​​​AMDの最新世代プロセッサーのラインアップ、Ryzen™ 3、5、7およびThreadripper™についてさまざまな話題が沸騰していますが、Ryzen CPUについてあまり知られていないエキサイティングな事実のいくつかをお伝えします。 Ryzenのみ愛用するプロゲームチームの話題から真のAIを搭載したRyzenチップに関する情報まで、AMDのRyzenプロセッサーならでは最高のメリットについてお話しましょう。

1.「今までにテストした中で最も強力なプロセッサー」と『TechRadar』がRyzen™ Threadripper™を称賛

最大16コア、32スレッド、ロック解除1で簡単設定のThreadripperが驚異的な性能を発揮します。 強力なプロセッサーThreadripperは同時にすべてを実行、デジタル・コンテンツの制作、3Dレンダリング、ゲーム体験やストリーミング、CAD作業などを猛烈な勢いで処理します。しかも、競争力のある魅力的な価格設定です。

人気のオンライン・グローバル・テクノロジー・ニュース刊行誌『TechRadar』では、「今までにテストした中で最も強力なプロセッサー」という見出しでThreadripperを記事しています。 ここをクリックして、記事全文をお読みください。

2. 現在、プロeスポーツのトップ「Fnatic」はすべてのチームPCにRyzenを採用

eスポーツの人気はますます過熱、優秀なゲーマーは常に最高のシステム・パーツを求めています。 FnaticのPCベースのeスポーツチームはすべて、Ryzenプロセッサーを採用してシステムをパワーアップしています。

eスポーツへの注目度が高まるにつれ、視聴者はプロと同じプロセッサーをシステムに使用するようになってきました。 FnaticのファンはすべてRyzenに注目しており、Ryzenのシステムを構築する会社を探しています。

ここをクリックして、詳細をご覧ください。

3. 完全にスケーラブルな2コア~8コア/16スレッド・プロセッサー「AMD AM4 Socket」

ユーザーのテクノロジーに対する要求はますます高まっています。そのため、AMDは人為的にシステムを抑制することを良しとしません。 AM4プラットフォームは完全にスケーラブルなハードウェアです。つまり、比較的低予算の消費者でも2コアCPUかAPUから始めて、4コア~8コア/16スレッドCPUにアップグレードすることができるということです(Ryzen™ 7 1800Xなど)。マザーボードや付属のコンポーネントをアップグレードする必要はありません。

AMDは、ユーザーのシンプルなシステム設計を可能にすべく尽力しました。Ryzenがその成果です。

4. 現在最強のデスクトップ・プロセッサーは、サイドプロジェクトから始まったものでした。

Threadripperは、強力なマルチコアプロセッサーを思い描くAMDの小さなグループの熱意から飛躍したものです。 現在最強の8デスクトップ・プロセッサーは、社内でゴーサインが出る以前、有志によるプロジェクトとしてスタートしました。

5. Ryzen発売から時間が経つほど、開発がより効果的に

Ryzenは強力なデビューを飾りました。 数多くのコアとスレッドそして高いインテリジェント・テクノロジーを誇るRyzenは、ゲーム開発者にさらに効果的に使用されています。 パッチがRyzenユーザーの性能改善に大きく寄与、Total War™: Warhammer®、Ashes of the Singularity™、Rise of the Tomb Raider™、DOTA™ 2などの人気ゲームはすべてそのメリットを受けています1.

