れた価値提案を提供するために設計された「Radeon™ RX 480」グラフィックスカードを発表しました。「Radeon™ RX 480」は価格当たりでクラス最高の性能1を実現し、VR(仮想現実)を一般の消費者に届けます。また、現在と将来のビデオ規格を両方サポートし、将来に備える2さまざまなテクノロジーが搭載されています。この新しい「Radeon™ RX 480」グラフィックスカードと関連するテクノロジーの詳細については、AMDの新しいゲーマー向けサイトRadeon.comに掲載されています。

「Radeon™ RX 480」は、PCエコシステムやゲームデベロッパーなどの以下の企業より称賛の声が寄せられています。詳細についてはこちらをご覧ください。

  • グローバルPCエコシステム:Alienware、ヒューレット・パッカード、レノボ
  • ゲーム、VRアプリケーションのデベロッパー:ベセスダ、EA、Ubisoft
  • VRハードウェアのメーカー:Oculus、HTC
  • プロおよびカジュアルゲーマー:Fnatic、Evil Geniuses

Radeon RX 480」の特長

「Radeon™ RX 480」は、求めやすい価格帯で、従来ないほどのゲーム数とVR向けの機能を搭載しています。

  • クラス最高の性能を実現したプレミアムテクノロジー:8GBの「Radeon™ RX 480」は、同価格帯のGPUとしては例のない最先端のグラフィックスとゲーミングテクノロジーを搭載しており、価格当たりでクラス最高の性能を実現しています。14ナノメートルFinFETプロセスに最適化された画期的なPolarisアーキテクチャーにより性能と効率が大幅に改善されました。コンピューティングユニット当たりの性能は15%以上向上し3、AMDのR9 200シリーズのグラフィックス・アーキテクチャーと比較して、最大2.8倍のワット性能を達成しています4。また、1秒当たり5.8兆回の計算を行います(詳細はこちら)。
  • プレミアムなVRエクスペリエンスを実現する最も手ごろな価格帯のソリューション: 4GBの「Radeon™ RX 480」は、「Oculus™ Rift」や「Steam®VR-Ready」のようなプレミアムなVRエクスペリエンスに対して最も手ごろな価格のソリューションです5。滑らかで快適なVRエクスペリエンスのために設計された「LiquidVR™」テクノロジーとの組み合わせにより、4GB の「Radeon™ RX 480」はPC VRへの参入を容易にし、VRを多くの一般消費者に届けます(詳細はこちら)。
  • 将来にも対応したテクノロジー2:新しいプロセスノード、新しいメモリータイプや帯域幅、および新しいゲーミングAPIの初採用などの「Radeon™」のイノベーションの伝統は、「Radeon™ RX 480」においても継承されています。「Radeon™ RX 480」は次のような将来に対応した機能を備えており、ゲーマーは長年にわたってこのグラフィックスカードを活用することができます。
  • 「DirectX® 12」と「Vulkan™」によるプレミアムなHDゲーミング:「Radeon™ RX 480」は、将来、ゲームのエンジンとなるAPIの「DirectX® 12」や「Vulkan™」への対応に長けています。Polarisアーキテクチャーは非同期的コンピューティング(Asynchronous compute)を独自の方法でサポートすることにより、これらのAPIを使ったゲームやVRアプリケーションにて優れたエクスペリエンスを提供します。また「AMD FreeSync™テクノロジー」との組み合わせにより、最も要求水準の高いゲームであっても、1440pの解像度で極めて滑らかなフレームレートを実現します6(詳細はこちら)。
  • 次世代のディスプレイとビデオテクノロジー:「Radeon™ RX 480」には次世代の高解像度HDRや高リフレッシュレートのディスプレイをサポートする「HDMI® 2.0b」、「DisplayPort™ 1.3 HBR3」、および「DisplayPort™ 1.4 HDR」が搭載されています。これにより、高リフレッシュレートの4K、UltraWide、および60Hzでのシングルケーブルによる5K解像度コンピューティングと組み合わせたFreeSync™などのエクスペリエンスを実現します。また、「Radeon™ RX 480」にはAMDで最も多用途なデコード・アクセラレーターが搭載され、NetflixやAmazonなどでの10ビットHEVC7を使った美しい映像、Twitchストリーム配信におけるH.264ビデオ、YouTubeにおけるVP9ビデオ、およびSkypeなどのアプリケーションでのHEVCとMJPEGを使った極めて鮮明なビデオ通話などを実現します(詳細はこちら8)。
  • 「Radeon Software」と新しい「Radeon Wattman」による優れたコントロール:「Radeon Software」は「Radeon™ RX 480」グラフィックスカードの洗練されたハードウェアを補い、卓越した性能、機能、および安定性を実現することにより、滑らかで高速なエクスペリエンスを提供するとともに、将来のアップデートによりそのエクスペリエンスをさらに改善します。新製品「Radeon™ RX 480」と共に、マルチGPU、ディスプレイ、および電力効率を詳細にコントロールする9つの新機能がRadeon Software Crimsonに加わりました。AMD OverDrive™テクノロジーをベースとした「Radeon Wattman」は、刷新されたオーバークロック体験9と、GPU周波数と電圧曲線の両方を対象とした7つのステートにわたるカスタマイズを含む幅広い機能で、ユーザーによる「Radeon™ RX 480」の完全なコントロールを可能にします。また、「Radeon Wattman」はアプリケーションごとのデータを記録し、ピークや平均のアクティビティー、クロック、温度、およびファン回転数を容易に追跡することができる新しいヒストグラムのインターフェイスも備えています(詳細はこちら)。

