AMD Radeon VII GPU

世界初の7nmゲーム体験GPU

Threadripper 2 CES 2019 Innovation Award Honoree

ヘビーメタ級の演算能力

世界初の32コア・プロセッサー&世界で最もパワフルなデスクトップ・プロセッサー3,4

AMD A-Series Windows laptops

AMDプロセッサー搭載の教育向けChromebook™

学校用に設計、学習用に制作。

AMD + HPE + Notre Dame case study

ノートルダム大学

ノートルダム大学のCRC(Center for Research Computing)はAMD EPYC™プロセッサーを活用して、HPCの密度を高め、より高速に結果を取得しています。

Ryzen Embedded R-Series

AMD Ryzen™組み込み型R1000シリーズのご紹介

新クラスの性能

AMD Ryzen Pro Mobile laptops and die

すぐにでも仕事に取り組める優秀なプロセッサー

最大25%高い生産性、1 最大50%長いバッテリー寿命、2 完全なメモリー暗号化を備えた新しいAMD Ryzen™ 7 PROプロセッサーは、強力な保護機能と作業能力および優れた携帯性を備えています。

Resident Evil 2 key art

Resident Evil® 2を今すぐAMDでプレイ

AMDのハードウェアでラクーンシティで発生したウイルスの蔓延から生き延びよう

AMDクラウド最適化データセンターGPUで

どこでも楽しめる優れたゲーム体験を

脚注
  1. 2019年1月10日にAMDパフォーマンスラボでテストを実施しました。 「PCの生産性」は、PCMark® 10 Extendedの生産性テスト・グループにより評価しています。 数値が大きいほど良好で、これは一般的にシステムが高速であることを示すものです。 性能は、Ryzen 7 PRO [前世代](100%)対 Ryzen 7「Picasso」(%高速)の順で表示しています。 Ryzen 7 PRO 2700U 対 Ryzen™ 7 3700U:5079.3 対 6355.8(25%高速)Ryzen 5 PRO 2500U 対 Ryzen™ 5 3500U:4938.8 対 6201.0(26%高速)Ryzen 3 PRO 2300U 対 Ryzen 3 3300U:5015.5 対 6189.5(23%高速)AMD Ryzen™テスト・システム:AMDリファレンス・マザーボード、Ryzen™ 7 3700U/Ryzen™ 5 3500U、2x4GB DDR4-2400、Radeon™ Vegaグラフィックス(ドライバー25.20.14102.16)、Samsung 850 Pro SSD、Windows® 10 Pro x64(ビルド17763)。 AMD前世代テスト・システム:HP EliteBook 735 G5、Ryzen 7 PRO 2700U、2x4GB DDR4-2400、Samsung 850 EVO SSD、AMD Radeon Vega 10(ドライバー23.20.841.1792)、Windows 10 ビルド17134.191。 AMD前世代テスト・システム:Dell Latitude 5495、Ryzen 5 PRO 2500U、2x4GB DDR4-2400、Samsung 850 EVO SSD、AMD Radeon Vega 8(ドライバー23.20.815.4352)、Windows 10 ビルド17134.112。 AMD前世代テスト・システム:Dell Latitude 5495、Ryzen 3 PRO 2300U、2x4GB DDR4-2400、Samsung 850 EVO SSD、AMD Radeon Vega 6(ドライバー23.20.815.4352)、Windows 10 ビルド17134.112. PCMarkは、Futuremark Corporationの登録商標です。 すべてのスコアは、同じ設定で実施したテスト3回の平均値です。   構成やドライバーによって、異なる結果が生じる場合があります。 PP-6
  2. 2018年12月4日にAMDパフォーマンスラボでテストを実施しました。 「バッテリー寿命」は、バッテリーの消耗によりシステムが自動的にシャットダウンするまでの連続使用時間として定義されます。 動画再生はMicrosoft WER方法論に従ってテストし、「一般的使用」はMobileMark 14によりテストしています。 結果は、第1世代AMD Ryzen™ 7 2700Uモバイル・プロセッサー(100%)、第2世代AMD Ryzen™ 7 3700Uモバイル・プロセッサーの順に分単位で表示しています。 一般的使用:Ryzen™ 7 2700U:8.1時間 対 Ryzen™ 7 3700U:12.3時間(51%長い)。 Ryzen™ 7 2700Uテスト・システム:Lenovo IdeaPad 530s、Ryzen™ 7 2700U、2x4GB DDR4-2400、Radeon™ Vega10グラフィックス(ドライバー23.20.768.0)、1920x1080 AUO 403D 13.9”パネル、512GB Toshiba KBG30ZMT512G SSD、45Whrバッテリー、150 nitsの明るさ、Windows® 10 x64 RS4。 Ryzen™ 7 3700Uテスト・システム:AMDリファレンス・マザーボード、AMD Ryzen™ 7 3700U、2x4GB DDR4-2400、Radeon™ Vega10グラフィックス(ドライバー23.20.768.0)、AUO B140HAN05.4 14”パネル、256GB WD Black WD256G1XOC SSD、50Whrバッテリー、150 nitsの明るさ、Windows® 10 x64 RS5。 ドライバーや構成によって、異なる結果が生じる場合があります。 RVM-164
  3. Ryzen Threadripper 2990WXのリリース以前は、最も多いコアを搭載したデスクトップ・プロセッサーはIntel Core i9-7980XEで、これは18コアを搭載していました。 32コアを搭載したRyzen Threadripper 2990WXが発表されたことで、デスクトップ・プロセッサーに搭載されている最大コア数は現在32コアとなります。 RP2-2
  4. 2018年6月26日にAMDパフォーマンスラボで以下のシステムを使用してテストを実施しました。 PCメーカーの構成によって、異なる結果が生じる場合があります。 使用しているドライバーバージョンによって、結果が異なる場合があります。 テスト構成:AMD「Whitehaven」X399 Socket sTR4マザーボード、AMD Ryzen™ Threadripper 2990WX、Gigabyte X299 AORUS Gasming9、Core i9-7980XE。両方のシステムに、GeForce GTX 1080(ドライバー24.21.13.9793)、4x8GB DDR4-3200、Windows 10 x64 Pro(RS3)、Samsung 850 Pro SSDを搭載しています。「能力」は、Cinebench R15プロセッサー・ベンチマークで表される計算処理能力として定義されます。ベンチマークにおいて、Core i9-7980XEが平均で3335.2ポイントを達成したのに対し、Ryzen Threadripper 2990WXは平均で5099.3を達成しました。つまり、Ryzen Threadripper 2990WXはIntel Core i9-7980XEよりも(5099.3/3335.2=153%)53%高速の性能を達成したことになります。RP2-1