この記事では、エリ・ベヒトが、今年最も期待されているゲーム・タイトルの1つ「Destiny 2」での、AMD Ryzenユーザーに最適な追加CPUコアの有効活用について説明しています。 また、4K Ultra-HDサポートや無制限フレームレートその他PC重視のオプション搭載のDestiny 2がAMDシステムをフルパワー活用、AMDユーザーはこれまで以上にゲームを楽しめます。

6. Ryzenが自由を提供:アンロックCPUのフルライン

AMDは、ユーザーが自由と創造性を享受できるよう努めています。そこでRyzenをすべてアンロックCPUでご提供2、ハードウェアを限界まで活用していただけます。 冷却ソリューションやコンポーネントはユーザーごとに好みが異なります。その選択肢により、システムビルドが制限されるべきではありません。 

RyzenのすべてのCPUが、自動オーバークロック・テクノロジーである拡張周波数帯3(XFR)を搭載しています。 XFRがSenseMIプレシジョンブースター仕様以上にRyzen CPUをダイナミック作動、CPU温度を考慮した高クロック周波数を達成してより高い処理能力を発揮します。 AMDは、ユーザーにシステムのカスタマイズとプレイを自由に楽しんでいただきたいと考えています。マルチプライヤー・アンロックは、その精神の表れです。

7. 同等クラスでキャッシュメモリーが最大のRyzen CPU

Ryzen CPUにより、各クラスで最高のキャッシュメモリーが得られます4。現在市販されているどの競合他社製品よりも容量が大きく、スマート・プリフェッチの正確なデータソースで十分なメモリーを得て、CPU依存のタスクやゲームなどを高速化します。

ユーザーがシステムを何にでも使用できる状況、それがAMDの目標です。AMDはこの目標を達成する手段として、SenseMIスマート・プリフェッチ機能を備える世界最高クラスのキャッシュメモリー搭載プロセッサーで最先端テクノロジーをご提供します。

8. 人気YouTubeチャンネル「h3h3Productions」がRyzen 7を使用

YouTubeチャンネル「h3h3Productions」は、450万人を超す視聴者を持ちます。 イーサン・クラインとヒラ・クラインは楽しいビデオ・コンテンツを無数に制作していますが、そのレンダリングには何時間もかかります。 AMD UKがh3h3にRyzenベースのシステムを提供、現時点で最高の最新マルチコア処理能力です。 Ryzenの驚異的な性能のお陰でビデオのレンダリング時間を短縮、ふたりはより優れたコメディビデオの制作に時間をかけられるようになりました。

9. Ryzen はIntelシングルコアとほぼ同等の性能を発揮、競合他社製品と比較して最大75%も優れた処理結果を実現

クロック5で比較すると、Ryzenのシングルコア性能は現在のIntel製品と同等です。 しかし、Ryzenは競合他社製品より75%も優れたマルチスレッド機能を搭載、かつてない驚異的なプロシューマ―能力を発揮する事実から、AMDは他社を凌ぎます6。 この差の一例として、Intelの4スレッド/コアi5-7600KとAMDの12スレッドRyzen 5 1600Xが同じ価格帯で提供されていることが挙げられます7

AMD Ryzen CPUは驚くほど多数のコアとスレッドを活用、優れた性能と想像を超えるパフォーマンスを発揮します。

​10. 現在市販されるコンシューマー向けデスクトップで、最高性能を誇るデスクトップ・プロセッサー「Threadripper」

UltraHDビデオ編集、ゲーム、ストリーミング、録画そして3DレンダリングにCADまで、最大16コア/32スレッドのThreadripperに不可能なタスクはほぼありません。 しかも、ユーザーはすべてを同時に実行できます。 ストリーミングとシステム録画を実行しながら同時にゲーム体験を堪能、デュアルシステムのセットアップが必要ないThreadripperはパワーユーザーの未来志向型ビルドです。

要するに、Threadripperは従来のコンシューマー・デスクトップにはなかった能力を備える現状最強のプロセッサーです8。 ユーザーは、これまでワークステーション・デスクトップで使われてきたパワーを活用できます。

Threadripperにより、消費者には創造性、スケーラビリティ、自由が、そしてシステムには驚異的な性能がもたらされます。 Threadripperを提供して、創造的な可能性を実現させてください。