Radeon RX 480の提供予定

「Radeon™ RX 480」グラフィックスカードは世界中の小売店頭とオンラインストアから提供が開始されています10

参考資料:

 

AMDについて

AMDは、ゲームや没入型プラットフォーム、データセンターに欠かせない要素である、ハイパフォーマンス・コンピューティング、グラフィックスと視覚化技術において45年にわたり革新をもたらしてきました。世界中の何億人もの消費者、フォーチュン500企業、最先端の科学研究施設が、日常の生活、仕事、遊びを向上させるために、AMDのテクノロジーに頼っています。世界中のAMD社員は可能性の限界を押し上げる優れた製品開発に注力しています。日本AMD株式会社は、AMDの日本法人です。AMDのさらなる詳細については、AMD(NASDAQ: AMD)のウェブサイトブログFacebookまたはツイッターをご覧ください。

報道関係者お問い合わせ先

エデルマン・ジャパン株式会社(AMD広報代理)

担当:須藤美典、安達沙織、榑松翔(くれまつ しょう)

TEL: 03-4360-9000

E-mail: AMD.Japan@edelman.com

日本AMD株式会社

広報担当:呉 允(くれ まこと)

TEL: 03-6365-5560

E-mail: Makoto.kure@amd.com


脚注

​AMD、AMD Arrowロゴ、OverDrive、Radeon、またそれらのコンビネーションはAdvanced Micro Devices、Inc.の商標です。DirectXはMicrosoft Corporation の商標もしくは米国およびその他の国における登録商標です。VulkanとVulkanロゴはKhronos Group Inc.の商標です。HDMI、HDMI High-Definition Multimedia Interface およびHDMIロゴは、HDMI Licensing LLC の商標もしくは米国およびその他の国における登録商標です。他の名称は情報提供の目的のみに使用され、それぞれの所有者に帰属します。他のすべての名称ならびに商標は、それぞれの企業の商標または登録商標です。DirectXは、米国Microsoft Corporation.の米国およびその他の国における登録商標です