解説画像​をダウンロード

脚注
  1. 2017年3月30日にAMDパフォーマンスラボで以下のシステムを使用してテストを実施しました。 PCメーカーの構成によって、結果が異なる可能性があります。 AMD Ryzen™ 7 1800X:Gigabyte GA-AX370-Gaming5、Ryzen™ 7 1800Xプロセッサー、NVIDIA GTX 1080 8GBグラフィックス・アダプター、16GB(2 x 8GB)DDR4-2933 RAM、Windows 10 RS2オペレーティングシステム、グラフィックス・ドライバー378.92 :: 03/30/2017。 PCメーカーの構成によって、結果が異なる可能性があります。 性能は、ドライバーのバージョンにより異なる可能性があります。 Total War: Warhammer(解像度1080p、Highプリセット)では、Ryzen 7 1800Xはアップデートパッチ前に平均133 FPS、3月27日の「Bretonnia」アップデートパッチ後に147 FPSを達成した結果、性能が最大10%向上しました(147/133 = 110%)。 Ashes of the Singularity(解像度1080p、Highプリセット、通常のバッチベンチマークを使用)では、Ryzen 7 1800Xはアップデートパッチ前に平均69 FPS、v2.11アップデートパッチ後に92 FPSを達成した結果、性能が最大33%向上しました(92/69 = 133%)。 DOTA2(解像度1080p、トーナメント最適化の品質設定)では、Ryzen 7 1800Xはアップデートパッチ前に最小79 FPS、3月20日のアップデートパッチ後に最小91 FPSを達成した結果、性能が最大15%向上しました(91/79 = 115%)。 RZN-52
    2017年6月6日にAMDパフォーマンスラボで以下のシステムを使用してテストを実施しました。 PCメーカーの構成によって、結果が異なる可能性があります。 使用しているドライバーのバージョンによって結果が異なる場合があります。 システム構成:AMD Ryzen™ 7 1800Xプロセッサー、2x8GB DDR4-3200(14-14-14-36)、GeForce GTX 1080(382.33ドライバー)、Asus Crosshair VI(BIOS 9943)、Windows® 10 x64 Build 1607、解像度1920x1080。 ::2017:06:06. Rise of the Tomb Raider(解像度1080p、Mediumプリセット)では、Ryzen 7 1800Xはアップデートパッチ前に平均123.4 FPS、v770.1アップデートパッチ後に160.2 FPSを達成した結果、性能が最大30%向上しました(160.2/123.4 = 130%)。 RZN-65
  2. AMDのプロセッサーをオーバークロック(これには、クロック周波数/乗算器またはメモリーのタイミング/電圧の変更が含まれますが、これらに限定されるものではありません)してストック仕様を超えて動作させた場合、AMDハードウェアおよび/またはソフトウェアによりオーバークロックが可能な場合でも、該当するAMD製品の保証は無効となります。また、システム製造メーカーまたは販売店が提供する保証が無効になる可能性があります。ユーザーはAMDプロセッサーのオーバークロックから生じる可能性のあるすべてのリスクおよび責任を負うものとします。これには、ハードウェアの故障または損傷、システム性能の低下および/またはデータ損失、破損または脆弱性が含まれますが、これらに限定されるものではありません。GD-106
  3. AMDのプレミアム・プロセッサー冷却機能は、周囲温度と熱ソリューションを組み合わせて、CPUのシステム・ワークロード処理中のプロセッサー温度を60℃未満に抑えます。 GD-118
  4. AMD Ryzen 7プロセッサー(希望小売価格800米ドル未満)は、最大16.5MBのキャッシュメモリーを持つIntel Core i7プロセッサー(2017年1月27日時点、Newegg.comで800米ドル未満)を上回るキャッシュメモリーを搭載しています。AMD Ryzen 5プロセッサー(希望小売価格300米ドル未満)は、最大7MBのキャッシュメモリーを持つIntel Core i5プロセッサー(2017年1月27日時点、Newegg.comで300米ドル未満)を上回るキャッシュメモリーを搭載しています。AMD Ryzen 3プロセッサー(希望小売価格200米ドル未満)は、最大4.5MBのキャッシュメモリーを持つIntel Core i3プロセッサー(2017年1月27日時点、Newegg.comで200米ドル未満)を上回るキャッシュメモリーを搭載しています。 RZN-2