  1. As of June 22 2016, leading performance/$ in its class based on testing of the Radeon RX 480 8GB, Radeon R9 380X, Radeon R9 390, GeForce GTX 960, and GeForce GTX 970 in Doom in Ultra quality with TSSAA (8TX) at 1440p resolution, Fallout 4 in Ultra settings at 1440p resolution, Far Cry 4 in Ultra settings at 1440p resolution, The Witcher 3 in Ultra settings at 1440p resolution, Rise of the Tomb Raider in High settings at 1440p resolution in DirectX 11, Rise of the Tomb Raider in High settings in 1440p resolution in DirectX 12, Ashes of the Singularity in Extreme Quality settings at 1440p resolution in DirectX 12, The Division at Ultra settings at 1440p resolution, Crysis 3 in Very High settings with FXAA at 1440p resolution, Hitman at Ultra settings at 1440p in DirectX 12, Far Cry Primal in Very High settings at 1440p resolution, GTA V in Ultra settings at 1440p resolution, Battlefield 4 in Ultra settings at 1440p resolution on the naval map, Shadow of Mordor in Max settings at 1440p resolution, and Dirt Rally in High settings with 4xMSAA at 1440p resolution. The Radeon RX 480 8GB  priced at SEP $239 scored a mean FPS of 51.2, the Radeon RX 380X  priced at $229 scored a mean FPS of 39.2, the Radeon R9 390  priced at $309 scored a mean FPS of 53.8, the GeForce GTX 960  priced at 209.99 had a mean FPS of 33.5 and the GeForece GTX 970  priced at 304.99 had a mean FPS of 50.1. Pricing as of June 22, 2016. See pcpartpicker.com for pricing information. Testing conducted by AMD performance labs as of June 22, 2016 on a test systems using the cards above and an Intel Core i7-5960X, 16GB DDR4-2666, Gigabyte X99-UD4, Windows 10 x64 (build 10586), and Radeon Software Crimson Edition 16.5.2 and Nvidia driver 368.39. Performance may vary based on use of latest driver versions. Test results are not average and may vary, RX-18
  2. Statement of "future-proof" refers to support of current and upcoming technology standards including 14nm FinFET process technology, DirectX®12 and Vulkan™ API support, new display technology, and experiences such as VR. "Future-proof" statement is not meant to serve as a warranty or indicate that users will never have to upgrade their graphics technology again. Support of current and upcoming technology standards described above has the potential to reduce frequency of graphics upgrades for some users. RX-5
  3. Testing conducted by AMD performance labs as of May 18, 2016 on the Radeon RX 480 and Radeon R9 290 on a test system comprising Intel Core i7-5960X, 16GB DDR4-2666, Gigabyte X99-UD4, Windows 10 x64 (build 10586), Radeon Software Crimson Edition 16.5.2 using Ashes of  Singularity, GTA V, Project Cars, Witcher, and Assassin's Creed Syndicate, All games tested at 1440p. Radeon RX 480 graphics (150W TGP/36 CU) vs. Radeon R9 290 graphics (275W TGP/40 CU) scores as follows: Ashes of the Singularity (44.19 FPS vs 46 FPS); GTA V (66.23 FPS vs. 66.44 FPS); Project Cars (48.99 FPS vs. 45.99 FPS); Witcher 3 (50.78 FPS vs. 50.13 FPS); Assassin's Creed Syndicate (50.51 FPS vs. 45.78 FPS). Average FPS of above game scores: 52.14 (Radeon RX 480) vs. 50.06 (Radeon R9 290). Discrete AMD Radeon™ GPUs and AMD FirePro™ GPUs based on the Graphics Core Next architecture consist of multiple discrete execution engines known as a Compute Unit ("CU"). Each CU contains 64 shaders ("Stream Processors") working in unison (GD-78). CU efficiency formula = average FPS/# of CUs. Test results are not average and may vary. RX-4
  4. Testing conducted by AMD Performance Labs as of May 10, 2016 on 3DMark 11 and 3DMark Firestrike using a test system comprising of an i7-4600M, 8GB, AMD Radeon driver 16.20.  AMD Radeon R9 M280X (14CUs) scored 5700 and 3500 with a board power of 82W.  AMD Radeon RX 480M (16CUs) scored 7200 and 4070 with a board power of 35W.  Using Performance/Board power, the resulting average across the 2 different titles was a perf per watt of 2.8X vs the Radeon R9 M280X. RX-5
  5. See http://www.htcvive.com/ca/product-optimized/ and https://www.oculus.com/en-us/rift/ for required minimum system specifications for different VR headsets.
  6. AMD FreeSync™ technology is designed to eliminate stuttering and/or tearing in games and videos by locking a display's refresh rate to the framerate of the graphics card. Check with your component or system manufacturer for specific capabilities. AMD FreeSync™ technology compatible monitor, AMD Radeon™ Graphics and/or AMD A-series APU compliant with DisplayPort™ Adaptive-Sync required. AMD Catalyst™ 15.2 Beta (or newer) required. Adaptive refresh rates vary by display; check with your monitor manufacturer for specific capabilities. A list of supported hardware and compatible monitors is available at www.amd.com/freesync. GRT-2
  7. HEVC acceleration is subject to inclusion/installation of compatible HEVC players
  8. HDR content requires that the system be configured with a fully HDR-ready content chain, including: graphics card, monitor/TV, graphics driver and application. Video content must be graded in HDR and viewed with an HDR-ready player. Windowed mode content requires operating system support.
  9. AMD graphics processors are intended to be operated only within their associated specifications and factory settings.  Operating your AMD graphics processor outside of specification or in excess of factory settings, including but not limited to overclocking, may damage your graphics processor and/or lead to other problems, including but not limited to, damage to your system components (including your motherboard and components thereon (e.g. memory)), system instabilities (e.g. data loss and corrupted images), shortened graphics processor, system component and/or system life and in extreme cases, total system failure.  AMD does not provide support or service for issues or damages related to use of an AMD graphics processor outside of graphics processor specifications or in excess of factory settings.  You may also not receive support or service from your system manufacturer. DAMAGES CAUSED BY USE OF YOUR AMD OR AMD GRAPHICS PROCESSOR OUTSIDE OF SPECIFICATION OR IN EXCESS OF FACTORY SETTINGS ARE NOT COVERED UNDER YOUR AMD PRODUCT WARRANTY AND MAY NOT BE COVERED BY YOUR SYSTEM MANUFACTURER'S WARRANTY.
  10. Not all models available in all countries – check with your retailer.​