  5. AMDパフォーマンスラボでテストを実施しました。 PCメーカーの構成によって、結果が異なる可能性があります。 Socket AM4:Ryzen™ 7 1800Xプロセッサー、(@3.5GHz)、NVIDIA TITAN X(Pascal)12GBグラフィックス・アダプター、16GB(2 x 8GB)DDR4-2400 RAM、Windows 10 RS2オペレーティングシステム、グラフィックス・ドライバー21.21.13.7633 :: 12/11/2016。 Socket 2011:STRIX X99 Gaming、Core i7-6900Kプロセッサー、(@3.5GHz)、NVIDIA TITAN X(Pascal)12GBグラフィックス・アダプター、16GB(2 x 8GB)DDR4-2400 RAM、Windows 10 Rs2オペレーティングシステム、グラフィックス・ドライバー21.21.13.7633 :: 12/11/2016。 Socket 1151:Z270 SLI、Core i7-7700Kプロセッサー、(@3.5GHz)、NVIDIA GeForce GTX 1070 8GBグラフィックス・アダプター、16GB(2 x 8GB)DDR4-2400 RAM、Windows 10。シングルスレッドIPCを表すためにCinebench R15 1Tを使用しています。Ryzen 7 1700とIntel Core i7-7700Kの両方(3.5GHzにロックされたクロック速度で実行)でテストを実施しました。 Ryzen 7 1700プロセッサーは、Cinebench R15シングルスレッドのテストでスコア142を達成しました。 Core i7-6900Kプロセッサーは、Cinebench R15シングルスレッドのテストでスコア152を達成しました。 Core i7-7700Kプロセッサーは、Cinebench R15シングルスレッドのテストでスコア146を達成しました。 RZN-12
  6. 2016年12月11日にAMDパフォーマンスラボで以下のシステムを使用してテストを実施しました。 PCメーカーの構成によって、結果が異なる可能性があります。 AMD Ryzen™ 7 1800X:Myrtle AM4、Ryzen™ 7 1800Xプロセッサー、NVIDIA TITAN X(Pascal)12GBグラフィックス・アダプター、16GB(2 x 8GB)DDR4-2400 RAM、Windows 10 RS2オペレーティングシステム、グラフィックス・ドライバー21.21.13.7633 :: 12/11/2016。 Socket AM4:Ryzen™ 7 1700プロセッサー、NVIDIA GTX 1070 6 GBグラフィックス・アダプター、16GB(2 x 8GB)DDR4-2400 RAM、Windows 10 RS2オペレーティングシステム、グラフィックス・ドライバー21.21.13.7633 :: 12/11/2016。 Socket AM4:Ryzen™ 7 1700Xプロセッサー、NVIDIA GTX 1080 6 GBグラフィックス・アダプター、16GB(2 x 8GB)DDR4-2400 RAM、Windows 10 RS2オペレーティングシステム、グラフィックス・ドライバー21.21.13.7633 :: 12/11/2016。 システム構成:Socket AM4:Ryzen™ 5 1600Xプロセッサー(6c12t)、Fatal1ty AB350 Gaming K4、NVIDIA GeForce GTX 1080グラフィックス・アダプター、16GB(2 x 8GB)DDR4-2933 RAM、Samsung 850 PRO 512GB SSD、Windows 10 RS2オペレーティングシステム、グラフィックス・ドライバー21.21.13.7878。 Socket AM4:Ryzen™ 5 1600Xプロセッサー(6c12t)、Ryzen™ 5 1600プロセッサー(6c12t)、Ryzen™ 5 1500Xプロセッサー(4c8t)、Ryzen™ 5 1400プロセッサー(4c8t)、Fatal1ty AB350 Gaming K4、NVIDIA GeForce GTX 1080グラフィックス・アダプター、16GB(2 x 8GB)DDR4-2933 RAM、Samsung 850 PRO 512GB SSD、Windows 10 RS2オペレーティングシステム、グラフィックス・ドライバー21.21.13.7878 :: 5/1/2017。 Socket 1151:Core i5-7600Kプロセッサー(4c4t)、Core i5-7600プロセッサー(4c4t)、Core i5-7500プロセッサー(4c4t)、Core i5-7400プロセッサー(4c4t)、B250 Gaming M3、NVIDIA GeForce GTX 1080グラフィックス・アダプター、16GB(2 x 8GB)DDR4-2400 RAM、Samsung 850 PRO 512GB SSD、Windows 10 RS2オペレーティングシステム、グラフィックス・ドライバー21.21.13.7878 :: 5/1/2017。 Socket 2011:Core-i7 6850Kプロセッサー(6c12t)、STRIX X99 Gaming、NVIDIA GTX 1080 6GBグラフィックス・アダプター、16GB(2 x 8GB)DDR4-2400 RAM、Samsung 850 PRO 512GB SSD、Windows 10 RS2オペレーティングシステム、グラフィックス・ドライバー378.78。 :: 12/11/2016. Core i7-6800K:Extreme:STRIX X99 Gaming、Core i7-6800K Extremeプロセッサー、NVIDIA GTX 1080 6GBグラフィックス・アダプター、16GB(2 x 8GB)DDR4-2400 RAM、Windows 10 RS2オペレーティングシステム、グラフィックス・ドライバー21.21.13.7633 :: 12/11/2016。 Socket 1151:Z270 SLI、Core i7-7700Kプロセッサー、NVIDIA GeForce GTX 1070 8GBグラフィックス・アダプター、16GB(2 x 8GB)DDR4-2400 RAM、Windows 10 RS2オペレーティングシステム、グラフィックス・ドライバー21.21.13.7633 :: 12/11/2016。 以下のプロセッサーのCinebench ntベンチマークスコア:Core i7-6850K:1158、Ryzen 7 1800X:1601.4、Core i7-6850Kよりも最大38%高速(1601.4/1158 = 138%)。 Core i7-6800K: 1108.2、Ryzen 7 1700X: 1536.6、Core i7-6800Kよりも最大38%高速(1536.6/1108.2 = 139%)。 Core i7-7700K: 966.7、Ryzen 7 1700: 1410.6、Core i7-7700Kよりも最大46%高速(1240/705 = 146%)。  Core i5-7600K: 705.4、Ryzen 5 1600X: 1240.4、Core i5-7600Kよりも最大75%高速(1240/705 = 175%)。 Core i5-7600: 651.8、Ryzen 5 1600: 1144.1、Core i5-7600よりも最大75%高速(1144.1/651.8 = 175%)。 Core i5-7500: 601.2、Ryzen 5 1500X: 811.3、Core i5-7500よりも最大35%高速(811.3/601.2 = 135%)。 Core i5-7400: 550.8、Ryzen 5 1400: 701.3、Core i5-7400よりも最大27%高速(811.3/601.2 = 127%)。 RZN-54
  7. 価格:Core i5-7600K(4c/4t、2017年8月23日現在、Newegg.comで239.99米ドル)およびRyzen 5 1600X(6c/12t、2017年8月23日現在、239.99米ドル)。
  8. 2017年7月22日にAMDパフォーマンスラボで以下のシステムを使用してテストを実施しました。 PCメーカーの構成によって、結果が異なる可能性があります。 使用しているドライバーのバージョンによって結果が異なる場合があります。 システム構成:AMD Ryzen Threadripper 1950X & 1920Xプロセッサー搭載のASUS ROG X399 Zenith Extremeマザーボード、Intel Core i9-7900Xプロセッサー搭載のX299 AORUS Gaming9マザーボード。 すべてのシステムが32GB (4 x 8GB) DDR4-3200 RAM、Samsung 850 PRO 512GB SSD、Windows 10 RS2オペレーティングシステム、Geforce TX 1080 Tiグラフィックス・アダプター、グラフィックス・ドライバー384.76を備えています :: 7/22/2017。 Cinebench R15 nTをマルチスレッドCPU性能のシミュレーションに使用しています。AMD Ryzen™ Threadripper 1950Xのスコアは3042、Intel Core i9-7900X Extreme(Intelのコンシューマー向け最速デスクトップ・プロセッサー)のスコアは2212です。ベンチマークスコアの比較において、AMD Ryzen Threadripper 1950Xは3042/2212 = 1.38×または38%上回っています。AMD Ryzen™ Threadripper 1950Xのスコアは2451です。ベンチマークスコアの比較において、AMD Ryzen Threadripper 1920Xは2451/2212 = 1.11×または11%上回っています。
    Cinebench R15 1TをシングルスレッドCPU性能のシミュレーションに使用しています。AMD Ryzen™  Threadripper 1950Xのスコアは167、Intel Core i9-7900X Extreme(Intelのコンシューマー向け最速デスクトップ・プロセッサー)のスコアは197です。ベンチマークスコアの比較において、AMD Ryzen Threadripper 1950Xは167/197 = 0.85×または15%下回っています。AMD Ryzen™ Threadripper 1950Xのスコアは167です。ベンチマークスコアの比較において、AMD Ryzen Threadripper 1920Xは167/197 = 0.85×または15%下回っています。AMD Ryzen™ Threadripper 1950Xのスコアは3042、AMD Ryzen 7 1800X(AMDのThreadripperの前世代最速コンシューマー向けデスクトップ・プロセッサー)のスコアは1601です。ベンチマークスコアの比較において、AMD Ryzen Threadripper 1950Xは3042/1601 = 1.90×または90%上回っています。RZN-46

権利の帰属

© Copyright Games Workshop Limited 2015. Warhammer、Warhammerロゴ、GW、Games Workshop、The Game of Fantasy Battles、双尾の彗星のロゴ、関連するすべてのロゴ、イラスト、画像、名称、クリーチャー、種族、乗り物、場所、武器、キャラクターおよび類似アイテムはGames Workshop Limitedの登録商標または商標、および/または著作物であり、世界各国でそれぞれ登録されており、ライセンスに基づいて使用されます。 Creative Assemblyにより開発され、SEGAにより発行されました。Creative Assembly、Creative Assemblyロゴ、Total WarおよびTotal WarロゴはCreative Assembly Limitedの登録商標または商標です。 SEGAおよびSEGAロゴはSEGA Holdings Co., Ltd.またはその関連会社の登録商標または商標です。 All rights reserved. SEGAは米国特許商標庁に登録されています。 その他の商標、ロゴおよび著作権は各所有者に帰属します。

Ashes of the Singularityの画像およびロゴはOxide Gamesの著作物です(2015年)。 Ashes of the SingularityはStardock Entertainmentの商標です。  All rights reserved.

Tomb Raider ©2015 SQUARE ENIX, Ltd. SQUARE ENIXおよびSQUARE ENIXのロゴはSquare Enix Holdings Co., Ltd.の登録商標または商標です。 Lara Croft、Tomb Raider、Crystal Dynamics、Crystal Dynamics ロゴ、EidosおよびEidosロゴはSQUARE ENIX, Ltd.の商標です。 その他の商標は各所有者に帰属します。 All rights reserved.

Dota 2の画像およびロゴはValve Corporationの著作物です(2015年)。All rights reserved. Valve、ValveロゴおよびDota 2ロゴはValve Corporationの商標および/または登録商標です。

© 2017 Bungie, Inc. All rights reserved. Destiny、Destinyロゴ、BungieおよびBungieロゴはBungie, Inc.の商標の1つです。